« W杯日本代表 選出される | トップページ | ハリー・ポッター最新作 発売開始 »

キッチリと責任を取れ

広島で小学生を殺したペルー人の裁判が始まったとのニュース。

精神鑑定だの責任能力の有無だのご託を並べるんじゃぁない。まずは結果に対する責任だ。

”たまたま”手が首に掛かって窒息させてしまったので殺意はなかった、なんてイイワケにすぎぬ。そんなモノは認めない。人の命を奪ってしまったという事には間違いない。その点を重くみよ。殺意の有無は量刑の(多少の)軽重にのみ影響を与えるべきである。

「女の子を殺してしまったが、殺意はなかった」なんて全くイイワケにもならない。殺意があろうとなかろうと殺したことには変わりない。

山口県で主婦とその幼い子供を殺しておいて、裁判でウダウダいってるヤローがいるが、少年だろうが何だろうがきっちり責任をとらねばならぬ。首の絞め方なんてのは些細なことだ。仮に”たまたま”首に手が掛かってしまって結果 窒息させてしまったとしても、ソコに至るまでの状況にはイイワケの隙はないだろう。

死刑にすべきかどうかって言う問題は残るにせよ、「精神状態が・・・」なんてイイワケは絶対許さん。「法律で決められているから・・・」なんて言ってないで、そんな法律なんてものは変えちまえ!

|

« W杯日本代表 選出される | トップページ | ハリー・ポッター最新作 発売開始 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/10088262

この記事へのトラックバック一覧です: キッチリと責任を取れ:

« W杯日本代表 選出される | トップページ | ハリー・ポッター最新作 発売開始 »