« 「ETC接触で事情聴取 周知体制に問題も」 | トップページ | ローマ法王 »

めざましどようび パンチ佐藤

楽天が地元仙台で打ちまくっての勝利。

開幕戦勝利以来の2勝目ですが、岩隈が投げないと勝てないのか、楽天。
仙台は大変な盛り上がりに見えるニュースでした。オレも去年末に仙台出張の時、地元の人と話をしたとき、楽天が仙台に来たことを喜んでいたんで、あの盛り上がりもわかる気がする。

まあ、オレとしてはヒイキの広島が巨人に勝ったことが嬉しい。決して優勝がねらえるようなチームではないことは理解しているが、若くてイイ選手を抱えているんだから上位チームを食いまくってシーズンを面白くして欲しいね。今年は一回くらい球場へ行こうと思ふ。

で、タイトルにある「めざましどようび」のスポーツコーナー。パンチ佐藤が朝からハイテンション。そのコーナーの中で、W杯予選の日本対バーレーン戦の事をやってた。中村俊輔選手のミスに対して三都主選手がガンガン文句言い、二人がもめそうになったところに中田英寿選手が割ってはいったという場面があった。ニュースでも「あれは必要な事」というスタンスの報道だったが、オレもそう思う。

お互いに気を遣う事も時には必要ですが、うじうじとココロの中で不満を持つよりも、はっきりと意見を言い合う事も大切な事です。

そのほかニュースを見ていると、日本航空は他の航空各社と比べて死亡事故発生率が高い、とのこと。昨今の事故やミスを見てると、そうかもしれない、とも思うけど、この死亡事故発生率を押し上げてるのはやっぱ御巣鷹山ジャンボ事故だろう。(最終事故発生年は1985年) とは言っても、事故につながらない小さなミスが積み重なった結果、大事故が起こるって言う事をエライ学者センセイも指摘していること。気をつけてくれ日本航空殿。

|

« 「ETC接触で事情聴取 周知体制に問題も」 | トップページ | ローマ法王 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/3529429

この記事へのトラックバック一覧です: めざましどようび パンチ佐藤:

« 「ETC接触で事情聴取 周知体制に問題も」 | トップページ | ローマ法王 »