« OpenOffice.org 2.0 を使ってみる | トップページ | バーチャルキス »

PalmとMicrosoftの意外な提携 その背景

Palmマシンの上で、Windowsが動くというニュース

おいおい、PalmってPalmOSが動いてるからPalmって言うんだろ?なんて疑問を持ちつつも記事を読んでると、ハードを製造してたかつてのPalmOne側が地道に交渉してきた結果、今回の発表になったらしい。
交渉中に分離されたハード部門とOS部門が合体してしまったが為に、訳がわからぬ状況になってしまったようだ。(このあたりの事情は記憶を元に書いており事実の確認をとってないので、事実と異なる場合があります)

今回の対象は現在のPalmの売れ筋であるSmartPhoneらしいので、日本のユーザには直接関係のない話ではないんだろうけど、まあ気になる話ではあります。その証拠に、この記事を伝えるImpressWatchでは、同じ文章が続けて掲載されていた(記事署名時間は2005/10/03 09:10)。担当者の慌てぶりが目に浮かぶ(本当か?)

ともかく、使い勝手の良さに定評があるPalmOSの神髄を、現時点のデファクトスタンダードのWindowsに取り込まれて、よりよいマシンになることを切に望みます。

|

« OpenOffice.org 2.0 を使ってみる | トップページ | バーチャルキス »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/6228880

この記事へのトラックバック一覧です: PalmとMicrosoftの意外な提携 その背景:

« OpenOffice.org 2.0 を使ってみる | トップページ | バーチャルキス »