« 横浜株:フジテレビグループがUSENへの売却を検討 | トップページ | ロッテ大勝のアジアシリーズ »

株はバブル?それから東証って大丈夫?

出張で利用した新幹線の車中。たまたま隣り合わせたオッサンが奥さんと会話してるのが聞こえてきた。

で、そのオッサンは株や投資をやってるらしく、席の前のテーブルには日経だの金融新聞だののそれっぽい新聞が山積みになってた。

んで、そのオッサンが語るに「コレだけ毎週々週刊誌に株の記事が載るって事は、今は株のバブルなんだよ。だから、今は素人がヘタに手を出すべきではない。」

ふうん、そうなんだ。オレは株をやらないけど、そういうモンなのかなぁ。

話は変わって、東証のシステムがダウンして、関係各位が減給するなんて言ってるニュースを読んだけど、それはそうとして、驚いたのが東証システムってバックアップシステムがなかったって事。

普通あれくらいのデカイシステムになると、必ずバックアップシステムとして待機系を準備するハズだ。

ミッションクリティカルなシステムで、業務中は決したダウンが許されないシステムならば、そういった準備は当然だろう。東証コケたら日本経済に大きな打撃を与える可能性があるんだから。

なのにコレだ。もっとも今回の障害はプログラムの修正ミスで同じプログラムが両システムで動いてるならば、同じ障害が発生して、システム二重化も意味ないかもね。でも、そんな時のために、旧システムはしばらく保存しておいて、新システムの不具合が判明したら、とりあえず旧システムでしのぐ とか準備してないのかな?今回不具合が出た修正は、取扱量が増えたことに対する対応だ、と言うことならば、旧システムでしのげばいいじゃぁないか、と思ったりしたんだけどね。そんなことしなくても大丈夫な作りのシステムなのかな?長い間システム部門から離れた今となっては、よくわからないけど、かっこ悪すぎだな、富士通殿。

で、今回の障害を受けて、その対策としてバックアップシステムを準備するって事を言ってるけど、今更そんなこと言ってる原因は、東証がケチだったのか、富士通がバカだったのか、どうなんでしょう。

コンピュータ業界の末席にいるものとしては、富士通がバックアップシステムの提案が出来ないほど、バカではないと信じてるので、これは東証がケチなだけだったんでしょう。そのケチさ加減が回り回って、単純なプログラムミスや仕様ミスが発見できないような脆弱な体制しか富士通はとれなかったんじゃないかな。

現場をプログラマーだけに任せちゃダメですよ。彼らはコーディングする能力はあるかも知れないけど、全体を見渡して、いろんな事を想定して、問題点を指摘するには、あまりに視野が狭くて専門的過ぎる。もっとシステムの利用目的や運用状況や基本構造を良く理解して、全体を見渡せる想像力豊かなプロデューサー的人材が必要でしょう。

でもそんな人なかなかいないんだよなぁ。ウチの会社でもプロジェクトリーダーっていうと、金勘定能力ばかりが優先的に要求されてるような気がするし。

で、ん?オレはどうかって?

ははは、そんなすごいことなんて出来ません。いちゃモン付けるのは得意だけどね。

いずこも同じ秋の夕暮れ。

|

« 横浜株:フジテレビグループがUSENへの売却を検討 | トップページ | ロッテ大勝のアジアシリーズ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/7034430

この記事へのトラックバック一覧です: 株はバブル?それから東証って大丈夫?:

« 横浜株:フジテレビグループがUSENへの売却を検討 | トップページ | ロッテ大勝のアジアシリーズ »