« 結婚おめでとう! | トップページ | 小沢一郎氏と靖国問題 »

DVD「ハウル」と「インクレディブル」

Photo
Photo_1
宮崎作品は好きでよく見てたんですが、「千と千尋の神隠し」でちょっとガッカリして、この「ハウルの動く城」」は観てませんでした。で、DVDで借りたわけですが、どうだったか?

ううん、映像は素晴らしい。さすが宮崎監督と言うべきか。お得意の空中描写は健在で、あの空気感っていうか、ふぅんわりと飛ぶ感じや空中の風を感じさせるサマは他の作家ではなかなか描けませんね。宮崎アニメの真骨頂と言うべきでしょう。

が、脚本はどうか?これがちっとも感情移入出来ない。登場人物らの気持ちが分からない。「何でそんなことしてるの?」という感じ。ダメダメです。映像が素晴らしいので、思わず見入ってしまいますが、なぜ登場人物がそんな行動を取るのかが分からない。なので、ダメダメです。嘘でもいいので、納得できる嘘をきっちりついて欲しい。とても残念だ。

さて、一方、ディズニー&ピクサーの「Mr.インクレディブル」です。こちらのストーリーはもう目一杯わかりやすい、ハリウッド調。何も心配いりません。登場人物らは色々と悩んでたりしてて、それがそれなりに観てるこちらも困った気になったりして、悪くありません。ストーリーはご都合主義なんだけど、登場人物らがそれぞれに魅力的で(オレ的にはインクレディブルの友人のフリゾンがいい)、いかにもアメリカンなノリがとても気持ちいい。

ストーリーはご都合主義の典型的ファミリー主体のハッピーエンドなんだけど、物語の設定がまたおかしくて、大嘘を本気で考えて、おもしろがっているスタッフの顔が見えるようだった。

映像的のはもう凄すぎてびっくりした。ちょっとテカリがあって、なおかつ生地感を感じさせるインクレディブルのスーパースーツや女性の髪の表現など、もう実写に見まがう位のクオリティ。それから驚いたのは、炎と水の表現。水はもう少し的な部分もあったけど、炎にはびっくりした。スゴイね。「トイ・ストーリー」でもぶっ飛んだけど、あれは人形たちが主人公だったからまだよくて、人間の表現は今ひとつだった。それがあれからの技術進歩のたまものでもう凄すぎ。

図らずも今回は日米のアニメ対決になってしまいましたが、映像的なモノを比較すると、それぞれの良さがありーので、引き分け。が、ストーリーという意味では、断然楽しめる「Mr.インクレディブル」の圧倒的な勝ち。この映画の映像表現って、かつて日本のアニメが一生懸命やってたのをお手本にしてるんじゃないのかな?その中にはきっと宮崎駿作品も入ってると思う。昔からのファンだったオレとしては、こ難しいテーマでストーリーをこねくり回したりするんじゃぁなくて、単純な追っかけを中心にした、ボーイ・ミーツ・ガールものが観たい。「高い塔にとらわれたお姫様とそれを助けようとする王子様の活躍」をお得意のアクションシーン満載で見せて欲しい。

古くからの宮崎アニメファンは「21世紀のカリオストロ」を観たがってると思うよ。(ナウシカでもいいけど)

「アクションが描けない宮崎駿は、ただの白髪のじーさんだ」(森山周一郎氏の声で)

最後に、オレとしては、ミラージュがとても魅力的で好きです・・・。

|

« 結婚おめでとう! | トップページ | 小沢一郎氏と靖国問題 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/9497910

この記事へのトラックバック一覧です: DVD「ハウル」と「インクレディブル」:

» 映画「Mr.インクレディブル」 [朕竹林 ~ネットはテキストだ~]
監督:ブラッド・バード 声優:  ピクサーCGアニメ。予告編で観たとおり面白かった。大人も子供も楽しめる作品であろう。日本人には作りにくい思い切りのよさがいい。「スパイキッズ」を見る暇があったらこっちを観るべし。  欲を言えば一人一能力で、最後に意外な組み合わせ技で勝利するというのが望ましかったのだが。... [続きを読む]

受信: 2006/04/16 20:57

« 結婚おめでとう! | トップページ | 小沢一郎氏と靖国問題 »