« ジーコ・ジャパン | トップページ | Office2007 Beta2 »

DVD「パッチギ」を観た

井筒監督作品で、昨年の映画賞を多く獲得した「パッチギ」を観た。これまたTSUTAYAでレンタルしたんだけど、レンタル開始からしばらくはいついっても在庫がない状態で、今回たまたまイッコだけ残ってたのを借りたって訳です。

で、感想。

まあ、暴力シーンはちょっと観ててつらいもんがありましたな。ただし、コメディ仕立ての演出だったので、多少毒が薄まってまだ観れた。ここら辺の演出は「岸和田少年愚連隊」と変わっておりません。が、当時 実際にこんな感じだったんでしょうね。(オレはもう少し時代が下った世代なので、直接は知らない)時代ということになれば、登場する小道具類も当時のデザインのものにこだわってるのがわかるし。井筒監督はラジオ番組でも「当時の生地でできてる学生服を大量に用意するのが大変だった」と話してたよ。

さて、映画全体なんですが、よくできたコメディで友情物語で大変おもしろく観ることができました。ヤフーの映画サイトを見てみると「自虐史観でけしからん」とかいう意見も多く観られたけれど、当時の状況を舞台にするためには朝鮮高学生らをメインに、日本の高校生を狂言回し的に配置するのが一番のやり方だったと思います。物語も盛り上がったしね。

以下、ネタバレあり

で、この映画、ラストはハッピーエンドで終わるのですが、これはまあしょうがない。オレはラストでキョンジャが日本人学生とのケンカに巻き込まれてしまうという、バッドエンドになってしまうのではとハラハラしてみてたけど、そんなことはナシ。大乱闘も結末は「引き分け」というオチで丸く収まってた。まあ、コメディというか青春劇という方向性で演出してるのならば、やっぱラストはハッピーエンドでなければという事でしょう。

テーマ自体も重たいものだし、あまりにまじめに演出してしまうと、とてつもなく暗くて重い映画になってしまうのを、うまく離陸させたと思います。そこが批判される点かもしれないけれど。

出演の役者さんたちもみな自然でよかった。大阪弁の映画だったけど、独特のニュアンスや雰囲気があって楽しめましたね。特にオダギリジョー。なかなかイイ感じ。あの時代、ああいう風なボンボンが確かにいた気がする。
それから登場する女性陣はみな魅力的でしたね。康介がキョンジャを好きになるの分かるなぁ。

音楽も良かった。音楽担当は加藤和彦氏で、ラストの「あのすばらしい愛をもう一度」なんてとても良かった。映画自身、「イムジン河」や「悲しくてやりきれない」などのために作られたようなシーンが出てくる。あの時代の端っこでも知ってるオレとしては、カンドーしてしまいました。登場人物のセリフの端々にもあの時代の流行語や、関西独特の言い回しがあって一人ニヤニヤしてしまいました。東高の先生も、あの当時のレフトサイド寄りの教師を大げさにしたのだろうし。(またその教師が結局、ヒモになるのも強烈な皮肉か?)

最後に、登場する朝鮮人古老が「日本人は何も分かっちゃいない」と康介に対して怒りを表すシーンがあり、その点をさして「日本人ばかりが悪いわけじゃぁない」との反論が出てくるみたいです。オレも「日本人だけが悪い訳じゃなくて、おまえらだってどうよ」とか「祖国って本当にいいところなのか?」とかいろいろと思ってしまった。が、頭を切り換えて主人公を第二次大戦頃のアメリカに住む日系人にしてみたらって事を思った。すると立場が変わってくるね。オレが育った地区の近所には、在日の人たちが多く住んでる場所があって、小中学校と同級生もたくさんいて、仲の良いやつもいたからオレ個人は在日の人に対する差別意識は薄いと思う。(個人に対してはね。国としてはまた別)確かに、その地区に住んでたワルもたくさんいたから、そんなやつらとはお近づきにはなりたくなかったし、オレの親の世代が「あの人はチョウセンだから」というようなことを話してるのを聞いたこともあって、いやな気持ちになったりしたこともある。

まあそんなオレ個人の事情もあったりしながらつらつらと考えてみるに、この映画も前に観た「クラッシュ」と一緒で、みんなお互い理解しあおうとするけれど、本当に理解しあえるかどうか分からない、という部分を表してるのかなーとも思いますね。監督が意識してなかったかもしれないけれど。これは在日問題だけではなくて、同じ日本人といわれる人々の間でも、「あいつは・・・だから」なんて普遍的にある意識なんでしょうか。

いずれにせよ、なかなかおもしろい映画ですよ。暴力シーンがたくさん出てくるので、それが嫌いな人にはペケでしょうし、親子で楽しく観る映画でもありません。が、何かちょっとくらい考えられるようになるかも。もっとも、この映画を観るだけで、在日の人々とすっかり仲良くなれるとは思わないけどね。

乱文ご容赦ください。

|

« ジーコ・ジャパン | トップページ | Office2007 Beta2 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/10229135

この記事へのトラックバック一覧です: DVD「パッチギ」を観た:

« ジーコ・ジャパン | トップページ | Office2007 Beta2 »