« いろんなところで | トップページ | お笑いブーム »

K−1GP 2005

セイム・シュルトってのが優勝したぜ。たしかにデカイし動きもいい。(同じくらいのデカさのチェ・ホンマンと比べてみてね。話は変わるけど、チェ・ホンマンはフジテレビのバラエティにたくさんでてたから、ボンヤスキーに勝つのかもな、とも思ってたけど、やっぱ判定負けでした)

武蔵は昔に比べると動きはよくなったんだけど、やっぱこれといった強さがないのが致命的。今回のKOも致命的。

今年のGPの結果を見ると、これまでのK−1シリーズと違ってシリーズの意図が見えない。ボンヤスキーの3連覇でもないし、チェ・ホンマンの台頭でもなし。かといって武蔵涙の初優勝でもなかった。

つーことは、今回はシナリオなしでやったらシュルトが勝っちまってどーしよー、という感じかな。まあ、武蔵とフェイトーザのKOは壮絶で、ひさびさ”あーあ”という試合が見れたんでヨシとしますか。

さて、話は変わってハッスルですが、HGの活躍ぶりを観た後に、天龍・安田組の試合と長州・藤原組の試合をそれぞれ観た。観たんですが、オレが思ってるプロレスとちと違う。長州・藤原組はさすがにそれなりにプロレスをやってたし、対戦相手の坂田亘もなかなかイイ。が、しかし、もう少しちゃんと技を出さないかと思うよ。天龍・安田組の試合なんて、テーブル出したり椅子出したりの「ロートルでちゃんと試合が出来ないじじいレスラーのやっつけ仕事」的な試合運びでがっかりした。技も今ひとつ。エルボーとチョップ程度。たまに思い出したように、ラリアットやブレーンバスターなんてやってるけど、ダメダメ。

やっぱりちゃんとしたプロレスの火はどこにもないのか。全日はどうだ?新日はどうだ?最近観てないからわからない。で、やっぱりノアだけはガチ?

|

« いろんなところで | トップページ | お笑いブーム »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/7208666

この記事へのトラックバック一覧です: K−1GP 2005:

« いろんなところで | トップページ | お笑いブーム »