« ヤフオクその後 4 | トップページ | ヤフオクその後 最終章(?) »

ヤフオクその後 5

噂のヤフオク騒動ですが、前回のメールに対する返信に関して、またいろいろと”これまでそんな事されたことがない”とか”不安”であるとか”怖い”とか書いてきて”次の(オレからの)返信でキャンセルするかどうか判断します”とまたまた結論を先延ばしにしてきた。

ヲイヲイ、「支払い金額や方法を質問しても全然回答してもらえない」という”これまでそんな事されたことがない”のはオレの方だし、先方がそんな対応では取引が”不安”で、もしかして詐欺かもと思うと”怖い”のもオレの方だ。

この出品者は自分が間違っているかも、という意識はないんだろうな。それと、平気で携帯番号を教えておきながら、その直後に”いろいろ調べられて怖い”と言う。そんなに怖いんなら、電話番号なんて教えられないと断ればいいじゃないか(その分、オレの信用度はガタ落ちだけどね。その前に電話番号を聞かれるように心配されるような対応を取らなければよかったのだ。)

いまのインターネットでは、メールひとつで、住所情報だけである程度の情報は特別な知識とテクニックがなくても調べることが出来る。オレとしては、的確な対応をしてもらえないので、不安をもち、さまざまなサイトで公開されている”ヤフオク詐欺を見抜くには”という情報をもとに、出品者の事を調べたというヤフオク自体も推奨している事をしただけという意識だったけど、この出品者は”個人情報を調べられて怖い”という感覚でしかなかったんだろう。

いまのインターネットオークションなどでは、こういった対応が横行してるんですかね。相手の立場になって、できるだけ相手の不安を取り除くような対応を取ろうという気持ちはないんだろうか。昼間はメールの読み書きが出来ないならば、「回答は夜(○○時以降頃)になります」と一言書けばいいことだし、まずは取引するにあたって自分がもし落札者だったと想定して知りたい情報をはっきりと示すべきである。そうしなければ、ヤフオク詐欺も頻発してるこの時勢では”これは詐欺かも”という不安が落札者の心をよぎるのは仕方がないのではないか。

出品者は「自分は詐欺なんてするわけないじゃないか」と思ってるかもしれないし、事実そうなのかもしれないが、それをきちんと落札者に対して態度で示すことが出品者のマナーであり義務だと思ってる。いまのヤフオクユーザの一部はそんな意識すらないのか?

オレは商品に入札してそれを落札したこと自体は、オレの責任の範囲で行ったことであると認識しているので、出品者が書いた商品説明に明確な誤りがない限りは落札は”自己責任”として認識し、クレームを言うつもりはない。事実オレはこれまでのこのiMac出品者に対して、商品が悪いとか安くしろとか言ったことはない。

唯一主張してるのは、”落札者が要求している情報をきちんと提示して欲しい”ということである。

なにも特別な事を要求しているのではない。「支払い総額」と「支払い方法」を、である。それを”明確に提示”して欲しい、といってるのである。

そんなごく基本的な情報もすぐに提示されないような対応では、”詐欺かも?”→”一応出品者について調べてみるか”→”住所地には会社名が表示されるぞ。なんだか怪しい気がするな”→”念のため電話番号を聞いておくか”→”携帯電話番号を教えられた。プリペイド携帯かも。登録地域をチェックしよう”→”電話番号の登録地域が出品者の住所とは違う?”となって、いろいろとこちらが調べたことを知らせて、それについて確認したくなるのは、当然の意識の流れであろう。(同じ事を何度も書いてるな、オレ)

今回の出品者のような意識しか持たないヒトがこんなサイトを見ることはないと思うけど、インターネットで様々なやりとりをするにあたって、意識しなければならない事を今回の経験を元にいろいろと書いてみた。(取引は、30日8:30時点ではまだキャンセルするしないの連絡がないため、継続中であると認識)

まあ、ここに書いたようなこちらの本音レベルの事を直接出品者に知らせると”脅されている”と取られるかもしれないので、こんなところで書いてウサをはらしているという部分はあります。だけど、本当に言いたいのは、「お互い不安なく取引しようよ」ということのみ。

|

« ヤフオクその後 4 | トップページ | ヤフオクその後 最終章(?) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/7391529

この記事へのトラックバック一覧です: ヤフオクその後 5:

« ヤフオクその後 4 | トップページ | ヤフオクその後 最終章(?) »