« YBB クロニクル(前編) | トップページ | YBBクロニクル(中編) »

トリノオリンピック

土曜日からトリノオリンピックが開幕した。
その開幕式のメインイベントの聖火点火の方法はいかがなものか?確かに演出は派手でカッコイイと思ったけど、あの点火方法って反則じゃない?あれって聖火台に火をつけたことになるのかな?せっかく運んだ聖火の”火”は直接聖火台の火になってない気がするんですけど。皆さんはどうですか?

まあ、それはそれとしても、いきなり日本選手団は調子悪い。メダルが期待された人たちが軒並み予選落ち(や棄権や失格)

果たしてどうなんでしょ?

で、その期待はずれだった人のうちジャンプの原田選手はルール違反で失格だそうな。インタビューに答えて「すべて自分が悪い」といってるけど、これって周りのスタッフの責任でしょ?スキー板の規格がルール違反かどうかを選手がすべて管理するってどうよ。こんな事はコーチやスタッフ(や用具係)がきちんと管理すべきでしょ。

そこら辺を指摘したマスコミ他はあるのでしょうか?それともスキー板の管理は選手がやってるんでしょうか?もしそうならば、すべて選手任せはまずいんじゃない?少なくともきちんとチェックして指摘してあげる人がいないとダメだな。そんな体制ではオリンピックで勝てないんじゃない?

どうでしょう。

|

« YBB クロニクル(前編) | トップページ | YBBクロニクル(中編) »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

それならそれでいいんですが
オリンピック5度目の選手を相撲の新弟子と同じ
というか幼稚園の入園式でちゃんとトイレに行っておしっこしておきなさいよ.と注意する母親と同じレベルのアドバイスをするために
コーチや監督として雇われてるわけではないでしょう.
もしそうなら監督&コーチも原田も情けなさ過ぎる.
メダルの話なんて100年早い気がします.

投稿: 通りすがり | 2006/02/15 20:38

通りすがりさん、コメントありがとうございました。

失格の原因はご指摘の通りでした。思いこみで勝手に書いておりました。

が、私が”ヘンだ”と思った問題の本質はいささかも変わっておりません。原田というオトコは、皆さんご存じ(?)の通り、うっかりモノのおとぼけ野郎ならば、体重の問題を勘違いする恐れアリ と回りの人間がきちんとフォローするべきだったのでは、というブブンをここでキチンと指摘したい。

「オマエ、申告した身長を教えろ」だの「今の体重は何キロだ?えっ、それじゃ足りないぞ、角力取りの新弟子検査みたいに水飲め、水!」とか、「オマエでぶ過ぎ。そこらへん走って汗かけ。飯喰うな!」なんて指示する監督やコーチやトレーナーはやっぱり必要じゃぁないでしょうか。

投稿: 極私的視点管理人 | 2006/02/15 19:01

遅レスですが一言.

原田選手の失格は板の問題ではありません.
体重が申告した身長174cmでのリミット61kgに200g足らない
60.8kgだったことによる失格です.

200gぐらいの体重管理はスタッフではなく飛ぶ直前に
選手が体重計に乗ってカップラーメンすすって飛べばすむ問題です.

そういう意味で原田選手自身、自己責任を強調していたのです.
なんでもリミットを61kgでなく60kgと勘違いしていたとか.
間抜けです.

投稿: 通りがかり | 2006/02/15 10:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/8630569

この記事へのトラックバック一覧です: トリノオリンピック:

« YBB クロニクル(前編) | トップページ | YBBクロニクル(中編) »