« 新型ハイチュウ「デコポン」 | トップページ | ”和泉元彌”で大量ヒット »

ハッスル・マニア 2005

横浜アリーナで開催された「ハッスル・マニア 2005」はなかなかの盛況だったようだ。

2ちゃんでも比較的好評価だしな。

”ハッスルって、これまでの日本のプロレスっていうよりもアメプロや日本のプロレスでも地方公演の前座の試合って感じがする。

今の日本のプロレスって、K−1やPRIDEの”悪”影響で、あまりに”ガチ”志向が強くなりすぎてしまって、逆におもしろくない。プロレスはプロレスなんだから、そこら辺の呼吸がわからないとダメだ。

で、ハッスルですが、こちらは”ガチ”方向ではないプロレスの持つテイストをある意味、先鋭化させた結果生まれたものなんでしょう。もっともすでにアメリカでは同じようなやり方で人気を博した団体がいたわけですが、それを日本に持ってきた結果 成功したのは、やっぱり今のプロレス界や格闘技界の行き詰まり状況が原因ではないでしょうか。

K−1やPRIDEも、初期の頃はプロレスにはない”ガチ”さがおもしろかったけど、最近はそれにもだんだん飽きてきたし、ガチ過ぎて判定試合が多くなってきたり、(これはしょうがないんだけど)観客が期待するストーリーにならなかったりして、旬のレスラー同士の試合がなかなか組めなかったり、またそれを解消しようとか、”面白い試合を”とか考え始めると、どうにも”ヤオ”くさい試合が出てきたりで、だんだん人気も下降気味なんじゃないか。(ノゲイラも最近生彩を欠くし、ヒョードルは強いけど今はもうタダそれだけだし、ミルコのストーリーもこの間のヒョードル戦で一段落いた感があるしね。

だから、このハッスルの成功(試合的にもそのようだし、マスコミ的には大成功なんじゃないか。HGをいち早く取り込んだのはエライと思うよ)は、これからのプロレス界の主流になる方向性がはっきりと出た結果じゃぁないかな。

K−1じゃぁヘロヘロの曙もプロレスじゃぁ、それなりみたいだし、ボブ・サップもいつまでもK−1なんぞでボヤボヤしてるんじゃなくて、プロレスへ移った方があのキャラクターも生かせると思ってるのは、オレだけじゃぁないでしょう。

それにしても小川。少し影が薄いな。そろそろPRIDEなりに参戦して、気合いを入れて欲しい。んで、”やっぱり小川は強いんだ”というところをきっちり見せつけて、そんな小川がハッスルを本気でやれば、さらにハッスルがおもしろくなるよ、絶対。

よろしくお願いします。

|

« 新型ハイチュウ「デコポン」 | トップページ | ”和泉元彌”で大量ヒット »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/6885046

この記事へのトラックバック一覧です: ハッスル・マニア 2005:

« 新型ハイチュウ「デコポン」 | トップページ | ”和泉元彌”で大量ヒット »