« プロ野球 | トップページ | 正しい日本語 »

マスコミ報道

何度も書いてるJR尼崎の脱線事故。事故に遭遇したJR西日本の運転手が上司の指示で救出活動をせず出社してたことに対する大ブーイングであるというマスコミ報道であるが、これってイカガナモノカ。

運転士2名は事故後すぐに上司に連絡し、それを受けた上司がそのまま出社せよとの指示を出したことは、事故直後のあの時点ではある意味正しい判断だと思う。

事故は周りに誰もいないような田舎で発生したワケではない、って事は、既に近所の人たちを中心に救助作業が開始されていた、と、その運転手らが出社しないことで運転予定であった電車が動かせなくなる、あるいは代わりの運転手を捜す時間がかかる、そうなるとクレーム続発で事態収拾が大変、だったら既に救助活動は始まってるし、じきに救急関係の救助も始まるだろうし、電話だけじゃあれだけの大事故であると判断出来なかったろうし(事実、初期の事故報道はそれほどの大事故だという認識がない様子であった)、といろいろなその時点での情報を総合しての最前の判断であったとも思える。

もちろん、すぐに救助行動をとるべきだとは思う。出社指示をだした上司と、それに素直に従った運転士については、非難される部分は確かにある。だから、この事に対してもっと追求すべきは「救助活動をしなかったのはおかしい」という点よりも「なぜ救助活動をしなかったのか」という事だ。それは会社のやり方が問題かもしれないし、現場で判断できなかった運転士の資質(っていうか人間性)の問題かもしれないし、そんな資質をはぐくんだ社会や教育の問題かもしれない。そこんトコをしっかり認識しよう。非難だけじゃダメ。

それから、静岡のヘリコプター墜落事故。もうちょっとでアパートを直撃するところだった危ない事故、って趣旨の報道が多いが、あれってパイロットのヒトが必死に川に不時着しようと頑張った結果、ぎりぎりアパート直撃を免れたって事は考えられないか?なぜそういった視点でも検討できないか?どうなんだ、どうなんだ。

|

« プロ野球 | トップページ | 正しい日本語 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

私の駄文にコメントありがとうございます。
マスコミに対し同じような不満が無いかと検索していましたら、ここが引っかかってきました。常々マスコミのレベルの低さにはあきれかえっているのですが、同じような思いを持っていらっしゃる方がいて、少し救われる思いでした。
ホリエモンに対するフジテレビの批判の際にも「マスコミの公共性」が問題になりましたが、フジテレビのどこに公共性があるのか小一時間問いつめたかったです。w

投稿: sasapy | 2005/05/06 15:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/3974855

この記事へのトラックバック一覧です: マスコミ報道:

» 半島を出よ sasapy [猫も歩けば]
JR事故問題のマスコミ姿勢 [続きを読む]

受信: 2005/05/06 12:00

« プロ野球 | トップページ | 正しい日本語 »