« Palmの終焉? | トップページ | 《マジックジョンソン氏が黒人の子供たちに贈った言葉》 »

若貴兄弟 その2

亡くなった元大関貴ノ花の二子山親方の息子である二人がもめているニュースが頻繁に流されている。

で、これまであまり語ってこなかった貴乃花親方が、突然しゃべりまくり始めた。そのニュース映像を見てると、なんだか気持ち悪くなってきた。どうにもヘン。まだ元若乃花の花田勝氏のほうがまともに見える。

どーせ遺産の取り合いなんだろう、って世間は思ってるし、それが真相なんだろうけど、アーだコーだといろんな事を奥歯に物の挟まったような持って回った思わせぶりな話は、もうイイカゲンニセーヨとしか思えない。

フツー、こういう事って、相撲協会関係者とかタニマチ筋が間に入ったりして、丸く収めたりするんだろうけど、今回の騒動にはそれが無しか?

もっとも兄のほうは既に相撲協会を離脱しているし、弟の方は断髪式等でタニマチ筋に不義理を働き、総スカンをくらったっていうウワサがあるしで、結局だれも仲介する人がいないんだろうな。

まあ、オレにはカンケー無いけど、「遺産ヨコセヨー」って叫んだ方が楽になるよ、関係者の皆さん。

一番かわいそうなのは、貴乃花部屋の力士達。こんな師匠でちゃんと強くなれるのかな?

話は変わって、若貴兄弟がもめてるニュースが終わって、TVのチャンネルを替えると工藤静香が出てた。
まさに歌おうとしてる曲は、懐かしの「抱いてくれたらいいのに」

「おおっ、作曲は”あの”後藤次利なんだ」
なんて関心して観てるウチに歌が始まって、そしてイヤになった。
「オマエは何様のつもり!?」
っていう、いかにも
「私は上手いのよっ!」
っていう自意識過剰な歌い方。

確かにアナタは当代一の人気者「木村拓哉」の奥さんだし、子供二人も産んだし、(上手いんだか下手なんだか分からないが、子供が書く漫画みたいな)画を描いてナントカ展に入賞したりしてるかもしれないが、それと歌は関係ない。もっといえば、オレにはそんなことまったくカンケーないし興味がない。

歌がウマいかヘタか、タダそれだけだ。

工藤静香の歌は下手だ。それを無理に大御所風に歌おうとしてるのがカンにさわってイヤだった。

イヤなモノを二つも続けてみて、げっそりしたけど、明日があるさ、明日がある。

明日は楽しい金曜日。

以上おしまい。

|

« Palmの終焉? | トップページ | 《マジックジョンソン氏が黒人の子供たちに贈った言葉》 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/4488273

この記事へのトラックバック一覧です: 若貴兄弟 その2:

» 貴乃花の言動 [自分を見つめて。10年後の自分へ]
{/kaeru_fine/} またまた、若・貴の件で、ブログに記載する。 昨日、今日とワイドショーで貴乃花のインタビューが放映されていた。 以前、書いたブログでは、若・貴の確執の件で記載したが、 その時は、ここまで、話しが大きくなる事は無く、水面下でじわじわ 事が進んで行くんだろうな位しか思っていなかった。 しかし、貴乃花が、雑誌記者やマスコミに口を開いた事により、 どんどん話しが大きく�... [続きを読む]

受信: 2005/06/10 14:11

« Palmの終焉? | トップページ | 《マジックジョンソン氏が黒人の子供たちに贈った言葉》 »