« まるで映画のような | トップページ | ”クラッシュ” DVD »

(水金地火木土天海)-”冥”

冥王星が”惑星ではない”と決定されたそうだ。

エライ学者先生らからすれば、「惑星の定義から外れるならば、それは惑星ではない」という実に科学的な筋の通し方をしたと、今回の結果をオレは評価している。

コレが日本人ばかりの学会なんかだと「まあ、いままで9個だったんですから、コレを急に8個にするのはねぇ・・・」なんて事なかれ主義の雰囲気前提で今回のような結論を出すことはかなったと思うぞ。

オレも正直言って「ちょっと惑星の規格から外れるからって、いまさら惑星じゃないっていわれてもねぇ・・・。惑星でも別に誰も困らないしいいじゃん。」なんて思ってしまいますね。そんなこと想いはするものの、冥王星が惑星じゃなくなってもちっとも困りはしないけどね。

で、このことがニュースに取り上げられるとき、いろんな人にインタビューしてて、その中で「語呂が悪くなって覚えられない」とかいうヤツがいる。で、オマエはそんなに一生懸命太陽系の並び順を覚えてたのか?で、冥王星が外れることで何か困ることがあるのか、えぇ!といいたい。受験勉強がどうのこうのとか、教科書がどうとかいろいろといってるが、冥王星がなくなったわけじゃぁないし、冥王星の存在を知って「あれは××っていう理由で、2006年に惑星じゃないって決められたんだ」という知識があればイイじゃぁないか。別に教科書から削ることはない。それよりも、今回の経緯をキチンと記述するほうが大切。

最後にこの話題で占星術師にインタビューしてたけど、ワケ分からないこといってて大笑いした。

曰く「惑星から外れてもしばらくは余韻がのこるから、明日から運勢が変わるってことはない」「冥王星は争いを司る星だって思ってますので、これからは戦争がなくなると私は思います。」

凄い論理だな。なら、地球上から戦争を無くすためには冥王星よりも火星を惑星から外せばよい。冥界の王より戦いの神を外すべき。

まっ、ショージキいって冥王星が惑星でなくなっても、オレには全く影響はないってことですね。

ネタ涸れの8月には良いニュースかもしれないな。

|

« まるで映画のような | トップページ | ”クラッシュ” DVD »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/11606547

この記事へのトラックバック一覧です: (水金地火木土天海)-”冥”:

« まるで映画のような | トップページ | ”クラッシュ” DVD »