« ほぼ日手帳 2007 | トップページ | 「東京奇譚集」読了 »

「きっこのブログ」ですが

超有名なブログで「きっこのブログ」ってのがある。皆さんご存じでしょう。

で、世の中の様々なことについて裏情報(らしき?)ものを交えながら辛辣な内容を書いてるのを、オレもちょくちょく読んでた。で、そんなきっこのブログで9/6に一度掲載された記事が突然差し替えられたことで様々な憶測や批判が出てきているとのニュース。

記事はすでに差し替えられているので、今は直接読めないけれど、世の中よくしたもんで内容をコピペした人がそれを公開している。で、ブログを読んで、問題になるだろーなーと思えるものとしては、秋篠宮妃紀子さまのご出産に関しての部分。いわゆる都市伝説だといわれることを事実のように書いているのが、一部ライト・ウィングの人々の逆鱗に触れることは想像に難くない。

このきっこのブログは、これまで「実はこういうことらしい」という世間一般の噂レベルの話を、さも裏付けがあるように書いてきた。(実際、裏付けのある事もあるだろうし、ないものもあるだろうけど)で、それらの内容について読んでるオレたちは「そんなんだったら、おもしろいなー」とか「そうに違いない」とか喜んで読んでた。(ある意味、「噂の真相」廃刊後の新たな「噂の真相」として)社会人としてまともに発言してはちょっととはばかられるような内容や、「それを言っちゃぁおしまいよ」というような内容のものもあった。ブログに書かれた内容が真実ならば、まさに今回問題になったブログのタイトル「みて見ぬふりの国民性」という批判をするに値する(んじゃないかと思える)内容だったのです。

で、今回の内容。「みて見ぬふりの国民性」と大上段に構えて書くならば、そのみて見ぬふりをしているっていう状況の要因としての事象は”事実”でありべき。その”事実”を「みて見ぬふりする」日本国民(きっこ氏自身も含めていたけど)に対して、「いいのかそれで」という問題提起するならばわかる。(たとえば、裏金作って挙げ句の果て”燃やしました”などとウソをつく公務員に対して、みて見ぬふりをせず、なんでもっと大声で文句を言わないのか、なんてね)そうしなけりゃ筋が通らない。仮に、それらの事を書く場合、その対象を「たとえ話」としてするとしても、今回はあまりに題材が不適切である。

で、今回の内容差し替えについて、きっこ氏がその理由を回答しているわけだけど、それってのが「間違って下書きの記事を公開してしまった。」というもの。つーことは、下書きじゃぁない正式なものが後日アップロードされるってことだなとつっこみたくなる。(オレの勘では、アップロードされることはないだろうけどね。)

もっと言えば、書かれた内容の真贋については全くふれられてない。今回の問題の本質は誰がみても(みて見ぬふりをしているけど)紀子さまのご出産についての記述であることは明らかだ。その点についてきっこ氏は”間違いがあったら直すだけ。過去、様々な内容を直してきたけど、それらについていちいち回答はできない”といいわけしるだけで、問題の本質(であると誰もが思っててみて見ぬふりしている部分については)何も語ってないのは不自然であるね。(もしかして、問題の本質は亀田選手の部分かな?)

いずれにせよ、誠に不明瞭な経緯であり、このままでは「いままでエラソーにいろいろと書き散らしてきてるけど、結局自分の都合の悪いことはみて見ぬふりの知らんぷりなんだな。」ということになってしまう。これまで一定の影響力って言うか反響をもって迎えられた「きっこのブログ」も一気に尻すぼみで、書いてることに全く説得力を失ってしまうだろうな。

で、結局のところオレとしてきっこ氏は今回の記事については、「真実はどうにせよライト・ウィングの人々に何らかの抗議をうけ、ビビってしまった。」ということだと思ってしまいました。もしそういった事実がなければ、「それは違う」と明言すべき。

ブログでオレみたく当たり障りのないことだけを書いてて他に影響がほとんどなければ、内容削除というようなことまではゆかないだろうけど、有名サイトはそれなりに気をつけて、事実に沿った事象と意見を明確に分けて書く必要があるね。で、意見を書くならばそれに対する反論も受ける覚悟も必要。そういった根性がなければ、運営はなかなか難しい。それくらいの覚悟がなければブログを書くのもやめた方がよいと思うよ。他人の悪口やごく個人が特定できるような内容は危険。インターネットは町中と一緒で、何気なく話している内容を誰が聞いててどう思って、どう反応するかって事は想像できないし。だから、細心とまでは言わないけれど、十分注意をする必要がある。

まっ、今回のことは、「いろいろイバってても、結局きっこもヘタレだな。」とか「ライト・ウィングの人々はやっぱり怖い」という印象をブログ界およびその周辺の人々が受け取ったってことでしょうか。

やれやれ(村上春樹風に)

最後に、今回の削除されたきっこのブログにかかれた、紀子さまご出産に関する事が仮に事実であるとすれば、その非難や批判は皇室の方々に向けられるのではなくて、ご懐妊や男子出産を政争の具にしようとしたり、自分たちの利権獲得に利用しようとしたりするヤツラに向けられるべきだ。そんな今の皇室は不遜ならが、とても気の毒に思えるね。

|

« ほぼ日手帳 2007 | トップページ | 「東京奇譚集」読了 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

higasitoyokazu様、コメントとTBありがとうございました。

TBの件、一件残して削除させてもらいました。

つまらぬ事をだらだらと書いていますが、また感想などあれば、コメント&TB よろしくお願いします。

投稿: 極私的視点管理人 | 2006/09/10 10:08

それから、管理人様。不慣れなためにTBうまくいきませんでした。おそれいりますが、重なったものは消去して頂きたく思います。
申し訳ございませんでした。

投稿: higasitoyokazu | 2006/09/10 08:39

管理人様。はじめまして。

ほんとに、やれやれといったかんじですよんね。

TBさせて頂きたいのですが・・・。

スクリーンショットの無断使用について書きましたのでよければ読んで下さい。
http://blogs.yahoo.co.jp/higasitoyokazu/19326152.html

投稿: higasitoyokazu | 2006/09/10 08:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/11812444

この記事へのトラックバック一覧です: 「きっこのブログ」ですが:

» 「スクリーンショットの無断使用が何故いいの?」〜「きっこの日記」スクリーンショットの無断使用に対する正当性〜 [偽善者キツィこのブログ]
このブログはキッイ こがこの世にいるなら、その人を導く、その人の為のメタファー記事です。 キッイ こがこの世にいるなら、私自身がキッイ ことなって同じ行為を行なう愛情溢れる老婆心ブログなのです。 世の中の、キッイ こに対しての一つのボランティア表現なのです。しかし、実に下らないボランティアです。まぁこのような記事や転載も実に下らない愚行なのでしょうが・・・。ネット上の誹謗中傷や危険な扇動、そして政治や商売に利用されない為には下らないことも必要であるのだと考えます。 しかし、キッイ こ..... [続きを読む]

受信: 2006/09/10 08:26

» 祝!!「きっこの日記」白夜書房から出版! [偽善者キツィこのブログ]
font color=black size=4bおめでとうございます。きっこさん。そして「きっこ日記」フリークのみなさん、並びに「きっこ日記」信者のみなさん。 私もブログ仲間として嬉しいです。 「きっこの日記」(きっこのブログ)が白夜書房から出版されます。 予約締切日 2006年9月26日で、 発売予定日は2006年10月10日です。 裏家業の方も、左巻きの方も是非、ご購入ください。 出版物についての問い合わせ・連絡..... [続きを読む]

受信: 2006/09/13 03:12

« ほぼ日手帳 2007 | トップページ | 「東京奇譚集」読了 »