« ハマコー | トップページ | ご近所の底力 »

「華氏911」"それは自由が燃える温度"

f_911
マイケル・ムーア監督の「華氏911」を観る。ムーア監督の「ボウリング・フォー・コロンバイン」を観たときには、「自分の意見を正当化しすぎじゃないか」という印象で、ちょっと引いてみたオレでした。

アレは「ドキュメント」ではなく、あくまでも「映画」という監督作品だから、公平中立な内容でなく、監督自身の主張が全面的に出てもオーケー、という意見がある。確かにそうだろう。どんなに公平中立に作ろうと思っても、撮影したフィルムを切ったり貼ったり、観客に場面を印象づける音楽を付けたりする行為自身、監督の演出であり、そこには監督の考え・思いが無意識にでも入ってしまうのは仕方ない。だから、あれはアレでいいのかもしれない。

<写真は(C)WESTSIDE PRODUCTIONS,LLC 2004 東宝ビデオ「華氏911」より>

で、「華氏911」です。オレは元々イラク戦争には反対だったから、今回の映画はムーア監督が言いたいことに賛成で、興味深く観られたけど、それで逆に「ここに描かれたことが全てではないかもしれない。情報操作が入ってるのかもしれない」という気持ちを忘れないように見続けた。そんな風に考えても、やっぱりイラク戦争は間違っている。テロリストを逮捕することが目的で、なんで一般市民を殺さにゃならない?アルカイダを援助し匿ってるからってフセイン政権を倒すのはまあヨシとしても、もっと無血開城的な事は出来なかったのか?勝海舟や西郷隆盛のほうがよっぽど偉いぞ。


この映画で描かれるブッシュ大統領は、徹底的に「バカ面」な映像が選ばれている。「俺たちは、こんなバカ面な大統領を選んじまったのか?」とアメリカの国民に思わせることが目的のように。(しかし、この映画公開後の二期目の大統領選挙にもブッシュ氏は勝ってしまい、今も大統領のままである)

まあ、そんなバカ面な大統領ではあるけれど、昔の人が言ったように「勝利が目的ではなく、継続が目的」である戦争を立派にやり遂げている。これまでの解決する気など毛頭ないようなイラク政策をみていると、そうとしか思えない。イラク人政府が樹立して、今は新イラク憲法を制定している最中なんだろうけど、それで果たしてイラクは良くなるのか?誇り高きアラブの人々はそれで満足するのか?もっともそれで満足しないから、今も抵抗活動が続いてるんだろう。まずは軍の撤退だ。自衛隊も撤退せよ。一度イラク人に任せてみろ。彼らは彼らのやり方で、国を作ってゆくだろう。手出しをするな。その結果、アメリカ人からみて「とんでもない国」になったとしても、イラク人が気に入ってるならそれでイイじゃないか。アメリカ人の気に入らない、都合が悪いから「ぶっつぶす」ってのは、あまりに図に乗りすぎた行動だとしか思えない。おまれらそんなにエラいのか?

そんなアメリカ政府に皆さんだまされないように。アメリカ政府だけではなく、声高に愛国心を叫び、国民の怒りを他国へ向けさせるような人々にはだまされないように。今の世の中、インターネットや衛星TVなどから独自で世界中のいろんな情報を受け取れるわけだから、それらを自分で探して自分で考えて、自分で判断して行動しましょう。そういった手段を断ち、自分らの考えを他人に押しつけようとするようなヤツラこそ糾弾しましょう。

話の内容が「華氏911」から、現在の中国における反日運動にからむ話に移ってしまいましたが、現在のアメリカと中国は同じような事をやってると思うので、話がごちゃごちゃと混ざってしまったのかな?まっ、同じような事やってるわけですが、アメリカの方がこんな映画を作る監督を許容する懐の深さがあるだけ、まだ救われるだろうと思う。デモで練り歩いて暴れてる中国人民の皆さん、まずは自分の目の前にある情報をちょっとでも疑って、イロイロ考えて、それから行動しましょう。

最後に一つ。第二次大戦中、ナチの幹部だったヘルマン・ゲーリングというオッサンが言った言葉が、現在の世界情勢にぴったり来ると思うので、ココに記します。皆さん、この言葉を肝に銘じましょう。

(ゲーリングは)政治に無関心な一般の人々を好戦主義にさせる扇動の手法を如実に表した、下のような有名な言葉を残している。

「我々は攻撃されていると宣伝し、 愛国心に欠け国を危険に曝していると平和主義者を糾弾するだけでよい。」

ウィキペディア日本語版より引用>

|

« ハマコー | トップページ | ご近所の底力 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/3845049

この記事へのトラックバック一覧です: 「華氏911」"それは自由が燃える温度":

« ハマコー | トップページ | ご近所の底力 »