« 世界各地で「悪いサンタ」が大暴れ | トップページ | クリスマスです »

甲子園ボウルの中継をみたよ

夜中にしか放映しやがらないんで、ヴィデオにとって観戦した今年の甲子園ボウルであります。で、結果は既に知ってたんで、興味は自ずとどんなプレーをしたかってことに。

両チームともにショットガンからの攻撃。

法政はと言えば、ラインは基本的にスプリット。で、立命館のディフェンスは4−3からライン力に自信があるためかあまりLBがブリッツを仕掛けず、バックス陣はパス重視っぽい。だもんだから、ドローなんかが出てしまう。だもんで、後半はLBがブリッツかけたりして、ランがソコソコ止まるようになるが、逆にラインとバックスの間が開くもんだから、そこにスクリーンパスが通るようになった(ように見えた)この試合、立命館ディフェンスはキツいタックルで何度かファンブルを誘うほどの威力は見せつけたが、今ひとつ”破壊力”が感じられなかったね。つーことは、パスプロでも頑張ってた法政のオフェンスラインが強かったって事かな。

一方、立命館オフェンスは、前半は全然ダメ。法政のディフェンスに完全に押さえられていた。QBもエースではなかったって事もあるかも知れないけど(でも、この試合のQBは、関学戦で活躍したQBらしい)、それだけじゃぁないでしょう。法政ディフェンスは3−4からLBが盛んにブリッツかけて、立命館を追いつめる。それにも増して、ディフェンスラインがパスプロを破ってQBに迫る場面が何度も見られたんで、やっぱり法政のラインは強かったって事か。後半は盛り返してきた立命館だったけど、昨年までに見られた圧倒的なラインの破壊力って印象はやはりなし。決して弱くはないんだろうけど、法政には通用しなかった。

そのほか、他のブログ等で指摘があり、番組中にもレポーターの誰かが指摘してたとおり、風の影響か立命館のフィールドポジションが圧倒的に不利であったことが大きいんでしょう。その点、立命館は不運でありました。(風が立命館には不利な吹き方をしてたという指摘もアリ)まあ、オープンなフィールドで行う試合は、こういった自然現象の影響も”運”であり、”運も実力のうち”ですね。

|

« 世界各地で「悪いサンタ」が大暴れ | トップページ | クリスマスです »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/7777072

この記事へのトラックバック一覧です: 甲子園ボウルの中継をみたよ:

» 超ど素人による甲子園ボウル解説 [底辺の男が語るダイエットと資格の勉強について・・・]
2005年12月18日(日)・・・学生アメフトファンには衝撃的な事件が起きた。 第60回甲子園ボウル:「○法政17―14立命●」 そう、あの法政大学が甲子園ボウルで立命館大学に勝利したのだ。 「今年の法政は過去最強」という評価は確かにあったのだが、それをか..... [続きを読む]

受信: 2006/01/11 14:42

« 世界各地で「悪いサンタ」が大暴れ | トップページ | クリスマスです »