« ジェフ千葉 オシム監督の日本語通訳のヒト | トップページ | ココログ だめだ »

最近のスニーカー事情

「めざましテレビ」で今年夏のスポーツ各社スニーカー新作を紹介してた。

まあ、営業努力として様々なデザインのものを出すのは当たり前だし良いんだけど、かつてのスニーカーファンであったオレとして許せない事がある。

オレはアディダスファンで、スーパー・スターやスタン・スミスといった名作スニーカーには今だに憧れ的な気もちを持っている。

今年の新作モデルをみてみるとそんな名作をいじくり回して”ヘン”な靴を作り出してしまってい、それに名作の名前をつけていた。

情けない。親の七光り作戦か?!(ちょっと意味が違う?)

オレの時代のアディダスはプロスポーツ選手の意見を取り入れた優れた機能とデザインのシューズをそのプロスポーツ選手名前を冠したシューズを作り(テニスシューズが多かったね。S・スミスもそう。古いポパイを引っ張り出せばたくさん見つかるでしょう)、プロ用のシューズはほとんどがドイツ製かフランス製で価格が高く、そういった意味でも憧れであった。

それがどうです?製造地がアジアに移って安くなって、デザインは(ほぼ)同じだけど、あのかつてのシューズが持ってた雰囲気はなくなってしまった。

で、とどめに名前だけ利用してデザインを大幅に変更する。

新しい製品を作って消費者にアピールするのはいい。でも、いいものはいいものとしてキチンと作り続けて欲しい。

かつてのスニーカーファンだったオレはそう思うぞ。

|

« ジェフ千葉 オシム監督の日本語通訳のヒト | トップページ | ココログ だめだ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/10781841

この記事へのトラックバック一覧です: 最近のスニーカー事情:

« ジェフ千葉 オシム監督の日本語通訳のヒト | トップページ | ココログ だめだ »