« 関東学生アメリカンフットボールも大詰めに近づいて参りました | トップページ | 黒田 残留 »

日米野球ですが

日米野球が開催されていますが、日本選手の辞退者が多くて大会自体の意義が問われており、来年以降の開催も危ぶまれているとか。そんなこともあって、昔と今では大リーグ(今で言うメジャーか?)に対する日本人の考え方が変わってきたことは事実でしょう。

で、それと連動してかここんところの西武松坂投手をはじめとするメジャーへの移籍希望者が多くて、日本のプロ野球の危機だ、っていう意見がある。確かにそうだろう。良い選手のほとんどがアメリカに行ったりしたら、日本のプロ野球は面白くなくなるだろう。(自前で良い選手を育てたと思ったら、他チームへとられてしまう広島東洋カープのようだ(笑))ならばそれをどうするかっていう議論がされるときに「日本の野球を魅力的に」とか「アジア選手権を行って勝者チームとワールドシリーズの勝者を対決させては」とかいろいろと言われているけど、それだけじゃぁたぶんダメだと思う。

結論としては「ようは、ゼニでっせ」ということ。メジャーにゆく目的の一つには、絶対「給料が高い!」というのがある。人間の根本的なモチベーションの原動力は「欲望」であり、そのうちの大きな一つが「金」であります。(その他は”イロ”ですかな。まっ、プライドってのもあるかもしれない。)だから、ある程度実力が認められている選手は、より多くの報酬を求めて新たなチャンスをつかもうとするのは当然。そして昨今、様々な先駆者の挑戦的な行動によって日本人もメジャーで通用することがわかってきた。だったらやっぱり日本のプロ野球でトップを張ってる人たちはアメリカに行こうと考えるでしょうね。

ならばどうするか(というか、どうなればよいか)?実現の可不可は別にして、ともかく日本での給料をメジャー並に上げるのはいかが?そうすりゃ今の地位をなげうってまでメジャーに挑戦するというような選手は少なくなるでしょうな。給料が下がるかもしれず、また本当に通用するかも不確実なところへ、わざわざチャレンジするのは、これは本当にメジャーで勝負したいといった強い希望と意志をもったヒトだから、そんなヒトにはいくら引き留めたりしてもダメなので、それはそれでしょうがない。

今現在のメジャーへの選手流出問題について語られるときに出てくる「日本野球を魅力的に」的な発想は、まずは「ゼニ」的な条件が日米ともに同等になってからでしょう。

それからもう一つ。かつて、日本からメジャーに挑戦していった野茂やイチローは、多大なリスクを背負って(本当にアメリカで通用するか、しなかったら日本に帰れないかも、といった)いたはずである。が、ここんところ「だめだったら日本でまたやればいい」という感じがある気がする。なので、安易にチャレンジしてダメだったら安易に帰ってきてしまい、誰彼無くちょっと日本のプロ野球で活躍すれば「いっちょ、メジャーでもいってみっぺか」と思ってしまうんだろうね。なので、オレとしては「一度メジャーに挑戦したら、日本に帰ってきてもプロチームとは契約できない」
なんて、背水の陣的な決まり事を作ってはどうかな?と思う。大きなリスクを背負ってでも「オレは挑戦するんだぜ」といった心意気をもったヤロウ以外はメジャー挑戦はまかり成らん、とね。

でもこれって、安倍政権の「再チャレンジできる社会」という方針に反するな。ま、どーでも良いけどね。

|

« 関東学生アメリカンフットボールも大詰めに近づいて参りました | トップページ | 黒田 残留 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/12584534

この記事へのトラックバック一覧です: 日米野球ですが:

» 日米野球第四戦予想易断 [秦 聖龍の徒然易断]
一度でいいから勝ってほしいのだが… 一番の原因はなんなんのか… 得た卦は 地水師 初変 師はいくさの意味です。日本とアメリカのいくさですな。 易経の原文には規則を持って、兵を律せよとでているが… どうも霊感で感じなくても軍「師」である監督のぼやきが影響して選手の士気がなぁ… 正直今日も勝つ見込みは弱いかと… ただ勢いに乗ればよいとかたちは出ていますが… 愛国心の強い私にはイタイ卦です… 不的を願いたい…... [続きを読む]

受信: 2006/11/07 09:05

« 関東学生アメリカンフットボールも大詰めに近づいて参りました | トップページ | 黒田 残留 »