« 「ミュンヘン」を観た | トップページ | 名古屋の東急ハンズで »

「他人を見下す若者たち」読了

図書館で借りた本です。

最近、いろんな事件が起きるのを見て「ちょっと違うナー」という違和感を感じるのはなぜだ、という疑問に一つの答えを提示してくれる本。

他人を自分より低く見て、自分の事にはとても敏感に反応するけど、他人の事には興味なし、というのが現代の若者像ではないか、という”仮説”を展開していて、確かにそーかもしれないと思える。けど、著者の速水氏もこの本に書いてあるとおり、”今後の調査が必要”な事であり、本当にそうかはわからない。

まあ、いろいろとぐちゃぐちゃしてて、整理がつかない事象に対して、ある一定の切り口で分析を試みたことは評価できると思うし、それをきっかけにいろいろと考え始めるきっかけになることが、現時点でのこの本の価値なんだろうな と思いますた。

|

« 「ミュンヘン」を観た | トップページ | 名古屋の東急ハンズで »

「読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93174/12760446

この記事へのトラックバック一覧です: 「他人を見下す若者たち」読了:

« 「ミュンヘン」を観た | トップページ | 名古屋の東急ハンズで »