« 選抜高校野球 | トップページ | 結婚おめでとう! »

インテルMacでウィンドウズが動くソフト「Boot Camp」を発表

Windows Vistaの発売延期を受けて、攻勢にでたな、アップル。

今のWindowsマシンを3年近く使い続けているオレなんか、次に新しいマシンを買うとすればMacにする可能性大!

で、基本機能はWindowsXPで十分。でも、細かい設定はどうでもいいけど使いやすくてかっこいいGUIがイイというのと、これまでのデータは有効活用したいというユーザは、Macを選択する可能性が高くなるため、ハード自身の売り上げがシフトする可能性が大きくなることと、Vistaへのシフトが鈍化する事が予想される。

ヘビーユーザのシフトはなかなか難しいだろうけど、これまでも何度も書いてきた「フツーのユーザ」や「初心者のみなさま」は一気に流れる可能性あり。キーワードは「家電量販店がどれくらい気合いを入れてMacを売るか」に掛かっているでしょう。ココが一番のポイントかもしんない。

アップルのリリース通知をよむと、Windows on Intel Macで必要なものに”single-disc version of Windows XP Home Edition or Professional with Service Pack 2 or later”というのがあるが、コノ”single-dics version”というのがオレには具体的にどんなものかがよくわからないんだけど、PC添付ではないWindowsXPという意味だとすると、別途それに3万近く払うのはナー、という気もする。なので、これまでハードディスク単体や極端なハナシねじ一本でも買えば”ハードウェアバンドル版だぜ”と言い張って安い値段で売ってきたように、Intel Mac自体を”コイツはディスクですよぉ”と強引に言い張って、バンドル版価格での販売、あるいは一気に”サービスのオマケ”として添付すればいいんじゃない?マイクロソフトとしてはOS自体はドンドン出荷されるんで、損はしないだろう。アップルがVistaにも対応を宣言すれば、Macシフトはより加速されるだろうし、Vistaが売れてゲイツも喜ぶ!?。

いずれにせよ、家電量販店やパソコンショップがどう出るかがポイント。この機能が標準バンドルされる新OSは今年中に出荷されると考えられているから(Boot Campのリリース記事に、”新OS“Leopard”は8月にお披露目する”と書いてある)、Vista景気に期待して裏切られた量販店などには救世主なのかも知れない。

なにはともあれ、”やったな、スティーブ”

ネタ元はこちらと、こちら

IntelMacを持ってるヒトはこちらからダウンロードして、すぐに使ってみてくだされ。

|

« 選抜高校野球 | トップページ | 結婚おめでとう! »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/9454690

この記事へのトラックバック一覧です: インテルMacでウィンドウズが動くソフト「Boot Camp」を発表:

» MAC(マック)でGyaO(ギャオ)の再生は?「Boot Camp」「Parallels Workstation」 [動画情報ウォッチング]
MacintoshでWindows XPを起動できるようにする「Boot Camp」を米Apple Computerが公開したことに対し、国内PCメーカー最大手のNECの担当者は4月11日、「現状ではサポートがなく、一般への普及は難しいのでは」という見方を示した。 Boot Campは、Appleが5日にβ版を公開し..... [続きを読む]

受信: 2006/04/18 22:53

« 選抜高校野球 | トップページ | 結婚おめでとう! »