« ニッポン | トップページ | デザイン盗用 その2 »

ライブドア証券が主幹として取り扱って名古屋証券取引所に上場した株が、値が付かない状況となり株主が騒いでいるとのニュース。このニュースを読んで思ったことは、まず「ライブドア傘下の証券会社がヘマをした」という意味合いが一つ。これは一連のライブドア叩きという裏のキモチがあるんでしょう、ということ。でもう一つは「株買ったヤツラは、会社の将来性や可能性を期待してたんじゃなくて、上場直後の額面を大幅に上まりがちな株価を期待した、金儲けねらい」であることがはっきりしたこと。ホリエモンについて「会社(ニッポン放送)を発展させる事が目的じゃなくて、株を売り抜けることが目的なんだろう」という非難があったが、今回”だまされた”と文句を言っている株主らも同じ非難をされるべき。ライブドア証券の当初の値付け評価が甘く、評価能力不足との指摘については、素直に聞く必要があるが、それを鵜呑みにして株買ったヤツラは文句を言う筋合いはなし。仮に業績が伸びなくて、株主に利益を還元できず、それに対して文句を言うのならばそれはわかる。でも、その文句は当の会社に向けられるべき。結局、なんだかんだ言われても、株ってのはもうけの手段としてしか扱われていない現在の市場経済であります(と偉そうな事を書く)。少し前のNHK特集(たぶん)で、海外の事例として「会社がつぶれようとどうしようと、株でもうけがでればそれでイイ」と考える証券会社(だったかな?)のヒトタチの事が放映されていた。その国の経済がどうなろうと、最終的に儲かればいい。みんなそんなこと考えているくせに「ホリエモンには買収先の会社に対する愛情がない」なんて言うような意味の事をしたり顔で話すヤツラは嘘つきだからキライだ。

|

« ニッポン | トップページ | デザイン盗用 その2 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/3494811

この記事へのトラックバック一覧です: :

« ニッポン | トップページ | デザイン盗用 その2 »