« 2005年7月17日 - 2005年7月23日 | トップページ | 2005年7月31日 - 2005年8月6日 »

2005年7月24日 - 2005年7月30日

ひさびさの受験勉強

note_pen
「何らかの資格を取れ!」という上司命令で、情報処理技術者試験を受けることにする。

で、参考書籍を買ったりして久々に受験勉強をするわけだけど、まあなかなか乗り気にならないわけですね。

それじゃぁ、やっぱりマズかろうと思ってた所、ふと思いついたのがこれまで買った文房具を有効利用すること。

伊東屋の通販でかったペリカンの万年筆など具体的な利用目的がなかったのを、「勉強のため」という大義名分で使おうと思ったらなんだかやる気が出てきた。

無印良品のゴムバンド付きB6ノートも欲しいなぁと思いつつ、使用目的がなかったのでスルーしてきたけど、勉強用という理由で即座に購入。

ひさびさ、参考書を見ながらノートにポイントを書き写したりして、「受験勉強」しているつもりな今日のこの頃であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムシキングジェット

ANAの”ポケモンジェット”に対抗してJALが”ムシキングジェット”を就航させるらしい。

で、そのムシキングの絵を機体に描く様子の動画がJALサイトにアップロードされていた。

その絵ですが、ペンキで直接機体に描くわけじゃぁなくて、シールを貼るみたい。(昨今 街中を走ってる”ラッピングバス”もそうらしいけど)

で、そのシールの事を「デカール」と言うことを知った。

「デカール」って、プラモデルに張るヤツだと思ってたけど、なんでも表面に貼り付ける”絵”は「デカール」って呼ぶみたいだな。

(デカール:decal / 《米》移し絵, デカル.だそうです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すずむし

うちには、カブトムシとかたつむりとメダカとエビとすずむしがいる。

で、このすずむしが最近鳴きはじめた。「り・り・り」と涼しげな鳴きごえは、日本人としては心にしみるねぇ。

さて、話は変わって エビですが、コイツはペットショップで娘が気に入って買ってきたもの。今は、メダカの水槽の中で暮らしております。

メダカは別にカワイイとも思わなかったけど、エビはなんだかカワイイ。

しかし、このエビ。カワイイくせに凶暴で、水槽の中にいた貝(水草を買ったとき一緒にくっついてきた巻き貝みたいヤツ)を食ってしまった。

おい、エビ!新参モノのクセして、乱暴すぎるぞ。

メダカは食うなよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホワイトバンド

whiteband
普段はアクセサリー類は身につけないオレですが、こいつはちょっとイイかな、なんて思って思わず購入してしまったのが「ホワイトバンド」。

詳しくは、「ほっとけない 世界のまずしさ キャンペーン」のサイトを見て欲しいんだけど、表題だけ見るとなんだか「貧困をなくすために寄付してくれぃ」みたいな良くある「寄付して欲しいな」サイトっぽい。

それだけならばオレも「ふぅ〜ん」だけで終わってたモノを、その活動趣旨を読んでるとこれまでのそういった活動と違って「状況を変えよう」という意図があることが分かった。

この活動は先に世界規模で行われた「ライブ8」も絡んでて、その中心人物の一人であるU2のボノ氏は

「今は慈善を行うのではなく、正義を行わなければならない!」
とかっこよくリキんで見得を切ったんだそうだ。

仮に世界中のビルGみたいな金持ちが全財産を寄付したとしても、結局は元の黙阿弥で、それよりも今のこの状況(金持ちはドンドン金持ちになって、ビンボー人はますますビンボーになってゆく)をナントカ変えなければイケナイ、という考え方には賛成出来る。

アメリカ版のこの活動の宣伝プロモを見ると、ナレーションの最後に「あなたのお金じゃなくて、声をください」というようなことが語られていることから、「みんなが意識して状況を変えていこう」という主張が見えて、そこがちょっと新しくてイイ感じである。

流行を”いかにも”ってカンジで追随したり流されたりするのはオレの好みではないけれど、この運動が持つ今までとちょっと異なった、「正義を実践するんだっ」っていう、そういうちょっとキザな部分とかが、なんだか少しカッチョ良く思えて、ホワイトバンドを まあ 購入したってワケです。もっとも、「何が正義か」っていう部分についての疑問は残るけど。自分の良心に正直に照らし合わせてどうかって事でしょうか。

で、ホワイトバンド活動には賛成なんだけど、「何それ?」ってヒトに聞かれた時、この運動の意義を滔々と語るのもコッパズカシイ気もするんで、他人に対しては「肩こり軽減のブレスレット」とか「風水パワー」とか「幸運が開けるヒランヤエネルギー注入済」とか「タキオン封入開運ブレスレット」などと説明する事にしようって思っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いろいろとね

最近のニュースで思ったことを書きます。

・「フジ男性アナ「独で買春」発言

同じ番組に出てた漫才師はオッケーでアナウンサーは×なのか?理解に苦しむ。ダメなら両方ダメだろう。

・「川村ひかる、千代大海と破局 テレビ収録で衝撃告白

どうりで最近、千代大海はダメだったんだ。先に終わった場所でも途中休場だったし。それにしても琴欧州。相撲取りじゃなかったらガイジンにしか見えない風貌だと思うけど、髷結っただけで一気に東洋人。まさに、”髷マジック。気をつけろ”

・「夏休みで若者暴徒化 神戸の「暴走族」奪還

最近の警察は舐められてる。ここは一つ、星一徹の魔送球の理論で、たまには銃を発砲してみたりしてはどうか?まあ、冗談ですけどね。

・「ライブドア系宿泊サイトの加盟急増 楽天の値上げ追い風

出張によく使わせてもらってる、楽天旅の窓口(楽天ポイントも溜まるしね)。ですが、調子に乗って手数料値上げでホリエモン軍団に追い上げられている様子。オレも早速ライブドア系の予約サイトをブックマークしましたぜ。今度の出張で早速使ってみよう。

・「有楽町で数千万円相当の宝石盗難、外壁に大きな穴

ニュースを見てやり方が乱暴だなぁ、と思った。そのニュースで現場から報告してたフジテレビのアナウンサー(?)で、ソニー千葉みたいな名前の女性が、犯人が侵入用にあけた穴を実際に通り抜けてたけど、そのときの服装が黒。で、通り抜けた時についた壁の粉(っていうか破片っていうか、そーゆーやつ)が服にイッパイ付いてて「そんな事するんだったら、もっと違う色の服来て来いよ」と画面に向かってツッコんだオレ。

・「スポーツ紙 フジに厳しくジャニーズにベッタリ

フジテレビ菊間アナウンサーとジャニーズの内メンバーの飲酒問題。この問題、一方的に菊間アナウンサーが叩かれてるけど、それでいいのか?記事にあるとおり、18にもなったら自分の行動くらいは自分で責任もてよ。オレは18で酒を絶対飲むな、とは言わないけれど、飲むならば何かあったときには全て自分で責任をとるぜ、ってくらいの気合いを入れて飲めと言いたい。それを「未成年に酒を飲ませた方が悪い」とか「この場合、少年に責任はなく、飲酒を止めなかったオトナの責任」などと内メンバーの責任追及はほとんどなし。こんな事だから、子供達が増長するんだよ。TV局や出版社はジャニーズ事務所のご機嫌伺いなんだろうけど、世間のヒトビトも一緒になって一方的に菊間アナウンサーを糾弾するのはオレは許さん。まあ、もっとも菊間アナウンサーも少しチョーシにノリすぎた所はあったと思われ、深く反省する事は当然である。

とりあえず、まあそんなトコです。他にも気になったモノもあったけど、忘れてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイケル・ムーア

「華氏9・11」や「ボウリング・フォー・コロンバイン」で有名なマイケル・ムーア監督がTVでやってたシリーズをストリーム番組で見る。(ココンチにはアニメからバラエティから色々あって、中でもオレは「紅三四郎」が見れたのがとても嬉しかった)

「ボウリング〜」も「華氏9・11」も、「主張したいことは分かるけどね・・・」という姿勢で、若干批判的な感想を持ってたオレですが、今回見た「アホで間抜けなアメリカ白人」という番組の「連邦議会議員に樹を立候補させよう」と活動する様は、見てて「?」だった。

まあ、単純なバラエティとして作られたのならば、日本で言う「進め!電波少年」と同列に扱って「バカ」という感想だけでおしまいにする手もあるけれど、この番組はそういったただ単純に「バカ」というだけでは終わらない。

詳細は番組を見て頂くとして(あらすじを書く能力がオレにはないので)、マイケル・ムーア監督の行動ってのは、「オレサマは決して間違ってない」という意志にそってなされている気がして、そこがひっかかる。手段は面白いとは思うけど、本当にそれでいいのか、と思う。

で、そんなムーア監督の行動に、一般市民はただおもしろがって追随する。そこがイカン。マイケル監督はもっと自分が何故こういった行動をとったかをちゃんと説明して、それでもおもしろがって付いてくる市民をのみ相手にスベきじゃぁないか。

今回の番組は「対立候補がいない選挙区に、法律に則って”樹”を立候補させて、有権者に自分で選択させるチャンスを与える。それによって投票率の低下を防止し、ひいてはそれがよりよい政治につながるはず。」という趣旨が制作意図の裏側にあるとオレは勝手に理解したんだけど、ただ単純に「変わったことをする」人をおもしろがって、はやし立てるだけのアメリカ人は「アホで間抜け」なんですよー、って事をムーア監督は言いたかったのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉田カバン

yoshida_01
吉田カバンってのを初めて知ったのは、ポパイに載ってたから。オヤジさんのカバン屋を継いだ洋行帰りの息子が、なんだかカッチョいいカバンを作ってるって事で記事になってたと思う。

で、オレも影響を受けて、その当時のヒットシリーズだった、「ラゲッジ・レーベル」のカバンを何個か買い、いまだに使ってる。まあ、それくらいちゃんとしたカバンであることは確かだ。

が、しかし、昨今の吉田カバンのヒットシリーズである「PORTER」は高すぎないか?ビンボーなオレとしては特に、もっとリーズナブルで質の良いモノを作って欲しい(まあ当時もそれほど安かったワケじゃなかったけどね)。

yoshida_02
なんだか、売れまくっててエラくなってしまったか、吉田カバン。どうなんだろう?

で、ここでこの内容とあまりカンケーない話ですが、景山民夫氏のエッセーを読んでると、イギリスでふらふらと遊んでたカバン屋の若旦那の話が出てくる。これって多分、吉田克幸氏じゃないかな?確証はないけど、読んでてそんな感じでありました。

おしまい。

写真上はオレが所有してるラゲッジ・レーベル カバン2種。約20年選手で手入れらしい事はナニもしてないんだけど、まだまだ現役。カバンの右下にあるタグが赤いのは、多分今も発売されてる青いのより古いはずだと思ってるんですが、いかがでしょうか。同じシリーズには、この他にカーキっぽい色のもありました。
写真下はそのカバンに付いてるタグ。東京03以下の局番がまだ3桁なところに歴史があります。

(景山民夫氏のエッセーに出てくる”カバン屋の若旦那”を”今の吉田カバンの社長”と書きましたが、それは大きな間違いのようでしたので、勝手に訂正しました。2005/7/25)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

25時間テレビ

フジテレビが25時間テレビというのをやってたが、ほとんど見なかった。

で、それでも最後だけ見たんだけど、全身金粉を塗りたくった笑福亭鶴瓶が、今年話題になったニッポン放送とフジテレビ対ライブドアの出来事を遠回しに批判するような事を語ってた。

でも最後にはおちゃらけで終わらせてたけど、言いたいんならハッキリ言えよ、という感じ。

まあ、ホリエモンを走らせたりする所など、オレとしてはそこまでやったかってまずまず面白く思ったりもするけど、日テレと同じように長い距離を走らせたり、そのゴールを意味もなく盛り上げたり、どうして「感動」に持ってゆきたいんだろうな。

そりゃ、やってる人達はほとんど眠らず長時間やってるから、頭ん中がかなりテンパってきて、少しの事でも感動するんだろうけど、見ているオレ達はしらけてしまう。もっとも、25時間見続けた人は、出てるヒトタチと同じように感動するのかもね。

まあ、そういうことで、フジテレビのは終わって、今度は日テレか。オレとしては見やしないんだけど、どうも五月蠅く感じるね。長距離走のラストで「サライ」の合唱なんてされるともうイヤになるし、走り終わった人も無理矢理一緒い歌わせるのはイカガナモノカ。走った直後に歌えるくらい体力があるならば、もっと早く走ってゴールせよ、といいたい。

そんなマラソンを追っかける2ちゃんねらー諸氏には今年も期待する。暑い中お疲れ様ですが、ガンガッてくだされ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月17日 - 2005年7月23日 | トップページ | 2005年7月31日 - 2005年8月6日 »