« 関立戦 試合終了 | トップページ | 関立戦観戦記 2 »

関立戦観戦記 1

月曜日朝イチからの仕事に絡めて行ってきました、関立戦。場所は神戸ユニバー競技場で、収容人員は4万人だそうです。やぱり会場から行って関東とは扱いが違うね。

で、前日から天気を心配してたんだけど、案の定 雨。初めは小雨程度だったけど、途中から風と一緒の横殴りの雨で、着ていたスーツはびしょびしょ。3Qまで座ってみてたけど、流れてくる雨でもスーツが濡れるので途中からは立って観戦することに。

まっ、そんな状況は予想してたんで、できれば屋根のある席で観戦をと考えてた。最寄り駅の神戸地下鉄総合公園駅についたのが試合開始45分前の13時15分ころ。駅は地上にあるので、電車の中から競技場が見える。するとスタンド最上段の通路にも人がかなり立っている様子。少し悪い予感がする。で、駅に降りると競技場に向かって老若男女が続々と歩いている。かなり悪い予感。競技場入り口でも多くの人がたむろしている。もっと悪い予感。

中に入るとその予感が的中し、雨がしのげる場所はぎっしりの人。メインスタンド側はホームチームの関学サイドなのだけど、関学ファンだけもう一杯。バックスタンドの立命館側はメインスタンドよりも人は少ないけれど、それでも雨の中、多くの人が傘を差しながら試合開始を待っている。その時点での目分量で約1万5千人程度の入り(連盟HPでは2万5千人と発表)。こないだの関東学生リーグA・B両ブロックの決勝戦で、満員といいながら約2500人程度なので、東西のフットボールに対する感覚の違いを痛感しますね。約十倍の観客差でした。

そんなわけで、雨がしのげる場所はないかとさまよう内に、電光掲示板下なら何とかなるかとそこに座ることにした。で、座ってから気がついたんだけど、そこではプレークロックは見えるけど、ゲームクロックは見えない。失敗したと思ったけど、雨に濡れるよりはまし。で、試合開始を待つことに。

試合開始に先立って、両チームのディフェンス・オフェンス両方のスターティングメンバーが放送される。関東の場合はどちらかだけだったと思うけど、ご丁寧な事です。その後は、両軍応援団によるエールの交換。見ててなんだかじーんとしてしまいました。

そうこうしているうちにコイントスの結果、関学がレシーブを選択しいよいよ14:00になり試合開始です。で、関係無いんだけど、試合開始前に選手がフィールドに集まって気合いを入れる事がよくある。立命館のそれは隣どうし肩を組み、左右に体を揺らしながら声を上げるんだけど、その右左の具合がちゃんとあってない奴らがいたぞ。強引に体を揺らしてたけどね。一方関学はふつうに声を上げるだけ。まっ、試合開始には歌を歌ってたけど。

さてさて、なかなか試合経過報告が始まりませんが、もう少しですので今しばらくお待ちください。

といいながら、次回に続く。

|

« 関立戦 試合終了 | トップページ | 関立戦観戦記 2 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/12832713

この記事へのトラックバック一覧です: 関立戦観戦記 1:

« 関立戦 試合終了 | トップページ | 関立戦観戦記 2 »