« 雑感 | トップページ | 鶴の間 »

何が言いたいかわからない

最近物忘れが激しい、っていうか、昔なら一度聞いたら憶えてたようなことも、いざ思いだそうとなるとスッカリ忘れてて愕然となることがある。

これも年か。まあ仕方がない。歴史の年号にしろナニにしろ憶えるのは昔から嫌いだったし苦手だったからな。

まあそれは置いといて本題ですが、最近 いろんなところでいろんな主張がされていますが、
「それって、じゃあ ナニをどうしたらいいの?どうしてほしいの?どうしたら納得してくれるの?」
ってことが全くわからない。

まずはJR問題。JR脱線事項当日にあちこちで宴会開いてたとか、ボーリング大会してたとかいろいろといわれているけど、まああれはあれで「もうちょっとは気を遣えよ」とも思うけど、じゃあ”どうすりゃよかったのよ”というのがよくわからない。

話は変わるけど、ボーリング大会やゴルフコンペや宴会は「不謹慎」という判断がでたようだけど、じゃあ、マラソン大会ならいいのかな。老人施設などのパーティー参加は。ボランティア活動は。この「不謹慎」って基準も、いかにもっていう”良識”によるものだと思われる。この”良識”ってのもなかなか厄介なもんだなぁ。

閑話休題。

JR西日本の米子や広島のヒトタチが宴会したって文句を言われている。尼崎近辺の地元のヒトタチが糾弾されるのはまだわかるしそれは当然だろうけど、まあ外聞は悪かもしれないけれど、大阪から離れた地区のヒトビトは正直言って現場の感覚としてはあまり自分達の事としては感じられてなかったんだろうな。「今回の宴会を今急遽中止したら、宴会費はそのまま払わなきゃならないけど、それってちょっとねぇ。今更、オレ達がナニをやってもしょうがないし。」って感覚か。不謹慎だといわれるだろうが、これこそ本音なんだと思うよ。本当にそう考えてたかは不明ですか。

それから、事故直後の対応についていろいろと非難されてた。確かに乗客の命を預かっている事業者としては、何かあればそれ相応の対応をとるべきだけど、実際に事故が発生したらなかなか冷静には対応できないだろうな。一方、近所の鉄工所のヒトタチが操業を停止してまで救出活動をしたのはエライっていう報道もあった。確かにエライ。やっぱり阪神大震災を乗り越えた経験力だと思う。が、それに加えて、やっぱりこの事故が「他人が起こしたもの」だったから、冷静に対応できたんじゃないか、とも思う。それってあり?なし?どうでしょう。

話は変わって、日本の常任理事国入り問題ですが、韓国、中国が強硬に反対している。

曰く、「正しく歴史認識ができてない国は常任理事国になることはふさわしくない」

じゃあ、小泉総理が「あれは日本が全面的に悪かった。あんたらがいうように教科書内容も修正する。被害者保証もする。」って確約したら常任理事国になってもいいわけ?そんなことは絶対いわないって高く食ってる。

なんだか因縁つけられてるみたいなカンジ。まあ、こういった相手に対して明確に要求を突きつけず、何となくプレッシャーをかけて相手があわてていろいろとミスをするのを待って、それをネタにまたいろいろと要求を出す、ってのが「外交戦略」なのかもしれないから、これは正しいやり方なのかもしれないけど、オレとしては「もっとハッキリ言えよ。なにがしてほしいんだぁ!」と声を大にしていいたい。

最後に北朝鮮。この国に対して誰もが「ナニをするかわからない危険な国である」という認識を持ってて、このことから「北朝鮮の指導者は狂ってる」みたいな論調になってると思う。

果たして、北の指導者殿は本当に自分の地位を守るためだけにいろいろと迷惑行為を繰り広げている狂ったヒトなんでしょうか。オレはチガウと思うね。あのキムさんはそんなに馬鹿じゃない(たぶん)。

確かに北の上層部のヒトビトはショージキいって自分たちの今の地位を守りたいし、そのためには国民が困っててもまあしょうがないんじゃないか、と考えてるんだろう。でも、これって半世紀前の日本とあまり変わらないんじゃないか。それを連合国が非難して戦争状態になったりしたんだろう。まあ、人間ってのは、本音はこんなもんで、北はその状況が他国より程度がひどいってこと何でしょう。

で、今の北朝鮮の態度ってのは、たぶん「オレたちゃ狂ってるからヨ、あまり怒らせるとと痛い目にあうゼ。」って事をアピールしてるんだろうな。現時点の状況じゃそうでもしないとどこの国も相手にしてくれないだろうから。世界の国に相手してもらわないと国が維持できないし、かといって媚び売って仲間に入れてもらおうとすると、たぶん国民(や軍部)から総スカン食って、今の体制は崩壊するだろうし。

それを「あいつらはならず者国家だから、即座にやっつけろ」と叫ぶのはあまりに考えがなさ過ぎと思えてならない。そんなことしても問題解決にはならない。拉致被害者のご家族には申し訳ないけど、国同士の交渉の材料にされてるだけで、日本として本当に帰国が実現するような努力が払われているのかは何とも心許ない。この問題に関する政治家の動きは政治家の人気取り、あるいはその他の理由でのポーズでしかないんだろうな。悲しいことだけど。

いろいろと書いてきて、自分でもなんだか意味不明になってきた。思いつきで書き散らしてると、訳わからなくなってきてしまう。まとめて書くと、書く気がなくなるし。まあようするにいいたかったことは、「物事ハッキリしないことが多くてイヤになる。いいたいことはハッキリ言えよ」ということ。

人間は疑心暗鬼になると、もうどうしようもなくなってしまうことがある。それって結果、おおむね悪い結果になったりしてね。何事とも正直にゆきたいなぁ。でも、まあ無理か・・・。

|

« 雑感 | トップページ | 鶴の間 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/4074143

この記事へのトラックバック一覧です: 何が言いたいかわからない:

« 雑感 | トップページ | 鶴の間 »