« TUNECLIP 2 | トップページ | 駒大苫小牧のこと 3 »

駒大苫小牧のこと 2

世の中で話題になっているいろいろなことがいろいろとニュースになっているけれど、そのニュースのキモはなんなのか、ってことがハッキリしない事が多い。いったいその事件・事故の問題点は何なのかってことがよく分からない。

マスコミは視聴者受けするポイントを中心に報道してしまうから、どうしても問題点が曖昧になるのは当たり前だろうな。

今回の駒大苫小牧の体罰(暴力)事件で、TV等でチカラを入れて(?)報道されているポイントは「なぐった回数は何回か?」みたいなこと。でも、こんな事って本質とは全く違ってるんじゃないか?殴った回数が少なければ、問題ないのか?

どうにもそんな点が曖昧でよく分からない。

今回の事件の問題点は、「何回殴ったか」ってことよりも、「なぜ殴ったか」とか、「殴る事がふつうの事という認識であったのか(で、それを黙認してた、だから外部への報告しなかった。あわよくばもみ消そう)」とか、「殴られた選手個人へのいぢめその他だったのか」とか、そういった部分じゃぁないでしょうか。

それなのに、殴られた選手の父親がTVに登場してきて「10発って事は絶対ない!」とか言ってるし、恣意的なインタビュービデオの編集もあったんだろうけど、どうにも問題の本質からずれた部分ばかり報道されている気がして、「どーでもいいじゃん」なんて気になってしまう。 

|

« TUNECLIP 2 | トップページ | 駒大苫小牧のこと 3 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/5642207

この記事へのトラックバック一覧です: 駒大苫小牧のこと 2:

» 駒大苫小牧、レトロアドベンチャーゲームをリバイバル発売 [bogusnews]
資料写真: イルカ・ベストセレクション(「サラダの国から来た娘」収録) →この商品をAmazonでチェック 北海道・駒大苫小牧高校野球部は、8ビットパソコン全盛期に人気を呼んだ名作アドベンチャーゲームをWindows向けに移植。リバイバル発売を開始する。制作部員への..... [続きを読む]

受信: 2005/08/26 09:12

« TUNECLIP 2 | トップページ | 駒大苫小牧のこと 3 »