« NHK朝の連続ドラマ | トップページ | ニッポン »

デザイン盗用

KDDIのau design project端末「PENCK」のキーに使われているフォントが、あたかもデザインを担当したサイトウマコト氏がデザインしたもののような扱いを受けていたことに対して、実際に使用されたフォントをデザインした足立裕司氏の指摘によりその使用を認めたとの記事。元々、足立裕司氏がデザインしたフォントは商用含めフリーとされていたらしいが著作権は放棄されたおらず、それをあたかも”私がデザインしました”というような著作権に関わるような言動にたいして抗議したらしい。で、そのことに対してauが足立裕司氏に謝罪したという経緯がニュースになっている。で、auの謝罪はともかく、なんでデザイン担当のサイトウ氏は謝罪しないの?確かにauとして、細かいチェックをしなかった非はある。が、しかし、有名デザイナーが特に説明もなく、”これですよ”って持ってみせられたら、担当者としては”それって、著作権大丈夫ですか?”なんて指摘はしにくいだろうな。むしろデザイナー自身から、”これって商用利用オッケーのフリーフォントなんだけど、使って問題無い?”って確認するのが筋だろう。それをしないとは、著作権で飯食ってる(ちょっと表現は不適切)職業のヒトとしては、配慮が足りなさすぎ。そんなヒトに限って、自分のデザインに似たものが出てくると烈火のごとく抗議するんだろう(と勝手に決めつける)。まあ、それはともかく、ここはデザイナーであるサイトウマコト氏から足立裕司氏にキッチリと謝罪をすべきでしょう。そんなサイトウ氏は、もういち早く謝罪してるのかな?それだったらサイトウ氏に申し訳ないんで先に謝っときます。「すみません」。
 
 そんな話題のauデザイン携帯ですが、今回話題になった「PENCK」の実物を見たけど、あまり欲しくない。確かに卵形の外観で、ぴかぴかのメッキで、インパクトがあるのは確かだけど、手に持つと見た目以上に大きく感じるし、使い勝手も悪そう。これではオレがキライな”デザインの為のデザイン”である(と、いばる)。一連のauがリリースするデザイン携帯は、ボーダフォンのよりはカッコいいのは確かだけど、どうにもデザイン先行で(あたりまえだけど)、ぱっと見はいいけど、実際はね・・・という印象であります。やっぱり、デザインはベーシックが一番。いろんなヒトに使われてきて、淘汰された結果生き残ったベーシックなデザインは、おもしろみは無いけれどやっぱり”使いやすい”し、イイモンです。Back to the Basic!

|

« NHK朝の連続ドラマ | トップページ | ニッポン »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/3486384

この記事へのトラックバック一覧です: デザイン盗用:

» PENCKのテンキーのフォント [G'z-Phone a GO GO]
先日このブログでもとりあげた、AUデザインプロジェクト第四弾「PENCK(ペンク)」ですが、auの説明では、テンキーに使われているフォントがデザイナ... [続きを読む]

受信: 2005/04/01 21:46

« NHK朝の連続ドラマ | トップページ | ニッポン »