« 2005年10月23日 - 2005年10月29日 | トップページ | 2005年11月6日 - 2005年11月12日 »

2005年10月30日 - 2005年11月5日

ハッスル・マニア 2005

横浜アリーナで開催された「ハッスル・マニア 2005」はなかなかの盛況だったようだ。

2ちゃんでも比較的好評価だしな。

”ハッスルって、これまでの日本のプロレスっていうよりもアメプロや日本のプロレスでも地方公演の前座の試合って感じがする。

今の日本のプロレスって、K−1やPRIDEの”悪”影響で、あまりに”ガチ”志向が強くなりすぎてしまって、逆におもしろくない。プロレスはプロレスなんだから、そこら辺の呼吸がわからないとダメだ。

で、ハッスルですが、こちらは”ガチ”方向ではないプロレスの持つテイストをある意味、先鋭化させた結果生まれたものなんでしょう。もっともすでにアメリカでは同じようなやり方で人気を博した団体がいたわけですが、それを日本に持ってきた結果 成功したのは、やっぱり今のプロレス界や格闘技界の行き詰まり状況が原因ではないでしょうか。

K−1やPRIDEも、初期の頃はプロレスにはない”ガチ”さがおもしろかったけど、最近はそれにもだんだん飽きてきたし、ガチ過ぎて判定試合が多くなってきたり、(これはしょうがないんだけど)観客が期待するストーリーにならなかったりして、旬のレスラー同士の試合がなかなか組めなかったり、またそれを解消しようとか、”面白い試合を”とか考え始めると、どうにも”ヤオ”くさい試合が出てきたりで、だんだん人気も下降気味なんじゃないか。(ノゲイラも最近生彩を欠くし、ヒョードルは強いけど今はもうタダそれだけだし、ミルコのストーリーもこの間のヒョードル戦で一段落いた感があるしね。

だから、このハッスルの成功(試合的にもそのようだし、マスコミ的には大成功なんじゃないか。HGをいち早く取り込んだのはエライと思うよ)は、これからのプロレス界の主流になる方向性がはっきりと出た結果じゃぁないかな。

K−1じゃぁヘロヘロの曙もプロレスじゃぁ、それなりみたいだし、ボブ・サップもいつまでもK−1なんぞでボヤボヤしてるんじゃなくて、プロレスへ移った方があのキャラクターも生かせると思ってるのは、オレだけじゃぁないでしょう。

それにしても小川。少し影が薄いな。そろそろPRIDEなりに参戦して、気合いを入れて欲しい。んで、”やっぱり小川は強いんだ”というところをきっちり見せつけて、そんな小川がハッスルを本気でやれば、さらにハッスルがおもしろくなるよ、絶対。

よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新型ハイチュウ「デコポン」

haichu_dekopon
新型ハイチュウ発見。味は「デコポン」だそうです。

食べてみて、「今ひとつインパクトなし」でした。

でもよし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リーガルパッドフォルダ入荷

ロケットシップさんに”取り扱ってほしいなぁ”ってお願いしてたリーガルパッドフォルダーがついに入荷したとのメールが来ました。

早速お店のサイトをのぞいてみると二種類あって、なかなかシブイ感じです。

写真ではわからない部分については、BBSで質問連発したり。(どーもすみません、内藤さん)

買うならレギュラータイプかなー、と思ってるんですけどね。

どうしよーかなー。どうしよーかなー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

またまたきました Virtual Kiss!

今度はyuuko4554さんからきましたよ、Virtual Kissが。

プロフィールによると「28才の既婚者で子供なし」だそうです。

んで、「最近夫との会話も少なく寂しいから友達が欲しい」んだそうです。

写真はきれいな女性が写ってるんですが、どうにもエロサイトのモデルっぽい、どこかでみたことがありそうなヒト。

こいつもスパムだろうなぁ、たぶん。

と思いつつ、yuuko4554さんお詳しいプロフィールをみてみると、短大卒で広東語が少ししゃべれるらしい。英語とかじゃなくて広東語ってのがシブイ。で、自己紹介では”結婚してる”って言ってるくせに結婚歴には”恋人あり”と多少混乱気味。それから身体的特徴として目の色は”青”だそうです。人種をアジア系としてて、目の色が青で髪の色が薄茶色らしいんで、おそらくヨーロッパ系のヒトとのハーフか(確かに写真ではちょっとハーフっぽい)、アジアでもモンゴル奥地のシルクロードでヨーロッパとつながった系統のアジア人の末裔ではないかと推察します。

相手の希望は20〜60と幅広くて、外見よりも中身だそうです。

どうだー、参ったか!てな感じで、もうすっかりでっち上げくさすぎなプロフィールでありますな。(本当に本当だったらごめんなさい)

なんで、返事なし。

残念!(ギター侍風。で、彼、最近みないね) でも、おもしろ半分に返事出してもイイかもね。どんな反応が返ってくるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムーアの法則  か?

先週、AOPENのCD-RWが突然壊れた。メディアを入れるたびに、ブンブンと盛大な音をまき散らしながら活躍してくれたが、購入から約三年でオダブツ。WEBを検索してみると、同じモデルはだいたいそれくらいでミナ昇天してらっしゃるみたいだから、製品として標準的かな?安かったしね。たしか当時5000円くらい。

で、もう一台あるDVD-+RWを使おうとも思ったけれど、CD−Rの最高書き込みが×16なんで少し寂しい。(ちなみに壊れたヤツは最大×40。安全値をみて通常は×24程度で利用してた)

だもんで、出張先の博多ヨドバシで買いました。DVD-+RW DLを。値段は5980円の一番安いヤツ。とはいうものの、DVD-R×16、CD−R×48とかなりのモノ。添付の書き込みソフトはコレまで慣れ親しんだB's Recordじゃないのが寂しかったけど、購入後添付のソフトを使ってみるとこっちのほうが良いことにきづいて満足であります。使い勝手は慣れるだけ。

そんなDVD-+RWですが、我がサイトの母艦「新)極私的視点」の過去ログを見てると、前のヤツは2003年8月に買ったと書いていた。当時19、800円。

わずか二年で性能が約3倍になって値段は1/3。コストパフォーマンスとしては約9倍!(?)

コレもムーアの法則かな?ちがうか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真レタッチの腕は確かだったんだろう。

ある新聞に掲載された写真が「合成」だったことが発覚してニュースになってた。(ヤフーニュースから

この記事には書かれていないけど、同僚だかなんだかが「鳥と月の両方にピントが合ってることから不審におもった」ことから発覚したらしい。(ウチでとってる新聞には書いてあった)

そこまで見ないと判らないって事は、かなりの写真レタッチに腕前をもった人だったんだろう、この写真を合成した記者は。オレもたまにこのブログなんかにアップするためにレタッチソフトを使うけど、モノの輪郭をキレイに切り抜くのは難しいよ。鳥だったら羽あたりの微妙なラインもあるだろうし、それから二つの写真の色調や明るさを合わせるのもなかなか難しい。

で、そこまでキレイに切り抜いたりほとんど違和感なく合成できるテクニックを持ってるくらいの人だから、バックの月の写真に少しぼかしを入れてピントがずれている風にするのは造作もなかったはず。

それをしてなかったってことは、やっぱり「おもしろ半分に作った写真を社内でほめられて引っ込みがつかなくなった」っていう理由は納得出来る。(心の中では、もう少し時間があればもっと巧くやれたのに、とか思ってたりして)

もっとも、オレとしてはこの出来事自体は特に問題だとは思っていない。まあ、初めに正直に「コレ、合成なんです」って言うべきであったことと、仮にも報道機関なんだから、どんな些細な写真でも”ウソ”はいけません。ってことはありかも知れない。それはアリかも知れないけれど、これで世論がどうのこうの、とかカンケーないでしょ。そう思ってしまうんですよ。

某国のように、でっち上げの写真で戦争しかけたり、暴れたりするよりもよっぽどマシ。(まあ、程度の問題で、根本部分は変わってないって突っ込まれるとツライ、と言い訳)

そんなわけだから、無期謹慎っていう処分はなんとかならんか?とか、黙ってりゃわかんなかったじゃないか、とか、この記者へ嫉妬するやつの告発?とか思ってしまうのであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月23日 - 2005年10月29日 | トップページ | 2005年11月6日 - 2005年11月12日 »