« 亀田大毅がまた勝った | トップページ | 705SHに機種変更 »

女流作家「子猫殺し」 ネット上で騒然

Livedoorニュースから。

作家の板東眞砂子氏が日経新聞に書いたエッセイで「私は生まれた子猫を殺している」と書いて非難囂々である。

オレもBBSをのぞいたが、擁護意見は見つからない。

まあ当たり前の反応か、とも考えるし、オレとしてもこういった行動は生理的に受け付けない。

猫の立場になっての避妊手術などについて板東氏の思いを書いてはいるが、どうにもイイワケじみているし、説得力は感じられない。

そんなことを考えつつ、ではコレが子猫ではなくてゴキブリだったらどうなんだ?ということを考えてみた。

タマゴからうじゃうじゃと生まれてくるゴキブリの赤ちゃんを片っ端から踏みつぶしたり殺虫剤かけたりして殺したことを告白しても、今回のような非難はなかっただろう。

が、ひとつの生命として考えたときに、そこにある「命を奪う」といった行為について、猫でもゴキブリでも本質的な違いはない!と主張するヤツが出てきてもおかしくない。

まさに板東氏の主張はそんな感じであるとの印象を受ける。

確かにそうかもしれないけれど、”それをいっちゃぁおしまいよ”(寅さん風に)的な極論でありますね。

この世の中、いわゆる常識とか共通認識とか暗黙の了解とか社会が円滑に動いてゆくための、それなりに心地よく過ごしてゆくための不文律ってモンがあるでしょう。

今回の問題はそれを思いっきり逆撫でしたってことですな、と思ったわけです。

いずれにせよ、これは肯定できないことだし、オレは彼女の行為と考えを非難し拒否する。

|

« 亀田大毅がまた勝った | トップページ | 705SHに機種変更 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/11548639

この記事へのトラックバック一覧です: 女流作家「子猫殺し」 ネット上で騒然:

« 亀田大毅がまた勝った | トップページ | 705SHに機種変更 »