« 何が言いたいかわからない | トップページ | コンピュータの設定ミス »

鶴の間

出張先のホテルで初めて「鶴の間」っていう番組を観た。

笑福亭鶴瓶が漫才をするっていう趣向みたいなんだけど、相方は事前には知らされないらしい。

ということは、ネタ合わせなんてできないことが前提での漫才ってこと。

今回は、インパルスの堤下と一緒にやってたけど、ちゃんと面白かった。

あれはすべてアドリブなのか?

話をぐいぐい引っ張ってゆく話芸を持つ鶴瓶も凄いが、その自由奔放な話に的確につっこんでいった堤下も凄い。

番組のアイディアは、鶴瓶と桂ざこば(その当時はまだ桂朝丸か?)という落語家二人がお客さんからお題をいただいて即興で落語をやるっていう「らくごのご」からのイタダキだと思うけど、そんなのカンケーなしと思わされる凄さ。まあ、相方との相性もあったりして、すべてが今回のようなレベルだとは思わないけどね。

それにしてもイイもん見せてもらいました。どうもありがとう。

|

« 何が言いたいかわからない | トップページ | コンピュータの設定ミス »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/4075825

この記事へのトラックバック一覧です: 鶴の間:

« 何が言いたいかわからない | トップページ | コンピュータの設定ミス »