« ”クラッシュ” DVD | トップページ | ディスクが逝ってしまいました(泣) »

ネット情報「ウソ発見器」 総務省が開発へ

朝日新聞ニュースから。

勝谷誠彦氏のブログで知った。氏もかなり怒ってる。

霞ヶ関の役人がここまでバカだとは思わなかった。こんな事して意味ないじゃん。

ってか、玉石混淆の情報から有用な情報を選択する能力こそ磨くべきだ。便所の落書きにも真実はあるし、誰かの恣意的な介入により、発言が制限されたり正しくないとレッテルを貼られることはとても危険な事だ。真偽判定基準を作る人の意識でどうにでも判定されるわけだし。

話は変わるけど、こんなニュースを読むと、グーグルを作ったヒトタチの「有用な(ってことは、正しい情報であると判定されたってことかな)情報はたくさんの人から参照され利用されつづけられ、そういった情報以外は破棄されるべきである。(<だいぶ大意)」って考えは正しくてこっちの方がよいと思うぞ。

|

« ”クラッシュ” DVD | トップページ | ディスクが逝ってしまいました(泣) »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/11625711

この記事へのトラックバック一覧です: ネット情報「ウソ発見器」 総務省が開発へ:

« ”クラッシュ” DVD | トップページ | ディスクが逝ってしまいました(泣) »