« 2005年5月29日 - 2005年6月4日 | トップページ | 2005年6月12日 - 2005年6月18日 »

2005年6月5日 - 2005年6月11日

海底軍艦

先週 母艦で予告したとおり、今週は「海底軍艦」を見ました。

感想はいつもの通り母艦に書く予定です。

で、この作品、水野久美さんが出てると思ったけど、出てませんでした。モノを知らずにごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WWDC 2005 keynote by S.Jobs

appleがIntelを採用することを発表したWWDCでのS.Jobsの基調講演の様子が、apple.comに掲載されてたので、観てみた。

講演内容に関しての予備知識はあるし、舞台奥のスクリーンにキーワードが表示されるから、字幕が無くとも大まかなところは理解できる。

やっぱり、カッチョいいなぁ。しょっぱなのapple storeのプロモビデオもカッチョ良かったし、ああ言うのをみると「apple ステキっ!」って気分になって、にわかマカーのできあがり。

で、注目のIntel採用を発表する場面が観れて嬉しかったんだけど、それ以外でiPodでのPodcastingについて、力を込めて話をしてたのが興味深い。

日本ではまだまだ普及していないと思われるPodcastingですが、講演で紹介されたように、iTunesから探して、簡単にダウンロードできるような環境が整えば(あるいは、番組をきちんと集めたサイトがあれば)これからのiPodのねらいとして「音楽を聴くだけではない」新しいガジェットとしての利用方法から、またまたユーザを増やすんではないでしょうか。

日本国内シェアでは、ソニーに抜かれつつあるiPodですが、かつてのソニーのように、新しい文化を提唱し、それに伴うニーズを開拓してゆこうとする姿勢はとても素晴らしい。

んで、最後にMacOS X。(講演では単にOS Xと呼んでた。Tiger次バージョンはLeopardらしい)。DashboardやSpotlightがジッサイに動くところを初めてみたけど、イイですねぇ。カッチョいい。欲しくなるなぁ。

ずっとWindowsユーザだったヒトが、Mac mini発売を機にMacOS Xを使ってみて、みんな気に入ってしまった気持ちがよく分かる。

Intel inside Macの発売は来年6月からだそうで、そうなるとIntel対応版のMacOS Xもそれに合わせて出てくるんだろう。オレもそろそろマシンの切り替えかな。で、OSはもちろんMac!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《マジックジョンソン氏が黒人の子供たちに贈った言葉》

いろんな場面で「決してあきらめるな」とか「最後まであきらめない」とか言われるけど、あまのじゃくなオレとしては、たとえばサッカーの試合で残り1分を切った段階の点差が5点あった場合、果たして選手は「あきらめずにプレーしてるか?」と聞かれれば「そりゃ、あきらめてるよ」と答える。

例が極端すぎるのは承知の上だけど、「最後まであきらめるな」と声を大にして言ってるヒトタチは、こういった場面を決して想像はしないまま、「アキラメルナー」の大合唱をしてるんじゃないか。

そこがちょっとね。どうしても反発してみたくなる。

続きを読む "《マジックジョンソン氏が黒人の子供たちに贈った言葉》"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

若貴兄弟 その2

亡くなった元大関貴ノ花の二子山親方の息子である二人がもめているニュースが頻繁に流されている。

で、これまであまり語ってこなかった貴乃花親方が、突然しゃべりまくり始めた。そのニュース映像を見てると、なんだか気持ち悪くなってきた。どうにもヘン。まだ元若乃花の花田勝氏のほうがまともに見える。

どーせ遺産の取り合いなんだろう、って世間は思ってるし、それが真相なんだろうけど、アーだコーだといろんな事を奥歯に物の挟まったような持って回った思わせぶりな話は、もうイイカゲンニセーヨとしか思えない。

フツー、こういう事って、相撲協会関係者とかタニマチ筋が間に入ったりして、丸く収めたりするんだろうけど、今回の騒動にはそれが無しか?

もっとも兄のほうは既に相撲協会を離脱しているし、弟の方は断髪式等でタニマチ筋に不義理を働き、総スカンをくらったっていうウワサがあるしで、結局だれも仲介する人がいないんだろうな。

まあ、オレにはカンケー無いけど、「遺産ヨコセヨー」って叫んだ方が楽になるよ、関係者の皆さん。

一番かわいそうなのは、貴乃花部屋の力士達。こんな師匠でちゃんと強くなれるのかな?

話は変わって、若貴兄弟がもめてるニュースが終わって、TVのチャンネルを替えると工藤静香が出てた。
まさに歌おうとしてる曲は、懐かしの「抱いてくれたらいいのに」

「おおっ、作曲は”あの”後藤次利なんだ」
なんて関心して観てるウチに歌が始まって、そしてイヤになった。
「オマエは何様のつもり!?」
っていう、いかにも
「私は上手いのよっ!」
っていう自意識過剰な歌い方。

確かにアナタは当代一の人気者「木村拓哉」の奥さんだし、子供二人も産んだし、(上手いんだか下手なんだか分からないが、子供が書く漫画みたいな)画を描いてナントカ展に入賞したりしてるかもしれないが、それと歌は関係ない。もっといえば、オレにはそんなことまったくカンケーないし興味がない。

歌がウマいかヘタか、タダそれだけだ。

工藤静香の歌は下手だ。それを無理に大御所風に歌おうとしてるのがカンにさわってイヤだった。

イヤなモノを二つも続けてみて、げっそりしたけど、明日があるさ、明日がある。

明日は楽しい金曜日。

以上おしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Palmの終焉?

本国アメリカでは会社が再編成されたり、新製品のリリースのニュースも出てきたりと多少新しい動きが見える最近のPalm周りですが、日本では数年前にPalmユーザの聖地「イケショップ」店じまいしたり、ソニーが新製品のリリースはしないという発表を行ったりで、全く元気がありません。

Palm III(っていうか、初代WorkPad)からのユーザであり、現在もCLIE TH-55を愛用しているオレとしては、この状況を残念に思っておりましたが、今回それにも増して残念なニュースが流れております。

それは、ちょっとPalmをいじってやろうと思った事のあるユーザならば知らないものはいない「Muchy's Palmware Review!」が無期限更新停止となること。

元々は、個人商店的で趣味的なサイトだったみたいだけど、それがいつの間にかPalmユーザには無くてはならないまでになりました。

オレもこのサイトを毎日のようにのぞいては、新しいPalmwareを探して来ちゃ、インストールして楽しんだり、レビューを隅から隅まで読み倒して、新しいマシンを買うべきか買わざるべきかを悩んだりしておりましたが。

それがなんだヨー、閉めちまうのか?サミシージャネーカヨー。

まあ、こういったサイトを商売としてじゃなくて運営維持してくのはなかなか大変だろうって事は、容易に想像できるけどね。

しかしまあ、日本のPalmの灯もこれで消えてしまうのか?頑張ってるのは、vis-a-visだけか?(vis-a-visも最近Palm関係は少なくなってないか?PDAのシェア自体もWindows系にやられているみたいだし、仕方がないのかもしれないけど。)やっぱ寂しいね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「appleのゆくえ」 改メ 「appleのプレゼンはやっぱ、カッチョいい」

apple2_805

それにしてもスティーブ・ジョブズの(っていうか、appleの)プレゼンはいつ見てもカッチョイイ。

今回、インテル採用を報告するに当たって、噂になってたことを逆手にとって「It's ture!」とだけ表示して、その"ture"の"e"が少し下がっている。これだけでもう「Intel採用」って事を聴衆に伝えている。
(写真参照。写真は(C)Impress Watch)

ううん、カッチョいいなぁ。やっぱ、プレゼンはこうでなけりゃね。

追記)
最初の投稿時にあった前半部分の文章は、自分で読んでて意味不明だったので、削除しました。ドーモすみません。(誰に謝ってんだ、オレ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中田英寿の笑顔

今日の夜 タイで開催されるW杯最終予選のニュースが流れまくっておりますが、その中で現地日本人学校の生徒が練習を見学し、選手らからサインボールなどがプレゼントされたというのがあった。

で、そのニュース映像のなかで、宮本選手が子供にボールを渡す場面の後ろに中田英寿選手が写っていた。

その時の中田選手は本当に嬉しそうな顔で笑ってたのがとても印象的。

中田選手といえば、練習中やインタービューなどの時のぶっきらぼうな仏頂面という印象だけど、自分にカメラが向けられてない場合は、あんないイイ顔してるんだ、と改めて思いましたね。

中田選手は北朝鮮戦には出場できないけど、日本代表には頑張ってほすぃい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

プロ野球観戦

05-06-07_18-30
イッコまえのブログに書いたとおり、今日は出張で横浜スタジアム前のホテルに泊まったことだし、仕事も早く片づいたし、一人っきりで飯食うのも寂しいし、かといって一人で飲みに行くのは好きではない。

ってことになれば、行くしかないでしょ、横浜スタジアムへ。

で、行きました。プロ野球を生で見るのは2年ぶりくらいかな。いやあ、ひさびさですよ。

天気は多少肌寒かったけど、やっぱり屋根が無いただっ広い場所に居ること自体が気持ちいい。

試合自体は、投手戦で見ててもあまり面白くなかったけど、子供から年寄りまで男も女も一緒に選手の一挙手一投足に注目し、ボールの行方に一喜一憂する様は「ヘーワだなー」ってカンジでとてもイイ。

今回の観戦は一人っきりだったということもあって、目的は球場の雰囲気を感じる事と、ナマ新庄を見ること。

以前もそんなことを考えて東京ドームでオリックス対日ハム(そのときも日ハム!)を見に行ったけど、そのときも見事な投手戦で1対0でオリックスの勝ち(だった?)。結局、生イチローを見るだけの結果になりました。

まあいいか、それなりに楽しめたしね。

写真は、レフト側外野席からスコアボードに向かって、管理人撮影したもの。なんでレフト側かっていうと、ビジター側だから席が空いてるだろうという予測と(そう予測していたが、念のために2200円で外野指定席を購入したけどね)、不利なほう(今回はビジターチームである日ハム)を応援したくなる判官贔屓な性格からであり、それ以上の理由はございません。

追記)
書き忘れてたけど、横浜スタジアムは日曜日にヨコハマボウルが開催された場所。なんで、グランドの芝には、フットボールのグリッド跡がうっすらと残っておりました。二日前にもここにいたかったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

加藤さん ありがとう

今日は横浜への出張で、泊まりはいつもの東横イン横浜スタジアム前。

で、ホテルのフロントについて名前を告げるけど、予約が入ってない様子。

いろいろ調べてもらった結果、横浜は横浜でも新横浜の東横インを間違って予約していた。

オレが間違ってただけだった。

あちゃー、今から新横浜まで移動しなければいけないかぁ、と半ば諦めてたら、なんとフロント係の加藤さん(女性。名前はネームプレートで確認)が、「今回だけは、特別よ。ふふふ」なんて微笑みながら予約変更処理してくれた。

どうもありがとう、加藤さん。神のご加護があらんことを!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Jobs Drops Da Intel Bomb

昨日のニュースでも「アップルはWDCでインテルチップ採用を発表する!?」という話題があった。

で、今朝Wired.comを覗いてみると、スティーブ・ジョブスがそいつを発表したというニュースが掲載されている。

続きを読む "Jobs Drops Da Intel Bomb"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

YOSAKOI祭りで単位 北海道の浅井学園大

ヤフーニュースから。

バカが増えるからやめるべき。

学生を甘やかしちゃイカン!

注意)好きでYOSAKOIをやってるヒトをバカにしてるわけではありません。こんな事で単位がもらえて「ラッキー」って、たいしてやる気もないのに参加して、周りの本当に好きでやってるヒトに迷惑をかけるような”バカ”が増えるからやめろ、といっているわけです。誤解がないように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨコハマボウル

気が付くと、今日 ヨコハマボウルが開催されることに気が付いた。

で、昼間にブログなんかで報告してる人がいないかなぁ、って検索するもヒット無し。

誰か、感想聞かせて。

ヨコハマ元町商店街とか、関東学生アメリカンフットボール連盟とか、タッチダウン社とか、ヤマモトスポーツとか、QBクラブとか、どこかが無料サイトなんかでブログを立ち上げればヨカッタのに。スタンドから携帯電話で、試合進行状況とか得点経過とか感想だけでも(「ヤッター」とか、「チクショー」とかでも可)アップしてくれると、地方在住のフットボールファンも喜びの涙に打ち震えたに違いない。

少し前に、横浜スタジアムからプロ野球の試合をブログに書き込んでる人がいた。試合進行のほか、スタンドの状況や自分の周りの出来事も書き込まれてて、なかなか興味深かったから、そんなカンジで。

秋のシーズンには、そういった企画を是非おねがいしますよぉ、関係者の皆さん。ファンのヒトが勝手にやるのもヨシとします。

誰かやってると思うけどなぁ、誰もやってないのかなぁ。オレが関東あるいは関西在住だったら、絶対やるけどなぁ、PC持ち込んででも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンダ対ガイラ

特撮好きを自認しているオレですが(ちなみにオレのiPodの名前は”ガメラ”、iPod shuffleの名前は”レギオン”であります)、マニアの間で傑作といわれる「フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ」は未見でありました。

で、近所のTSUTAYAにはおいてなかったけど、偶然ゲオをのぞいたところ発見。で、ソッコーで会員になってレンタルしました。

さて、その感想はいかに。

ということで、感想は母艦「新)極私的視点」に書きましたので よろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月29日 - 2005年6月4日 | トップページ | 2005年6月12日 - 2005年6月18日 »