« iPodの裏側 | トップページ | 今度はiPod miniそっくりな製品が登場、メモリで再生 »

PodCasting

昨日、appleからの宣伝メールが来て、iTunesの新バージョン(4.9)とiPodプログラムの更新があった事を知って、早速ファイルをダウンロードする。

iPodプログラムの方はオレの愛機「ガメラ」に反映させて無事3.1になったんだけど、iTunesの方はDLサイトにいっても現在のWindows版のバージョンは4.8しか無い。

本国へ行くと4.9っぽいのがあるんだけど(日本みたいにWindows版(4.8)っていう記述はないし、DLサイトのトップに<4.9>とでっかく書いてあるので間違いないでしょう)、日本サイトはない。

おそらくMacOS版では4.9なんだろうけど、Windows版は多国語化が遅れてるんだろうなぁ。

追記)
その後、Impress Internet Watchを覗いてみると、「Windows版のリリースは近日公開予定」としっかり書いてあった。

もっとも2ちゃんねるなんかを覗いてみると、日本のPodCasting市場は現状ではあまりコンテンツとして期待できないみたいだから、まあイイか。

しかし、このPodCasting、先日のWWDCの基調講演でS.ジョブスが自慢げに説明してたし、appleとしてもiTunes Music Storeの次にくるのはコイツだ的な位置づけで説明してたから、試してみたいことはみたい。

まあ、日本ではまだiTunes Music Storeのサービスも開始されてないから、仮にPodCastingが流行るとしてももう少し先かな?

それにしても日本でこれだけネットを利用したコンテンツ配布が進まない理由は何だろう(携帯電話除く)。

やっぱりソースの複製などについて、必要以上に配給元が神経質になってるんだろうな。

まあ、どれだけやっても複製するヤツはするんだから、防止することばかりに力を入れず、もっとユーザが利用しやすい環境を整えてあげれば、複製の被害以上の利益は得られるんじゃないかな。

苦労して不正コピーファイルをDLするよりも、ワンクリックで安くファイルがDLできるならば、ほとんどのヒトが簡単な方を利用するよ。

それでも不正コピーするヤツラは、どんな事してでも不正コピーをする。それは誰にも止められない。

ショージキな話、オレもWinMXなどのP2Pソフトで音楽ファイルをDLしたこともあるけれど、DLするまでが大変。たまにウソファイルをつかまされて、そいつにウィルスが仕込んであったりするし。そんなことするよりも、近所のTSUTAYAいって、CD借りてきた方が早い(当日返却だと一枚150円くらいだし。

安く、簡単に。吉野家みたいだけど、防止策に多大な費用をかけるよりも、こちらの環境を実現するためにお金を使おう、業界の方々。

|

« iPodの裏側 | トップページ | 今度はiPod miniそっくりな製品が登場、メモリで再生 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/4769188

この記事へのトラックバック一覧です: PodCasting:

« iPodの裏側 | トップページ | 今度はiPod miniそっくりな製品が登場、メモリで再生 »