« トリノオリンピック | トップページ | トリノオリンピック その2 »

YBBクロニクル(中編)

前編では上手く繋がったということを書いたんだけど、それまでイロイロと試行錯誤がありました。

まず、新しく届いたYBBモデムはNAT機能を持つものらしいけど、オレとしてはNAT機能付き無線ルータをこれまで使ってきたのでこれまで通りそいつを使うつもりだったことと、YBBモデムってNAT機能はあるけれど(なので、外向きのアドレスと内向きのアドレスを使い分けてくれるけれど)ファイヤーウォール機能が全くない(マニュアル等に記載されていない)のが心配だったので、NAT機能は殺して使おうと画策。

さっそく旧モデムから新モデムへ切り替えた後、「モデムのリンク」→「モデム有線直結PCの接続」→「インターネット接続完了」までは簡単だったけれども、無線LAN付ルータ(以下、ルータと書く)が一発で繋がらない。(ので、ルータ接続のPCからは外に出れない)何故だ?ただモデムが代わっただけじゃぁないか!

現象としてはNATを殺しているとルータがYBBからIPアドレスを取得出来ないというもの。何度やってもダメ。さっきNAT機能アリで接続したときのIPアドレス、DNSなどは調べてメモしておいたからそれをムリヤリルータに設定してみる。(YBBはモデムが代わるなど特別なことがない限りIPアドレスは固定になるようなので、それで繋がるんじゃないかと期待)が、結果は×。ルータは「認識したよん」と行ってくるけど、PCから外部に接続しようとしても無言状態。

で、イロイロやってるうちにNATを生かせばルータがIPアドレスを取得できるこが判明(この時点ではモデムのNAT機能で自動割り当てされたローカルIP)。「まあこれでいいか」と外部接続しようとするがやっぱりダメ。

「なんでー、なんでー」とばかりにブラウザの状況を観察すると、URLからのアドレス変換がうまくいってない様子。で、無い知恵絞って考えるに「これはDNSサーバが見えてないんじゃないか!」と思いつく(フツー)。

早速ルータの設定画面を開いてイロイロと調べてみるうちにDNSサーバのアドレスを手動で指定できる事を発見。さっそく調べておいたYBBのDNSサーバのアドレスを入力。すると見事接続成功!やったねー、とばかり嬉しそうにしばらく使っていたのでありました。

が、やっぱり今のままだとどうにもしっくりこない。それはYBBモデムがどれくらいしっかり不正アクセスを処理してるか不明だから。確かにルータ以内への外部からのアクセスはログを見る限りない。が、外部からモデムが何されてるか判らない。ので、やっぱりNATを殺すことにした。

以下 続く

|

« トリノオリンピック | トップページ | トリノオリンピック その2 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/8641974

この記事へのトラックバック一覧です: YBBクロニクル(中編):

« トリノオリンピック | トップページ | トリノオリンピック その2 »