« SuperBowl XL Second Half(Final) | トップページ | トリノオリンピック »

YBB クロニクル(前編)

オレは、今住んでる地区ではごく初期からのYahoo!BBユーザで、2001年10月から利用し始めた。当初は8Mサービスしかなかったので、8月頃にそいつに申し込んで約2ヶ月待っていよいよ開設。それまで30K位のダイアルアップ接続だったから、「ADSLなんでさぞかし速くなるんだろう。5M位出るかな?まあ2M位でオッケーとするか。」なんて期待していた。で、開設後に速度を測ってみると、これがなんと500K。「おいおい1Mも出ないのか?」とガッカリしつつも、それでもこれまでと比べると10倍以上速くなってるし、念願の常時接続で電話代を気にする必要がないというのはとてもイイものだと(他のヒトタチの”つながらない”だの”4M出てる”だの悲喜こもごもの話を耳にしつつ)それなりに満足して使っておりました。

で、翌2002年の夏、カミさんの実家に遊びに行った一週間の間、念のため(何故?)にモデムの電源を切っておいた。(電気代が勿体なかったのか、オレ?)で、帰ってきて早速メールチェックしようとしてもモデムがリンクしない。しても遅遅でダメ。なもんで、YBBサポートセンターに電話してイロイロと状況を説明していると、担当のニーちゃんが(親切だが、マニュアルを読んでるのが判る)、「それならばリーチDLSというのがあるので、そちらにしてみればいかが?」と言う。オレは繋がりゃこっちのものよ、とばかりにいきなりリーチDSLに切り替えることにした。で、このリーチDSLを使い始めると、下りが600K位で安定している(つーことはそれ以下にならないが、それ以上にもならないということ)ので、まあイイかと今年まで(途中、2005年春にはそれまでリーチDSLではサービスしていないとばっかり思ってたBBフォンが実はサービス開始されていることを発見して、モデムを送ってきてもらったりしたが)ず〜っと使い続けてきた。

で、突然、今年1月になって「回線は早いほうがイイ」と思い始める。きっかけは娘が東京ディズニー・リゾートのサイトを見るとき、アトラクション紹介の動画がちゃんと動かなかったから。「ううむ、これではダメだ。」と突然思い立ち、新サービス契約を検討するも、自宅は基地局から約3.5km離れており、伝送損失は46db。「そうなると、やっぱ光だよなぁ。」と思うものの、一戸建てでいきなり契約費用が倍近くになるのはちとツライ。で、地元電力会社がやってる光サービスは今なら工事費無料の一年間割引あり!(なので安い)との謳い文句に誘われて、パンフレットを集めたりサポートセンターに電話したり、知り合いからの情報を集め始める。その割引サービスは1月末までに申し込みされた方、というものだったので少し焦りながらイロイロ調べるものの、YBBをヤメると出張時に便利な公衆無線LANサービスが利用出来なくなる事(最近はJRの新幹線が止まる主な駅やマクドナルドで利用出来るのでさらに便利に)、外から引っ張ってきた光の終端をどこに置いて、モデムはどう置いて、なんて考えるのがめんどくさくなってきた事、NTT契約をどうするのか、それから光サービス自体が今ひとつ”らしい”という情報をいくつかみつけたことなどあって、結局断念することに。だが、そのまま引き下がるのはツマラナイ。で、どうしよう。

その時突然思い出したのは、近所の人が「××さんとこはYBB?(××とはオレの事)ウチもYBBですけど、○○M出てますよ。(○○の値は忘れた)」と言ってたこと。ソコンチはウチの二軒隣で、そこでM単位の速度が出るならば、うちでもそれなりに出るはず。今のままではない、きっと。」と根拠のない自信だけで、再び調査を開始する。おもな調査源は2ちゃんねるのスレッドだったわけですが、そこでの書き込みを読むと「YBBの8Mはクソだが、12Mのサービスはまずまず。リーチDSLからの移行ならばとりあえず12Mがイイともうが、どうよ。」というのがあり、26M、54Mはチョットね(今より遅くなるリスクもあるし、値段もそれなりに高くなるし)と思ってたオレの琴線に触れるものがあり、12Mの乗り換えることにして早速申し込む。結果、申し込んでから約1週間で新サービスが開始されたのでした。

その新サービス開始が昨日で、届いたモデムを旧モデムと繋ぎ替えて接続テストしてみる。今度のモデムはルータ機能付きとのことで、それが前にも書いたけど、ウチは無線LANルータ同士で通信させて1階と2階を結んでるんでそこら辺の環境にどれくらい影響があるかがちと心配だった。

結果、試行錯誤の末に接続は成功。速度も下りは1.3M位になって、これまでの約2倍の速度。決して威張れる様なモンでは無いけれど、東京ディズニー・リゾートのアトラクション紹介動画もちゃんと再生されるようになりました。また、毎日更新されるPodcastingコンテンツのダウンロード時間も短くなったのが嬉しい。

で、接続までの試行錯誤はまた今度書きましょう。今後も環境を少しずついじってチューニングするだろうし。

|

« SuperBowl XL Second Half(Final) | トップページ | トリノオリンピック »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

すー太郎さん、コメントありがとうございました。
伝送損失が同じくらいで基地局からの距離がうち以上にもかかわらず、3Mちかく出てるとはうらやましい限りです。

もっともうちはモジュラーが1階と2階の両方にあったり、PCまでの経路がモデムから無線LANルータへ、そこから無線でまた別の無線LANルータへ繋いだりといろいろヘンテコな事をしていますので、末端のPCで1M出れば御の字かな?なんて思っております。

これからまたいろいろといじってゆくことになると思います。またコメントがいただければとても有り難いな、と思っております。

投稿: 極私的視点管理人 | 2006/02/07 23:41

はじめまして、こんにちは。
色々あったようですが速度アップおめでとうございます。ぼくも速度やリンク切れには悩みましたが、結局現在、アッカ、nifty、3Mbpsで安定しています。伝送損失が46dBと言うことがコメントのきっかけになりました。ぼくのほうは線路長5.05km、伝送損失47dB、リンクは2.5Mbps位は出ています。光はまだまだ先のことになりそうですが、ADSLでもコンテンツさえ良ければ充分使えるツールですよね。では失礼します。

投稿: すー太郎 | 2006/02/07 22:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/8549362

この記事へのトラックバック一覧です: YBB クロニクル(前編):

« SuperBowl XL Second Half(Final) | トップページ | トリノオリンピック »