« 週刊誌 | トップページ | シスの逆襲 »

<尼崎脱線事故>当日夜、村田国家公安委員長が宴会

prof_photo
JR西日本の末端の一職員が事故当日に宴会を開いたということは、新聞その他で猛烈にたたかれたりしたけれど、オレとしては「もう少し気を遣った方がよかったかな。」とは思うものの、まあ許す。

しかし、この村田ってオッサンはどうだ。あんたは国家公安委員長兼防災担当相って立場の人だろう。それが状況をしりつつ宴会に出席するとはナニ考えてんだ。”防災”って人災を防ぐことはは含まれないのか?

公務後とはいえ、仮にも国の安全保障を司る部門のトップだろ。それがこのテイタラク。

村田事務所などによると、

「冒頭少しお邪魔してあいさつだけさせてもらった。JR関係者との宴席ではなく批判は当たらない」
と説明しているらしいが、止めろよ、事務所関係者。JR関係者とではなければ問題ないのか?認識間違ってないか?国民が被害を被った大問題発生の当日だぜ。せてめ、公務終了後まで居残って自ら情報収集しろとはいわないが、自宅待機するなりして新たな問題発生後にはすぐに官邸に駆けつけるような気持ちはないのか?

村田氏は

「私は下戸で酒を飲まない。出席の有無は議運委で調整中なので答えられない」
と新聞社のインタビューに答えれるらしいが、この答えも全く意味不明。下戸ならば宴会に出席しても問題ないのか?酒を飲む飲まないってのが、問題にされている本質ではないだろう。わかってんのか、村田サン。

まあ、こういうしどろもどろの意味不明なイイワケをいってるんだから、少なくとも本人は「しまったぁ、バレたかぁ」って思ってるんだろうな。

村田氏ホームページの「近況報告 5月5(木)」の

 最後に、尼崎の列車事故現場へ向かい、事故現場で小池大臣と共に花束を手向けた。公共交通機関にあってはならない大事故で、犠牲者のみなさまに心より弔意とお見舞いを申し上げたい。また、多数の警察官が事故現場で現場検証を行っていたが、凄惨な事故現場で不眠不休の救出作業に努力した警察、消防職員には感謝の気持ち一杯であった。
という文章が恥ずかしい。

それにしても人気商売はつらいね。

(ニュース参照:毎日新聞 文章、写真は(C)村田吉隆ホームページ)

|

« 週刊誌 | トップページ | シスの逆襲 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/4105755

この記事へのトラックバック一覧です: <尼崎脱線事故>当日夜、村田国家公安委員長が宴会:

« 週刊誌 | トップページ | シスの逆襲 »