« 大魔神 | トップページ | 中村ノリ メジャー昇格 »

知のなんとか

あるブログをたまたま読む。そこの作者は自分は頭が良いという前提でいろいろと文章を書いている。が、ちっとも頭が良さそうに思えない。英語をカタカナ表記にしたときがどうとか書いているが、そんなもん英語の発音を日本語にできるわきゃないでしょ。それに日本人ってのは、英語発音をそのままより日本語発音にした方が理解しやすく”ウケる”みたいだから、ムリヤリにでも日本語発音風に読むんでしょう。そんなに日本語風発音がイヤならば、外国語はすべてその国の文字で書くべき。じゃないと、すべてウソ発音になるよ。

B・ウイルス主演の「Sixth Sense」について「シックス・センス」ではなくて「シックスス・センス」だろうとか。それって発音記号で見るとsixthはシックススだろうけど、実際の音を聞くとシックス(最後のスはsでなくてth)と聞こえるに違いない。身近にネイティブな英語スピーカーがいないから未確認だけど。レオナルド・ディカプリオ主演の映画「Aviator」について”題名が「アビエーター」では気持ち悪い。「エイビエーター」と書くべきだ”なんて書いているけど、「Aviator」の発音は日本語の「アビエーター」と「エイビエーター」のどちらの発音とも同じではないでしょ。

かの日本マクドナルドの社長だった藤田田氏が日本マクドナルドを立ち上げるとき、「MaCdonald's」のアメリカ流の発音である「マクダナルズ」(”ダ”にイントネーション)ではなく、「マクドナルド」にすると言い張ってアメリカ本社から反対に抵抗したというエピソードがある。藤田氏はマクダナルズじゃぁ、日本人には受け入れられないと判断したんでしょう。それって言うのは、日本市場に対する藤田氏のカンだったのかな?おかげで(?)今では日本マクドナルドは全国にたくさんの支店を持つ一大ファストフードチェーンになりました。まあ、社名だけが原因じゃぁないんだろうけどね。メニューとかイロイロとちょっとずつ日本流にアレンジしたんだろうね。その証拠に、モロにアメリカ風だったキングバーガーの全国展開は実現していない(?)。

閑話休題。

エイルプリール・フールのジョーク記事にしても、「ありそう」って話ではなく、いきなりPHSでメールを受信していたら混信して、原因を調べるとどうも近所にある政府機関の無線LANに入り込んでしまったらしく、そこにはアメリカと日本での重大なやりとりが書かれたメールがあった、という内容を書いているが、これを読んだ時にオレは「コイツはバカか、デンパが入ったモーソー野郎だ」と思った。ジョークにするんなら、その方面に知識がある人でも”もしかして事実かも知れない”と思わせるような内容にするか、もう完全にウソ丸出しで、”よくここまでもっともらしい嘘八百を並べたなぁ”と思わせる内容のいずれかが好ましいと思う。それが、これだ。書いた本人はとても洒落たジョークだと思ってたんだろうけど、周りの人はそう思わずに”カワイソーなヒトだ”と慰めたりしたんだろう。だから、翌日に「これはジョークです」なんて注釈を入れている。この人は「なんでこんなに洒落て面白いのに、誰も理解しないんだろう」なんて考えながらこの注釈を入れたんだろうな。まあいいか。

その他、ウンチク・エリアと称して、様々な出来事に対して感想を書いている。まあ、それだけなら良い。オレも同じようなことをやってるんだし。ヒトのことはいえない。しかし、問題はそのコメントそれぞれに、自己評価をつけている点。おいおい、大きなお世話だってんだよ。なんで自己評価なんてするんだ?わけわかんねー。

まあ、そんなこんなでイロイロと書いてきましたが、実際にやってることはオレと変わらないんですね。で、それなのになんでこの人に対してオレはこれほど怒ってるかと言えば、この人のサイトには「オレはエライんだから、オレの文書をおもしろがって読みなさい」ていうオーラがぐわんぐわんと感じられるから。あんたが「自分の文章は面白い!」って自画自賛するのは良いけれど、それを他人に押しつけないで欲しい。オレ自身も「この文章はなかなかシャレがきいててなかなか面白いゾ」なんてココロのなかで自画自賛したりするけど、実際に読む人々とって面白いかどうかは全く別もの。そこを忘れないようにしなければ、「オレの書くこと考えること話すことは正しい」という、純粋まっすぐクンになってしまう危険性大です。お気をつけて。

最後に、この人の英語発音に関する文章内のとある記述で、「アメラグの「ペイトリオッツ」は〜」と書いているが、「アメラグ」ってなんだ?それって、ジョージ・”スターウォーズ”・ルーカス監督が作った青春映画か?(それは「アメリカン・グラフィティ」だぜ。略して「アメグラ」 と自分につっこむ)それともまさか「アメリカン・ラグビー」の略ていうんじゃないだろうな?そんなスポーツあるのか?オレが知ってる「ペイトリオッツ」といえば、NFLのNewEngland Patoriotsだ。で、このPatoriotsは「アメラグ」のチームではなく、「アメリカン・フットボール」のプロチームだ。NFLってのは"National Football League”の略で、ここにもちゃんと"Football"と書いてあり、"Rugby"なんて文字はどこにもない!そのように本国でこのスポーツは単に「フットボール」と呼ばれている。(他国でフットボールといえばサッカーだけどね)それが「アメラグ」とは。フットボールファンのオレとしては、ここで一番怒ってしまいました。

その他もイロイロ書こうと思ったけど、疲れたのでやめた。ともかく、臆面もなく自分のサイトならびに著作その他に「知の〜」なんて名前をつけるようなヒトは信用できない。いじょう。

|

« 大魔神 | トップページ | 中村ノリ メジャー昇格 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/3650688

この記事へのトラックバック一覧です: 知のなんとか:

« 大魔神 | トップページ | 中村ノリ メジャー昇格 »