« レッサーパンダ人気 | トップページ | 文房具事情2 »

文房具事情

昔から文房具類はキライではなくて、かつてシャープペンシルは銀座伊東屋オリジナルを好んで使ってたし、消しゴムもステドラーやロットリングのモノを使ってた。(両方とも、あまり消えなかったけど)

パームの入力用にパイロットのペントピアを買ったり、ステドラーの4in1ペンやロットリングのインプットペンも買ったりした(ロットリングは2回無くして、そのたび同じモノを買い換えたりした)。

しかし、ここ最近は特にこれといったモノを使ってたわけじゃなく、あえて言えばゼブラ社製のサラサ赤色水性ボールペンを好んで使ってた。

それが、この間、ImpressWatchを見て欲しくなって買った「モールスキン」の手帳がきっかけになって、イロイロと物色し始めた。んで、とりあえず、現在の所 何となく定番が決まってきたカンジがします。

メモ帳はロディアの11番。コレは完全にメモをとるだけなんですが、別途そいつにかぶせるカバーを買ったところ、その表紙の裏にあるポケットが大変便利で、新幹線のチケットを入れたり、出張中にいただいた名刺の一時保存場所にしたり(後で時間がある時にまとめてもらった日付を記入したあとモールスキンに放り込んで、帰社後に整理箱に入れる、といった手順が確立された)、もちろん何かあれば(特にTodoな事)、忘れないようにメモをする。そのための道具としては適切なサイズで、なおかつオサレなのがイイ。

で、次に会議などの記録を書くモノ。かつてはシステム手帳を使ってたけど、裏表に書く手帳形式だと、前の会議メモが裏にある部分には書きづらい、またページの途中から別の話題は書きづらいなどの不具合が感じられてたので、もっとガシガシかけるヤツで、前回に書いたメモを気にせず使えるモノを基準に選考。

そこで決めたのが、オフィスデポオリジナルのリーガルパッド。8インチ×5インチの少し小さめのサイズのヤツだけど、出張などに持ち運ぶには丁度いいサイズ。紙質などはロディアと比べると圧倒的に粗悪なんだけど、アメリカチックな作りがオレとしては好みであります。12冊で500円とお値段もお手頃だし。

で、そうなると今度はそれに記入する筆記用具をどうするかっていう問題にぶち当たる。コレまで通り、赤い水性ボールペンもいいんだけど(折角、ペーパーメイトの水性ボールペン買ったんだし)、この間の展示会でシスコのブースでアンケートを書いたときにもらった四色ボールペン(油性)を試しに使ってみたら、太い軸で太いペン先の字を書くのはなかなか気持ちいい事に気づく。

んで、それからは1mmまたは0.7mmのペン先に油性黒ボールペンを探し始める。

イロイロと探すんだけど、どうにも心に”グッ”と来るモノが無く、どうしたモノかなーなんて考えてるウチに、楽天ポイントが溜まったよーっていうメールが来たんで、気まぐれに楽天内のショップを検索してたら、「ラミー サファリ」っていうなかなかよさげなボールペンが見つかったモノだから、すかさず注文してしまいました。

結果、届いてみてその使い心地に満足するのかどうか。

まあ、それは別にしても、これからもしばらくは文房具探しの旅が続くでしょう。

|

« レッサーパンダ人気 | トップページ | 文房具事情2 »

「文房具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/5011245

この記事へのトラックバック一覧です: 文房具事情:

« レッサーパンダ人気 | トップページ | 文房具事情2 »