« ドナルド・マクドナルド | トップページ | 住宅街の地図 »

目標はS.Jobs

オレも仕事の関係でPowerPointでプレゼンしたりするんだけど、それに使うカッコイイ資料がなかなか作れない。

写真や図形や絵がいっぱい貼ってあるのは見た目はなんだかかっこいいんだけど、説明文書もいっぱいで、一生懸命読まないと理解できない。逆に一生懸命読めば、資料を配っただけで終わってしまうようなモノもある。

せっかくのプレゼンなんだから、軽妙なトークで聴衆を魅了したい。その補助としてのプレゼン用資料を作りたい。常々そう思っていた。しかし、簡潔な説明文に終始した資料を作っていると、「本当にこれでいいんだろうか?あまりにシンプルすぎて、インパクトがないんじゃないか?」とかいろいろと不安になってくる。

そんなオレが注目しているのは、毎年Mac World Expoの基調講演で見せつけられるapple社のプレゼンである。アレって、でかい文字と簡単な絵だけで表現しているけど、インパクトありそう。(実際に会場で見たことがないんで、確証はないけど)今年のMac World ExpoでS.Jobs氏がiPod shuffleを発表したとき、「発売日は・・・・、今日です」といいつつ、後ろのスクリーンに黒地に白く「TODAY」と表示されていた。かっこいいねぇ、センスありあり。会場のヒトビトは基調講演が終わったその足で、急いで会場近くのapple storeへ押し寄せて、shuffleが売れまくったとのこと。そうだろうな、インパクトありそうだもんな。たった一語「TODAY」だけで、どれだけの印象を観客にあたえたか。かっこいいねぇ。

で、そんなプレゼンがかっこいいなぁと思ってるオレの目にとまったのが、「高橋メソッド」というプレゼン方式が話題になってるらしい。これの基本コンセプトは「でかい文字で簡潔に」なのでした。デモサイトを見ると、確かにでかい文字で簡潔な説明がなされるだけ。PowerPointなど使わず、htmlと画像データだけで表現する。

小市民なオレとしては、いろいろと説明を書かなければ不安でしょうがないんだけど、やっぱプレゼン資料は最低限の情報とし、トーク技術と見せる演出でウケたいもんです。

|

« ドナルド・マクドナルド | トップページ | 住宅街の地図 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/3680667

この記事へのトラックバック一覧です: 目標はS.Jobs:

« ドナルド・マクドナルド | トップページ | 住宅街の地図 »