« 関立戦観戦記 番外編 | トップページ | 「Free Hug」 »

関立戦観戦記 その他

いやあ、我がブログの関立戦観戦記が普段以上のヒットがあります。関西地区では深夜とはいえTV放映されるけど、地方在住だと情報は少ない。だから、こんなよくわからない文章で書かれてても、たくさんの人に読まれたのかな、なんて思っております。

さて、試合経過などは既にアップしたとおりですが、そのほかに気づいたことなどを書きましょう。

まず会場。いやぁ、あの雨の中、2万5千人集まるなんてすごいですよ。試合途中から、メインスタンド側はほぼ8割がたの入りで、スタンド下部中央の屋根がないところもかなりの人が傘を差しながら観戦されておりました。

また観客層ですが、関東などはいかにも現役選手といったワカモンやその彼女、友人などとかつてやってたOBおよびその家族、または選手の父兄のミナサン など、いかにも関係者風な人がほとんどですが、関西は違う。モチロンそういった関係者風な人は大勢きてるんですが、それ以外に両校の学生で単純にフットボールが好きな人や学校とは全く関係無くてもフットボールが好きな人(オレみたい)が多く来場している印象ですね。関東で言えば、神宮の六大学野球や秩父宮や国立のラグビーの試合といったカンジですかね。

さてさて、両校のプレーぶりの印象についてですが、一人一人の実力差は無かったと思います。ただし、どちらかといえば関学の方がしっかりと準備をして試合に臨んだという印象を受けました。関学はオフェンスでは、フィールドの左右いっぱいいっぱいまでWRを広げて、なおかつ逆サイドからWRが一番端っこまでモーションしたり、狭いサイドにWR全員集めたり(でもプレーはウィークサイドへのリバースだったりして)と様々な体型を使って攻撃を組み立てようとしてましたし、ディフェンスも1プレー毎にフロントラインとラインバッカーの位置をクルクルと変えながら相手にプレッシャーをかけていました。短いパスを通されるのは覚悟の上で、パスが通ってもキッチリとタックルしていたが印象的でした。中を止めて、パスは通されても長いのは防ぐ作戦だったんでしょうか。とはいうものの、途中パスが通り始めると、DB同士がいろいろと話をしているシーンも見られましたね。たぶん「ソコハ、オマエのゾーンちゃうんかい?!キッチリまもりや」などと言い合ってたのかも。そんなシーンをみると、準備はしてきたモノの関学側にも多少の混乱はあったのかもしれません。

一方 立命館ですが、オフェンスはオーソドックスに攻めているという印象でした。特に1Q1stシリーズはファンブルロストがあったにしろ、着実に前進していたし、その後もそれなりにはゲインをしていましたね。だから関学相手に、2TDってのは順当なのかもしれません。

が、ディフェンスは今ひとつ。試合前半 ダウンラインはトイメンにセットしてましたが、途中からギャップに入るようにしたりして、いろいろと工夫はしてたみたいですが、特に中盤以降はタックルミスが目立って、いらぬゲインを許していたのが×でした。パスキャッチ後、あるいはオープンランを中からタックルに行ったときに、タックルをかわされてそれから4,5yds近いゲインを許す場面がちょくちょく見られました。雨で滑るグランドなどの条件はあるモノの、これはミスでしょうね。

それから、立命館側はベンチが混乱してたんじゃないかと思える印象がありました。中盤以降、ベンチからのサインをフィールド内のプレイヤー全員がじっと見ている場面が何回かあったし、一番不可解だったのが、1Q関学の1stシリーズで4thダウンパントシチュエーション時の突然のタイムアウト。オレの周りに座っている人らからも「なんでタイムアウトとるんだ」との声があがった、全く意味不明なタイムアウトでした。後から考えると、ベンチは何らかの理由でプレー指示を出すのにいろいろとなやんでたのかもしれませぬ。試合に対する準備にしろ、当日のベンチワークにしろ、試合前から関学のほうが優位に立ってたのかもしれませんね。

まあ、なににせよあのセーフティーは残念でしたね。アレが無くて、のこり1:51 14-14の同点となっていたら、「オンサイドか、普通にキックして1シリーズで終わらせて最後に賭けるか?」などとシロートながらいろいろと考えさせる場面になったんでしょうが。(まあ、そうなったとしてもおそらく立命館はオンサイドではなく普通にキックしてきたと思いますが。)重ね重ねあのミスは痛かった。それと関学2本目TDにつながる一連の反則も痛かった。

関西リーグでは関学が甲子園出場を決めましたが、関東リーグは12/3に味の素スタジアム(5万人収容。が、1階部分しか開放しないらしいので、最高で2万9千人。果たして何人入るのか?)で行われる、法政大対慶応大の試合で決まります。オレの予想は法政大。

で、去年の学生覇者法政大を関学は倒せるのか?なかなか厳しいような感じがするなぁ。さて、どうでしょう?

最後に、今回観戦した神戸ユニバー競技場ですが、施設としてはとてもすばらしいのですが、大きな電光掲示板には両チーム名と得点経過 それからゲームクロックしか表示されていませんでした。あれじゃぁ、今どういうシチュエーションなのかよくわからない。この点については、アミノバイタルフィールドの電光板の方が100倍わかりやすくて良かったですね。それと、あまり試合とカンケー無いけど、当日はグランド内強風のため、プレークロックが風で倒れるアクシデントあり。壊れなかったかと心配したけど、大丈夫でした。元通りにされた後、砂袋の重しを乗せて、倒れにくくしてましたね。なんて、カンケー無いところまで見ていたオレです。雨がどんどん強くなって、試合に対する集中力が切れてたのかもね。

|

« 関立戦観戦記 番外編 | トップページ | 「Free Hug」 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 関立戦観戦記 番外編 | トップページ | 「Free Hug」 »