« 2005年6月26日 - 2005年7月2日 | トップページ | 2005年7月10日 - 2005年7月16日 »

2005年7月3日 - 2005年7月9日

ゴジラ ファイナルウォーズ

今日、TSUTAYAに行ったら、劇場で見逃した「ゴジラ ファイナルウォーズ」がDVDレンタル開始されてたので、ソッコーでゲット。

感想は、母艦で書きますが、頭んところをちょっと観て「コレまでのゴジラ映画(というか、特撮映画)とは違った感じで、最近のハリウッドB級映画っぽいノリ」っていう印象。

テンポが早くて悪くない。

お後はいかに。

追記) 感想を母艦にアップしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロンドンの爆弾テロ事件

ロンドンで昨日、爆弾テロ事件が発生したとのニュース。

今朝のワイドショーで、コメンテーターの一人が「10年前の地下鉄サリン事件そっくりな光景だった。」と話していた。

オレもそう思う。

で、それを受けて、これから空港などの警備が強化されるんだろうなぁ と、出張がちのオレとしては少し気が重い。でもまあ、それは仕方がないことだ。

日本の場合は、駅や空港構内に立って警戒する警官が増員されるって事と、空港では出発ゲートの金属探知器の感度が上がって、そこココでブザーが鳴り響くことになるんだろう。

まあ、それだけならばまだカワイイ。

USATODAY.comをみると、ニューヨークやワシントンでこの事件を受けての警備に関するニュース写真が掲載されていたが、そこでは「防弾チョッキに小銃をもった警官が通勤電車の中を警戒してる」様子が映し出されていた。

これはチョット異常だぜ。一般人がフツーに座席に座ってる車両の通路を、銃を抱えて緊張した面持ちの警官が歩いてる図だからなぁ。挙動不審なアラブ系のオヤジがいたりしたら、思わず撃っちゃったりしないのか?心配だ。まあ、それくらい危機感をもって警戒しているって事だけど。

そんなに心配するならば、イラクはほっといて軍隊を撤退させれば。で、あとは全てアラブ人達に任せる。乱暴な言い方だけど、あとがどうなろうと任せる。それが一番じゃぁないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RHODIA

papermate
Moleskine社の「Memo Pockets」を買ってから、イロイロと文房具が気になって仕方ない。

まずはペン。

オレは、仕事では主に赤の水性ボールペンを使ってて、ゼブラのSARASA CLIPが定番であった。しかし、折角ならもっとカッチョイイのを使いたい。

ナニを持ってカッチョイイとするかという問題はオレ個人の事だから、オレが「カッチョイイ」と思えばそれでオッケー。

で、見つけたのがアメリカのPapermate社の水性ボールペン。

アメリカ製品に弱いオレとしては、値段も安いこともあってすぐ決めた。が、しかし、この会社のトレードマークはハートが二つで、それからこのデザインの相乗効果でなんだか「キューティー・ハニー」を思い出してしまう製品であります。

そんなペンですが、書き味はまあまあ(っていうか、ゼブラのヤツと変わらない)。インクの色は、ゼブラよりも朱色が濃いカンジです。

ちなみに、ココんちのペンを買うと、iTunes Music Storeで無料ダウンロードが出来るキャンペーンがあるそうである。こんなトコにもiTunesがぁ!

そんなボールペンはおいといて、本命はメモ帳です。

続きを読む "RHODIA"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Podcasting 日本版

NiftyがPodcastingサービスを立ち上げたって事で、早速利用しようと思い立つ。

んで、家に帰って番組をDLしようとするけど、接続できず。どうなっとるんだ。

まあ、Powered by ココログって書いてあったし、ココログって夜はものすごく重たかったりするんで、そのせいかもね。

もっとがんばろう、ココログ(とNifty)

追記)その後、試したら 今度はちゃんとDLできました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オタク検定:コミケ、ゲームなどの知識を問う 8月に第1回試験開催

毎日新聞のニュースから。

記事をよむと記憶力勝負的な試験のようだ。

この試験を企画したヒトタチは、どうも「オタク」っていうもののを間違って理解しているようだ。ただ知識があるだけがオタクではない。もっとも、試験で定量的に判定するにはそうするしかなかったのか?いずれにせよ、間違っている。

どういったヒトタチが「オタク」であるか、ってことは岡田”オタキング”斗司夫氏の著作を読め。

どうにも、最近流行ってる「オタク」なるものを金儲けのネタにしようという意図しか感じられないな。

ダメ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

JALの七夕

今日は七夕なもんで、オレのボーダフォン携帯のサブディスプレイには笹飾りが表示されております。

さて話は変わりますが、おととい秋田空港を利用したとき、JALの搭乗受付カウンターのお嬢さん方が浴衣を着てらっしゃった。

秋田美人揃いで浴衣ときたもんだから、オジサンは嬉しくなってしまいました。

一方 ANAは普通の制服。それが理由ではないけれど、オレは予約してたANAをキャンセルして、一便早いJALに乗り込みましたとさ。

はい、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新型ハイチュウ

hichu
近所のセブン・イレブンで新型ハイチュウ発見。

今回は2種類で、一つは「マンゴー」、もう一つは「パッションフルーツ」。

味は、「マンゴーってこんな味なんだ」と「パッションフルーツってこういう風なんだ」ってうカンジ。

いじょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HERO’Sをみた

TVで「HERO’S」をみた。

なかなかみてておもしろい試合が続いたので、楽しめた。

でも、ボブ・サップはもうだめだ。

リングサイドで曙が試合を見てたけど、ボブ・サップは曙と一緒にプロレスのリングに上がった方がよい。

今回の試合でも、パンチを受けると明らかに腰が引けてて、みていてかわいそうになる。

格闘家がカワイソがられちゃおしまいですよ。

で、一方KID。

今回は総合だったけど、打撃で相手に挑んで行ってた。前回のKOがショックだったんだろう。

それにしてもKID。神のように強いってわけじゃないけど、激しい試合をしてくれるので、みる甲斐がある。

今回の最後はなんだか中途半端なカンジだったけど、勝ち負けはこれからのトーナメントには関係ないから、まあいいか。(風邪薬飲み過ぎたって言い訳してた。HERO’Sにはドーピング検査はないのか?)

桜庭亡き後(まだ生きてるし、現役だぜ!?)、今後の日本人格闘家のスター候補第一号ですな。

それにしても桜庭。この間のPRIDEでも無惨の負け方をした。登場のパフォーマンスも飽きてきたし、もうそろそろ引退させてあげてください、総統閣下。

今のPRIDEで、客呼べる日本人は桜庭しかいないかもしれないけれど、このままじゃぁ、サクがあまりにかわいそう。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

9万8千円?

昼飯を買いに会社近くのコンビニへ。

支払を終えて、弁当の暖め待ちしてるあいだ、オレの次のヒトの買い物金額を何気なくみたら、そこに表示されている金額はなんと9万8千円!

何を買ったらそんな金額になるんだ!?と思いつつ、そういえばこのレジのヒトは胸に「研修生」ってバッチ付けてたから、多分レジの打ち間違い何だろうなぁ、もう一度打ち直す事になったら、後ろに並んでるヒトは少しムッとするだろうなぁ、などと考えてたら、そのバイト君は「9万8千円です」とそのまま金額を口にした。

「おいおい、大丈夫か?焦って思わず口走ってしまったか?」

などと驚いてると、言われたお客さんもすんなり一万円の束を差し出している。

何かったらそんな金額になるんだ、と最初の疑問にもどって、レジカウンターの上をよくよく見ると、そこには振込用紙が。

なぁんだ、何かの支払をするためにコンビニにきたのか。確認出来てチョットほっとしたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛行機で出張

今日、秋田への出張だったもんで羽田経由の乗り継ぎで向かった。

で、羽田の乗り換えで、到着して地上係人のオネーさんが「同じ出発ゲートですから」といわれたんで、もしかして・・・っておもってたら、案の定、地元の空港から羽田までと羽田から秋田までが同じ飛行機だった。

で、座席も偶然全く同じで、CAのヒトも同じヒト。

CAのヒトも、「あの人また乗ってるわ」なんて思っただろうし、オレも「また同じCAさんだ」なんて思ったりして、少し気まずいっていうか、照れるなぁ。

偶然とはいえ、面白いって言うかなんていうか、まあ どうも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<花田兄弟>長男勝さんが相続放棄 代理人弁護士通じ発表

ヤフーニュースから。

やったな、勝氏。そうくるとは予想しなかった。漢だぜ、勝氏。

で、今後、振り上げた拳をどうおろすかが興味深い、貴乃花親方であります。
それにしてもねぇ、今となっては思わせぶりな貴乃花親方のマスコミへの発言はかっこわるすぎ。

これで「はい、そうですか」とおとなしくなったら、「オマエ、目的は金だけか。兄貴のほうが潔くてかっこいいぞ」と非難ごうごうになる事は目に見えてるしねぇ。どうするんですかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魁!クロマティ高校

元ジャイアンツで今はアメリカ独立リーグ「侍ベアーズ」監督のW.クロマティ氏が、自身の名前を不良高校名にされたのは許さん!と、映画「魁!クロマティ高校」の公開中止の仮処分申請を東京地裁に提訴したとのニュース。

ははは、上手い宣伝だ。仮に自分の名前が使われたことがイヤならば、漫画の販売停止まで訴えろよ。

映画の公開に会わせて親日家のクロマティ氏が宣伝に一枚かんだってのが真相でしょう。

話自体立ち消えになるか、じき和解するよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MSNデスクトップサーチ

ビルゲイツも「Longhornの機能を先取りしてるコイツをぜひとも使って欲しい」と講演で話してた「MSNデスクトップサーチ」をインストールしたけれど、処理が重くなるだけであまり役に立たないので削除してしまった。

会社のマシンにも入れたけど、ネットワークドライブが検索対象にならないのは致命的。ウチで使う場合には、ネットワークドライブはあまり関係ないけど、逆にファイル検索する事自体が少ない。(ファイルの保管場所はだいたい分かってるし)

MacOS X Tigerのサーチ機能もネットワークドライブはダメらしいけど、やっぱそれじゃぁね。

インデックスを作成するサーチ機能の限界だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Tru Calling

「エイリアンvs.プレデター」のDVDに、特典映像(!?)として、「トゥルー・コーリング」の第一話が入ってた。

んで、こいつはTSUTAYAでもDVDがイッパイ並んでたのを思い出したモンで、ここはいっちょ観てやろうと思い早速観てみた。

モルグで働く、死者の声を聞き過去をもう一度やり直せるという超能力を持つ主人公が、その声を聞いた死者を助けるために活躍するというストーリーで、なかなか面白い。

第一回ということで、登場人物紹介があり、かつ事件がある。で、その事件も主人公の家族がらみのものとメインのモノとが同時進行して、最後は一応丸く収まる趣向。なかなか脚本が上手いねぇ。もっとも、主人公があまりに積極的に事件解決に動きすぎって気もする。「そこまで頑張るかぁ?」ってような印象も否めないが、まあ気にせずいると十二分に楽しめますねぇ。

さて、コイツはアメリカでヒットしたTVドラマらしい。それに比べると日本でヒットしてるドラマのつまらなさはどうだ。

人気俳優女優をとりあえずキャスティングして、恋愛のぐずぐずした様子をもったいぶって見せたり、いかにもお涙ちょうだい的な見え見えな展開だったり、こういった「ミステリー仕立て」の脚本が面白いドラマが何故作れない?

古くは「ツイン・ピークス」や「Xファイル」、最近では「24」などのドラマが日本でもヒットしてるでしょ。だったら、もっとこういったヤツを作ればいいのに、TV局殿。手を替え品を替えはいいけれど、いつまで経っても「好きだキライだ」っていうドラマばっかじゃつまらない。

それにしても同じ系列同士とはいえ、ドラマの第一回目をまるまるオマケにするとは大胆不敵。でも、オレ自身も第一回目をみて、続きが観たくなったから、制作者側の作戦は大成功でしょうね。

こんど借りてみようかな。

なお、「エイリアンvs.プレデター」の感想は母艦に書きましたので、ヒマな方はどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月26日 - 2005年7月2日 | トップページ | 2005年7月10日 - 2005年7月16日 »