« 赤と黒 | トップページ | 名古屋駅前(トトとジーダス決戦場) »

亀田批判

最近、このブログを訪れる人は「亀田」「批判」「ヤオ」などというキーワード検索からというパターンが多いようだ。

確かに5月5日の試合はダメダメだったが、あれって決してヤオではないと思うぞ。

あれは相手が弱すぎたって事だけだ。(弱すぎる相手と試合を組んだって事だけだ)

オレ自身、亀田長男はそれなりに強いと思うし、他のブログを参考に5日の試合を見直してみると、コレまで指摘されてきた欠点(ジャブが打てない。横の動きがない・・・)といった部分を修正してきているようだ。

なので、アノ試合はヤオという観点で語られるよりも、「マッチメイクが作為的すぎ」という点で批判されるべきだろう。コレまでも何度も書いているように(そして他のブログでも多く書かれているように)、キチンと育てて世界チャンピオンを狙って欲しいと思う。悪いのはジムと親父とTBS。

で、次男ですが、これは甘やかされすぎの小僧という感じで、強いのか弱いのかよく分からない。コレまで3戦戦ってきたが、すべて相手が弱すぎ。あまりいい気になってると(ならされていると)しっぺ返しが怖い。2試合目は判定になったりしてるし、あまり「連続KO!」と威張りすぎない方がよいと思う。(パフォーマンスとしては面白いが)

次男については、長男も6日のインタビューで「あの試合はあれでよかったんちゃう?」という微妙なニュアンスの発言をしてた。つーことは、長男も「次男はもう少し修行すべき・・・」と心の中で考えているのかもね。

いずれにしても、ジムと親父とTBSは兄弟の事(三男もいるし)を本気で考えるならば、もう少しじっくり育てるべきだと素人のオレとしても重ねて思うぞ。 いじょう

|

« 赤と黒 | トップページ | 名古屋駅前(トトとジーダス決戦場) »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/9998124

この記事へのトラックバック一覧です: 亀田批判:

« 赤と黒 | トップページ | 名古屋駅前(トトとジーダス決戦場) »