« 欲しいモノ求めてさまようけれど・・・ | トップページ | 王と長嶋 »

しっくりくるペンは

油性のボールペンより水性のが好きで、これまで会社で使ってきたのはボールぺんてるだったんだけど、最近はデザインに惹かれて買ってしまったスタビロの水性ボールペンを使っております。が、こいつはインクがたっぷりと出て、それは大変書きやすいんだけど、それにしてもインク出過ぎ。ラミーのティポを使ってみたけれど、こいつもインクがたっぷり出てくる。海外製のローラーボールってみんなたっぷりインクが出るのかな?それは”オレには一寸ね”なので、やっぱりボールぺんてるに戻った方が良いかなぁーと考えております。

無印のペンも悪くないけれど、やっぱり書きやすく適度な太さでさらさらと書けるボールぺんてるが一番使いやすいような気もする。(安いので気にせず使えるし。あの味も素っ気もない緑一色のプレーンなデザインも使い続けてみると案外良い気がするし)

ちょうど一年前くらいから、文房具に興味を持ちだしていろいろと使い始めたんだけど、一年たってまたまた虫が暴れ始めたのかな?(家でも飼ってたカブトムシが成虫になったしね)

文房具ファンの人のブログなどに、会社で万年筆を使ってるなんて事が書いてあったりするけれど、あれってどうなんでしょう。オレも使ってみようかなー。でも乱暴に使えないし。床に落としたら壊れそうだし。どんなもんなんでしょうか。

|

« 欲しいモノ求めてさまようけれど・・・ | トップページ | 王と長嶋 »

「文房具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/11084422

この記事へのトラックバック一覧です: しっくりくるペンは:

« 欲しいモノ求めてさまようけれど・・・ | トップページ | 王と長嶋 »