« 高田延彦がTVに出てる | トップページ | ホットペッパーとスマップ »

つれづれなるままにひぐらし

高校の単位未履修問題で自殺者が出たけれど、死ぬこたぁ無いでしょ、と思う。「こんな制度でキチンとやってられるか!」と怒り出す教師が出てくるべきだし、普段いろいろと発言する組合関係の人々も声を大にして是正に向けて発言すべき。まあ、現在の未履修の問題については、なあなあで終わるだろうね。オレとしてはルールを破ったことはバツだけど、今更さかのぼって云々なんてやっても解決にはならないので(やってもいいけど)、これを機に”じゃぁどうするか”という事をキチンと考えて欲しい。問題の本質がずれて、目の前の結果のみ改修することで結論付けて欲しくないな。

イーホームスの耐震偽装問題ですが、藤田社長は頑張ってるけどマスコミは無視。民主党が隠し球で何かやろうとしてるんだろうか?いずれにせよ、安倍首相の関与問題も含めて、マスコミはきっちりと報道すべき。やっぱり海外メディアが何らかのすっぱ抜き報道をやらねばダメか?

携帯電話のMNPで、ソフトバンクのシステム停止で他2社からクレームとのニュース。”孫さんの事だからわざと?”との憶測も流れるけど、オレとしては”そんなんどーデモイイでしょ”というカンジです。携帯の機種変更ができなくてもなーんにも困らないでしょ?報道ステーションで解説員のヒトが「メガバンク合併時の障害が・・・」なんてしたり顔で語ってたけど、銀行業務と携帯電話業務では根本的に違うでしょ。(もっとも、システムをキチンと期限までに整備できなかったって事は、ソフトバンクの失敗でありそういった事が今後再び起こらないように改善すべきですよ。) ”国民生活に影響が・・・”って部分はわかるにしろ(確かに影響はあるだろう)、現在の携帯電話の使われ方を見る限り携帯が無くてもちっとも困らない。確かに不便にはなるだろうけど、困らない。銀行が機能停止になったら生活できなくなるけど、携帯がつながらなくなっても困らない。そんなモンだと思えば問題なし。が、すでに全く無い世界にはもどれないだろうな、とも思う。が、しかしPCにしろ携帯にしろ、まだまだ”枯れた”製品ではないので、”動けば御の字”という姿勢で利用すべきですな。固定電話のように重要なインフラになるにはもう少し時間が必要でしょう。インターネットも同じ。まだまだ不安定。今のオレの仕事でインターネット環境が無くなると、ほぼお手上げ状態になってしまうほど依存しておりますが、まあ無ければないで、処理に時間がかかったり面倒くさくなったりするけど、それなりに慣れたりもするのかな、とも思いますね。上司から「いつまでかかってるんだ!」って叱責にも「なかなか連絡が付かなくて・・・」なんて良いわけもできたりしてね。

そらから「いじめ問題」。確かに学校や教育委員会などの無責任体質は看過しがたい。が、同じくらいいじめた側の無責任っていうかあまりに責められなさ過ぎな状況も理解しがたい。現在のマスコミ報道を見ていると(当事者が未成年ってこともあるだろうけど)、”いじめ得”とも思える。これはマスコミが悪い。で、そのほかに気になることとしては、被害者の親が学校側を糾弾する場面を取材させるのはいかがなものか?アレって、学校側の言い分を記録するための手段なのか?どうも微妙な違和感を感じますね。

まあ、今回、いろいろと書いたわけですが、これらのニュースをみて気づいたのは「信頼関係ってのが全くなくなってきているな」って事ですね。昔は「プロだから」とか「社会の常識」という信頼感の上でいろいろな事が執り行われていた気がするけど、最近は「プロの仕事が杜撰」とか「他者の立場に立って物事を考えない」とか、他人を信じられない状況が蔓延してきている気がしますね。これまでは「多数の善人と少数の悪人」という図式で社会が成り立ってたと思うけど、今は「少数の善人と多数の悪人」で成り立ってる気がします。そうなれば他社との関係はすべて契約できっちりと結ばざるを得ないし、何かあると訴訟を起こすようになるんじゃないか。アメリカにあこがれてきた日本も”アメリカナイズされてきたって事かな。もっと違う意味でアメリカナイズされたかったのにね。

ながなが書いたけど、意見まとまらず。

|

« 高田延彦がTVに出てる | トップページ | ホットペッパーとスマップ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/12494465

この記事へのトラックバック一覧です: つれづれなるままにひぐらし:

« 高田延彦がTVに出てる | トップページ | ホットペッパーとスマップ »