トップページ | 2005年3月27日 - 2005年4月2日 »

2005年3月20日 - 2005年3月26日

Vodafone 802SE

Vodafoneの3G携帯は、海外で設計されたモデルが投入されている。で、その中でSony Ericssonが製造しているモデルがある。はじめはそうでもなかったけど、ショップでモックを見て「なかなかカッコイイぜ」と思った。んで、なんでそんなことを思ったかということに今頃気がついたので、忘れないようにココに書きます。それは、端末を折りたたんだ状態のイメージ(特に黒モデル)が、PalmV(IBMだとWorkPad c3)ににているからだ、って理由です。キー配置なんかは、日本製と違ってなれるまで使いにくいとの評判で(実際モックをさわってみても、よくわからなかったし、コイツに関係ある友人の話によれば、「日本製を使ってるヒトにはよくわからない」んだそうだ)、あまり売れてないようだけど。でも、デザインはかっこいいんで、なかなか好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニッポン放送

ニッポン放送の番組出演者がホリエモン支配下になるならば番組を降板する!と行っていることを書面で提出したとのニュースであります。欽ちゃんもなんだか批判的ととれる意見をインタビューで答えてたしな。もう、今後の経営云々なんて問題外だぜ。よしっ、そこまで嫌われるんならば、「みんながオレの事を嫌うから、もうや~めた」って購入した株を全部売っちまえ!で、今売ったとして、損はしないのかな?しないんなら、売れ売れ、ホリエモン。売ったことで非難されるんだろうけど、そんなモン無視無視。売り払って金儲けて、別の事に使いましょう。次はなんだ?サッカーチームでも買うかな?それともメディアのコングロマリットを実現するために、今度はTV東京を丸ごと買収するかな?今回動いた額の金があれば買収できるってニュースもあったよ。TV東京はアニメ好きな若者には絶対的な支持を受けているだろうから(たぶん)、今の若い世代を洗脳して、これからのメディアを牛耳るにはフジテレビよりも適切な投資かもね。どうでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松原聡氏大活躍

ニッポン放送が持ってるフジテレビ株をソフトバンク系の会社SBIに貸し出すとのニュース。フジテレビの防衛策であることはカブトムシにもわかるけど、引き渡し先がソフトバンクとはね。企業規模の違いなどはあるだろうけど、ソフトバンクとライブドアの違いは何だろう?一番根本的な部分はやっぱり感情的なものなんだろうな、とフジテレビ側(SBI含む)の記者会見を観てるとそう思う。とことん嫌われましたな、ホリエモン。こういった状況でも、オレ個人としては、ニッポン放送・フジテレビ側およびその関係者の発言は「タテマエ」であり、どうにも信用ならないなぁ。で、表題はフジテレビのライブドア問題の事をニュースになった時、頻繁に出演するどっかの大学教授です。ははは、大もうけ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竹島問題

竹島問題に端を発して、日韓関係が悪い方向へ行っている。とりあえず、韓国の盧武鉉大統領が「まあ、そんなにモメなくとも」的な事を言ったりして、前回の発言をいきなり翻している。よくわからんなぁ。まあ、(オレを含めた)多くの日本人がこういった問題にほとんど関心を持たないという現状では、なぜ韓国のヒトがあれだけ騒ぐのかはわからない。歴史的な問題があることは認識しているが、関係が良いときは「あれは古いことだから」といっていて、一点関係が悪くなりそうだと「あの問題を忘れたか!」と騒ぎ出す。これってどうにも一本筋の通った行動じゃあないんで、オレとしては気にくわないな。日本側ももめることがわかってて「竹島の日」なんて制定するのも理解に苦しむ。何考えてんだか。オトナの対応ってもんがあるでしょうが。日韓ともに子供っぽい。乱暴者の代表みたいな北朝鮮の方が、やり方の善し悪しは別にして、一貫した思想ってもの(オマエらオレに刃向かうと、タダじゃおかねーぞ っていう)が感じられて、かえって清々しい。(別に北朝鮮がとってる一連の行動を正当化してるわけはない。でも、日本のヒステリー的な北朝鮮に対する行動はあまり賢くないと思う)まあ、日本側の対応は、将来的に米軍が撤退した後の国防策として、自衛隊を国防軍に昇格させるための世論づくりである事前根回し(米軍撤退の後には韓国・北朝鮮・中国が反日本的な行動に対抗するために軍隊を、という)ではないかという田中宇氏の意見に500ペセタ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライブドア

ライブドア堀江社長がニッポン放送の経営権を掌握するならば番組降板宣言した芸能人がいるとのニュース。宣言したのはタモリ、中島みゆき、倉本聡というヒトタチらしい。タモリなんてそんなことしそうにないのになぁ。おそらく義理と人情の末の宣言なんだろうと思える。新株予約権の発行ま不適であるとの高裁の判断が出たことを受けての、ネガティブ・キャンペーンだろうな。ニッポン放送社長が「当社の正当性を確信していた」と記者発表していたが、どう考えてもライブドア側の主張が正しい事は明白。しかし(話は全然変わるけど)、ライブドア側の記者会見で、ホリエモンの右側に座ってたヒトの顔の印象は悪いよ。申し訳ないけど彼はTVに出てはいけない。大変失礼だけど、見た瞬間にそう思ってしまいました。で、あれってダレだ?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

コンテスト

フィギュア選手の浅田舞選手が何かのコンテストに出て優勝し、芸能界へデビューするとのニュース。フィギュアで将来を嘱望されてた才能(よく知らない)を一切隠して出場し、見事グランプリ!ってのがその内容だけど、そんなモン本人が隠しててもわかるだろ?フィギュア界では有名だっただろうし、見栄えも悪くないきれいめのお嬢さんだからな。で、ニュースでは「フィギュアでの実績を一切隠して、ガチンコで獲得したグランプリ」って事を力強く主張してたけど、これってデキレースでしょ?コンテスト関係者の誰もが彼女の事を全然知らなかったって事なんて信じられない。まっ、そんなこと信じてるヤツなんて日本中で300人くらいなモンだろう。ニュース伝えてる方もそんなこと信じてないよな。あらかじめ売り出そうとしてるヒトを芸能界デビューさせる一つの手法。まあ、そうやって売り出したんだから、芸能界で成功して欲しいモンであります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

愛知万博

「東京の34歳男性、愛知万博“一番乗り” (読売新聞)」

「どんなモノにも哲学はある。」と村上春樹はエッセイの中で書いていたけど、この男性にも何らかの哲学があるんだろう。オレには理解できないけど。人の価値観はそれぞれだから、オレのとってはどうでもいいことなんだけど、この記事を読んだときの感想は

「けっ、バカがいるぜ」

ですた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安藤美姫ちゃん

女子フィギュアで注目の安藤美姫ちゃんですが、この間の大会は残念でしたが、かわいいので個人的には許します。で、帰国時のインタビューをニュースで見たけど、彼女は化粧を落とすと眉毛なさそう。怖くてノーメークの顔は見たくない。もしノーメークの顔を見てしまったら「オマエ、けんかうってんのか、ああっ?」って気持ちになるかもしれない。まあ、彼女の素顔をみるチャンスなんて無いんでしょうがねぇ。オジサンのモーソーだってわかってるんですがねぇ。それはそれとしても美姫ちゃんってば、まだ高校生なんだから、化粧なんてしなくても十分かわいいんじゃないかって思うけどなぁ、オレは。でもフィギュア競技では化粧もポイントの一つなのかもしれないから、仕方がないのかな。それにしても十代の女性は、化粧をしすぎるよりも、しない方が魅力的だと勝手に考えているオレです。シャラポアちゃんってそんなに化粧してないでしょ、試合とかではね。それってただオレが気がついてないとか思いこんでるだけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丹下健三氏

建築家の丹下健三氏が亡くなられたそうだ。都庁を設計したのは知ってたけど、フジテレビ社屋も設計したのは知らなかった。いいんだか悪いんだかといえば、あまりセンス無しですな。オレとしては。ともかく、とりあえずご冥福をお祈り致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライブドア問題

ライブドアのニッポン放送買収問題ですが、フジテレビを買収するという報道を受けて、ホリエモンの支持率が下がってきたとの「報道ステーション」の報道。今回のこの騒動で一番気になることは、どうにも情緒的な観点で議論されすぎではないか、ということ。「友好的な買収でなければ・・・」(・・・部分は”だめだ”と言いたいんだろうけど、はっきりみんな言わない。”イカガナモノカ”とごまかしていって見たりする人が多数発生中)みたいな論調が多く出てきたり、「金があれば何でもできるというのはね」とか、なんだか小学生に説教してる見たいな意見が出てきたり。どうにも「あうんの呼吸」で「まあ、わかるでしょ?アナタもオトナなんだし・・・」(ここでも”・・・”あり)見たいな「雰囲気」で問題解決を図ろうとしてしまいがちな日本人の風習です。オレの会社が取り交わす契約書のひな形を見てみても、イロイロと書いてはあるけれど、最後に「問題が発生した場合は、両者誠意を持って解決すること」なんて書いてあって、「じゃあ、結局は契約書があろうと無かろうと、なんだかんだで話し合いで”まあまあ、それはそうですが、ここは、それ、あれですから、まあ、ひとつよろしく・・・”なんて解決しようってことじゃないか」という曖昧な雰囲気志向なんですね。そんな風土の中での敵対的買収は、たたかれるのは必然なんでしょう。ホリエモンもプロ野球参入でやられて、またまたたたかれて、それでもめげずにがんばってる姿には素直に応援します。で、ニッポン放送買収問題とプロ野球参入問題に関するホリエモンの行動に関して、日曜朝のTV番組で(サンデー・ジャポンだったか)、D・スペクター氏がほえていた。彼は反ホリエモンの立場みたいで、ニッポン放送買収に対してかなり攻撃してたし、プロ野球参入問題にしても、参入が認められなかったのは、ホリエモンの考えが間違っているし、その行動は認められない、という事をわめいていた。まあ、あれは誰が見ても、楽天のデキレースだとオレは思ってるんだけど、「プロ野球機構は公平で正しい」とスペクター氏は信じているとしか思えない。まあ、人それぞれナニを信じて生きてゆくかって事は自由だから、その信じる事についてどう考えて、それをどう発言するかは自由なんだけど、相手を攻撃する場合に、その人格攻撃をするのはよくないな。日曜日のスペクター氏とダンカン氏のご両人は反ホリエモンとして、ホリエモンの人格攻撃を敢行していた。(曰く、プロ野球参入が認められなかったのは、彼の考え方が間違っているからだ。プロ野球ファンといいながら、オープン戦に一度も観戦に言ってないのはプロ野球を愛してないからだ。となると、球団を取得してもすぐに売りに出すに違いない。仙台をフランチャイズにするんじゃなくて、四国にすべきだったのにそうしなかった。(これって、先に仙台っていったのは、ホリエモンのほうだったんじゃないかな?)などなどなどなど)どうにも感情的な反応で、見ていて悲しくなりましたとさ。またまたとりとめのない話ですみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

林家正蔵

林家こぶ平が九代目正蔵を襲名したのを、NHK10時のニュースで報道していた。NHKが放映するとはね。ところで九代目の実力はどうなんだろう。うがった見方をすれば義兄の春風亭小朝の実力なのか?弟(いっ平だったか?)の真打ち昇進もかなり派手にやったのがニュースになってたしな。どうなんだどう、これが親の七光り的な政治的な襲名だとしたら、落語界にとって決して良いことではないよ。正直なところどうなんですか。教えて、落語に詳しいエロいひと。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

花粉症

オレの息子も花粉症で暖かくなってきたこの時期、苦しげでかわいそうに思う。ウチの息子よりも症状がひどい人もたくさんいるようで、そのヒトタチの苦労は花粉症ではないオレにはとうてい理解出来ないことを承知でこれを書く。それは、花粉症が騒がれ始めてから、なんだか「病気自慢」「不幸自慢」的に、花粉症を喧伝しすぎがちな人がいるのがイヤダ。ああいうものはこっそりと苦労するもんで(決めつけているけど)、他人に「オレは、オレは!」とあたかも花粉症を威張るような行動をとるべきではないと思う。この間、TVで「花粉症なんで花粉を絶対に家に入れない」と宣言した主婦が放映されていたが、その姿はなんだかちょっとうれしそうに感じた。まあ、TVに放映されるから、多少はハイテンションになってしまいがちなのはしょうがないにしても、いかがなものか。普段、オレの周りにも「今日は花粉がひどくて大変だぁ」なんて、あたかも自慢するように話をするヒトがいる。「オマエ、本当にくるしいのか?」なんて思ってしまうぐらい元気な花粉症。やっぱり病気ってのは、あまり他人に宣伝したりイバッたりするもんじゃないでしょ。花粉症もTVなどマスコミでこれだけ宣伝されなければ、これほどの患者は出てこなかっただろう。花粉症はスギだけでなくて、その他の花粉に過敏なヒトもいるだろうし、花粉じゃなくて全然違う物に過敏なヒトもいるだろうけど、この世の中「花粉症」といえば、スギ花粉症と相場が決まってしまっている。みんな勝手に決めつけるなよな。ということで、情報が高速に流通するのも良し悪し。なんだか最初と最後の書いてる趣旨が違ってきている。まあ、深く考えなく書いてるからしょうがない。これがブログ(か?)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スチャダラパー

sdpTVを観てると(TVばっか観てるな、オレ)、ファンタのCMで「そうだったらいいのにな」っていう曲に合わせて、学校に山羊が乱入してくるのがあった。ファンタのCMは、前は「○○先生」シリーズで、これもナンセンスな内容だったけど、今回も「山羊が学校に乱入してきて、テストをぜんぶ食べちゃった。そうなったらいいのにな、そうなったらいいのにな」(歌詞は正確ではない)っていうんで、それだけならば「ハハハハハ」と笑って見過ごすんだけれど、その歌を歌ってのるが「スチャダラパー」のボーズ。画面右下に小さく「スチャダラパー」と出てきて「おお、ほんとだっ!」って気が付いた。やるなスチャダラパー、さすがにスチャダラパー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Thriller

thrillerTVでパパイヤ鈴木が「Billie Jean」にのって踊ってたんで、急に「Thriller」が聞きたくなった。んで、TSUTAYAとかイロイロと探して、アルバムとPVを手に入れた。発表は1982年。オレが大学に入った年だ。で、今聞いてもカッチョイイ。PVを観ると、このころはまだ肌はふつうに黒い。まだまだワカゾーといったカンジ。で、有名なゾンビと一緒に踊るシーンもカッチョイイ。オレはコイツを初めて「ベスト・ヒット USA」(小林克也ですぜ!)で観てぶっ飛んだ記憶がある。みんなもそうだったらしく、当時はこういった風のダンスが一世を風靡し、「今夜は最高」では寺田農がマイケル・ジャクソンをやってたのを思い出した。(PVで言えば、Thrillerに収められている、Beat Itはアレン・ヤンコビッチ?とかいうような名前の白人がEat ItっていうパロディPVを作ってて、なかなか良くできてた)そういえば、とんねるずも「みなさんのおかげです」でやってたかな?アレは「BAD」の方だったかな?いずれにせよ、歴史的名盤。あの当時、このさわやか青年のマイコーがいまみたくなるなんて考えもしなかったけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とりあえず試してみる

Daniela-Hantuchova世に流行する「ブログ」を書いてみます。さて、イカガナモノカ?
つまらなかったら、すぐやめる。写真は直接関係なし。
母艦はこちら→(新)極私的視点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年3月27日 - 2005年4月2日 »