« 若貴兄弟 その2 | トップページ | WWDC 2005 keynote by S.Jobs »

《マジックジョンソン氏が黒人の子供たちに贈った言葉》

いろんな場面で「決してあきらめるな」とか「最後まであきらめない」とか言われるけど、あまのじゃくなオレとしては、たとえばサッカーの試合で残り1分を切った段階の点差が5点あった場合、果たして選手は「あきらめずにプレーしてるか?」と聞かれれば「そりゃ、あきらめてるよ」と答える。

例が極端すぎるのは承知の上だけど、「最後まであきらめるな」と声を大にして言ってるヒトタチは、こういった場面を決して想像はしないまま、「アキラメルナー」の大合唱をしてるんじゃないか。

そこがちょっとね。どうしても反発してみたくなる。

もっとも、オレ自身も「最後まであきらめない」って考えは全面的に支持するけど、その状況に応じてイロイロと「あきらめない」工夫こそが大切なんじゃないかと思う。

またまたサッカーを例にとると、試合時間残りわずかで点差が1点ならば、「絶対、点をとって同点延長、あわよくば逆転」という発想でのプレーが必要だし、大差で負けてるときには、「ともかく一点」とか、「アイツとの一対一の勝負では負けない」とか、そういった”あきらめなさ”が必要だと思う。

どうにも、全てに対して一様に「アキラメルナー」っていう大合唱は、言われる方にしては一気に脱力してしまいそうなな場合も多々あるんで、その意味合いについては、各自よぉ〜っく考えてみよー(<欽ちゃん調で)

で、そんな「あきらめるな」という言葉で、ワカモノを勇気づけてるヒトに元NBAのスター選手であるマジック・ジョンソン氏がいる。

他ブログに掲載されてた氏の言葉の孫ヒキだけれども、なかなかいいので引用させて頂きます。

《マジックジョンソン氏が黒人の子供たちに贈った言葉》

「お前は無理だよ」という人の言うことは聞いてはいけない。
もし、自分で何かを成し遂げられなかったら
できなかったときに他人のせいにしないで
自分のせいにしなさい。
多くの人が僕にも「お前には無理だよ」と言った。
彼らは君には成功してほしくないんだ。
なぜなら、彼らは成功できなかったんだ。
途中であきらめてしまったから。
だから、君にもその夢をあきらめてほしいんだ。
不幸な人は、不幸な人を友達にしたいんだ。

決してあきらめてはだめだ!
自分の周りをエネルギーであふれ、
しっかりした考えを持っている人で固めなさい。
自分の周りを野心にあふれ
プラス思考の人で固めなさい。

君の人生を変えることができるのは君だけだ。
君の夢が何であれ、それに向っていくんだ。

素晴らしい。

何事も他人のせいにせず、自分の力を信じて進んで行け、って言葉は、オレも自分の子供達に素直に贈りたい。

|

« 若貴兄弟 その2 | トップページ | WWDC 2005 keynote by S.Jobs »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/4488669

この記事へのトラックバック一覧です: 《マジックジョンソン氏が黒人の子供たちに贈った言葉》:

» 黒人の子供たちへ マジックジョンソン [MLMのけいぞうです。]
MLMのけいぞうです。おはようございます。 私が所属しているMLM主催会社のセミナーで 教えて頂きました、マジックジョンソンのメッセージ をシェアいたします。 MLM活動でなかなか上手くいかなかったり、誹謗中傷を 受けたりしたときに読むと、気持ちが奮い立ちます! 自分の夢や目標を達成したいときに読むと、 パワーと勇気をもらえる深いメッセージです。 ------------------------------------------- 「おまえには無理だよ」という... [続きを読む]

受信: 2005/12/30 10:21

« 若貴兄弟 その2 | トップページ | WWDC 2005 keynote by S.Jobs »