« ライブドア強制捜査(ふたたび) | トップページ | 京大元アメフト部員3人逮捕=女子大生2人に集団暴行−京都府警 »

それぞれにそれぞれの設計思想がある

首都圏や近畿圏に出張することが多いので、利便性と興味本位でsuicaを購入して使っている。

で、このsuicaですが、JR東日本はもちろんJR西日本の近畿圏でも使える。(大阪中心に普及しているのはicocaという名前)

このsuicaを利用するときに自動改札の出口あたりに残高が表示されるんだけど、それをみてて気が付いたことが一つ。

JR東日本で使うときには、改札を入る時点でその初乗り最低料金とそれが差し引かれた残高が表示される。なので、改札から出る時点で初乗り料金とその駅までの差額とそれをさし引いた残高が表示される。

一方JR西日本では、改札を入る時点ではそのカードの残高のみ表示されて、改札を出るときにそこまでのトータル運賃が差し引かれる。

東日本はとりあえず最低限の運賃は確保するという発想で、西日本はまとめて徴収するという発想。

外からは同じ機能で同じシステムに見えるけれど、中で動いているシステムの設計思想はちがうのだなぁ、と実感出来る事象であります。

|

« ライブドア強制捜査(ふたたび) | トップページ | 京大元アメフト部員3人逮捕=女子大生2人に集団暴行−京都府警 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/8339121

この記事へのトラックバック一覧です: それぞれにそれぞれの設計思想がある:

« ライブドア強制捜査(ふたたび) | トップページ | 京大元アメフト部員3人逮捕=女子大生2人に集団暴行−京都府警 »