« 2005年12月25日 - 2005年12月31日 | トップページ | 2006年1月8日 - 2006年1月14日 »

2006年1月1日 - 2006年1月7日

年末年始を振り返って

今日から仕事始めであります。今年は休みが短かったとはいえ、やっぱり休み明けはやる気ナシでした。

そういうわけじゃぁないけれど、iMac用にATOK2005 for MacOSXを購入してしまいました。というのも、昨日 ライスボウルについてこのブログに書き込もうとしたとき、ことえりはバカすぎて(いきなり”自陣”が一発変換できず、何度変換しても”自刃”になってしまった。単語登録も面倒くさくて、テスト利用してたお試し版ATOKに切り替えて急場をしのぐ)いらいらしてついに我慢出来なくなってしまったというわけです。で、2月にはWindows版のATOK2006が出みたいなので、ジャストシステムのサイトをチェックしたけどMac版については言及無し。なもんで、ジャストシステムに問い合わせメールを送ったら、「今のところ予定はなくてすみません。お客様のご要望は関係部署にキッチリ伝えておきます。」との回答が。2005も約半年遅れでリリースされているので、2006もおそらく9月あたりでしょうと、2006はあきらめて2005をDL版を買った。で、既にATOKユーザであるオレはAAA版という安いヤツが買えるのでそいつにしたのはいいけれど、何故か一度目のDLファイルはうまく解凍できなくてちょっと焦った。(MacOSについては素人なのでよけい焦った)が、2度目のDLでオッケー。で、この文章をATOK2005 for MacOS Xを使って書いているわけです。Windowsでは古くからATOKを利用してきているので、同じ操作で使えるのは大変に使いやすい。やっぱいいですわ、ATOK!エライし。

続きを読む "年末年始を振り返って"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正月休みもおしまい

今日で正月休みはおしまい。

大晦日の格闘技中継はK−1は全くつまらなかった。キッドと元気の試合も「あれなんだ?」という風に終わってしまったし、ボビーと曙の試合も今ひとつで、曙の弱さだけが目立ってしまった。その他もだらだらとしたTV演出でつまらない。

今年はPRIDEのほうがよっぽどおもしろかった。しかし、ミルコはヘボヘボでダメだ。ヒョードル戦でのヘボヘボさが継続しているような感じで、ダメ。吉田vs小川戦はなかなかおもしろかった。小川の足はどうなんだろう?続報は特に見つからないのでちょっと心配。しかし、小川はタップしなかったと言われているけど、右手も吉田の足に絡んでて、手ではタップできない状況だったように思えた。そのかわり、右足がバタバタしてたから、それがタップじゃなかったのかとビデオを見てて思ったよ。腕ひしぎで負けたのはヒョードルに続いて。まあ、柔道家同士の戦いとしてはらしい決着かもね。その他はズールにちょっと期待したけど、全くの期待はずれ。ヒョードルの強さが目立っただけ。

その他、桜庭が久々まともに勝った気がしたけど、もう旬はすぎてしまった選手。高田総裁もそろそろ楽にさせてあげてください。よろしくお願いします。

さて、今年一発目のブログはライスボウル報告で、後でログを見てみると、いつもと違ってそこそこのアクセス件数があった。やっぱり休みなのに仕事してる人や、事情があってTVが見られない人がアクセスしてくれたんでしょう。後で読み返すと、意味不明な文章の羅列で大変申し訳ありませんでした。これがオレの文章力の限界であります。しかし、オレ自身 関東・関西の試合について早く知りたいなぁと思う事があって、そんなときには誰かが試合会場からブログを発信しないかなぁ、なんて思うけど、そいつをちょっとだけでも実現できて、一人でも喜んでくれた人がいたみたいで、疲れたけどやってよかったと思います。今年の春・秋のシーズンではだれか会場から発信してください。(もう、誰かやってるかもしれないけどね)

そんなわけで、今年もよろしくお願いします。

この正月休みには、DVDが発売されたスターウォーズ・エピソード3を観たので、その感想については母艦などにまたアップしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライスボウル27

法政大、4thダウンギャンブルでパス失敗で残り10秒。

オービックシーガルズの攻撃になるが、そのまま時間を流してタイムアップ。

結果、47対17でオービックシーガルズの優勝!

3Q開始後、法政大が一気に盛り返しそうな雰囲気だったが、インターセプトから一気に流れが再度オービックに移った。このプレーがキーポイントだったかな。

法政大はミスにつけ込まれて負けたという面もあるが、結局はオフェンス、ディフェンスともにライン力の差が勝敗を分けたと思われます。

MVPは新記録を出したRBの古谷。後半戦と試合全体の細かいスタッツは公式HP等を参照ください。

しかし、TVをみながらブログを更新するのは疲れるね。

ライスボウル・ブログ オシマイ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ライスボウル26

残り30秒。オービックはすでにチャンピオンキャップをかぶっている。

法政大はラインが持ちこたえられず打開策が見つからず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライスボウル25

オービック、ラン・パスを交えて時間をじっくり使いながら前進する。

法政大ディフェンスはけが人続出で、非常に苦しい状況。

残り1分半。

4thダウン3yds ギャンブルするもパス失敗で法政大の自陣3ydsで攻撃開始。

直後のプレーでピッチを受けた丸田がエンドゾーン内でタックルを受け、セーフティー。

40対17になる。のこり1分。

直後のキックオフではオンサイドキックをしなかった法政大。

シリーズのファーストプレーで古谷が独走のTDで、ライスボウル新記録を達成したとのこと。(251yds)

TFPで47対17。残り46秒

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライスボウル24

オービックの攻撃、QBが11番に変わる。

ラン中心で、時間消化。

FDを更新するも、結局パント。

自陣28ydsから法政大の攻撃。残り5:28。

このシリーズ、ファーストプレーでパスインターセプトがあるも、ラフィング・ザ・パサーの反則で取り消しで、法政大FDの攻撃。

丸田へのピッチからパスを投げるも、ボールが浮いてインターセプトされ、オービックの攻撃に!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライスボウル23

法政大の攻撃は進まない。パントで敵陣17yds。

のこり8分30秒。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライスボウル22

オービックのランが止まらない。

1Qと同じく、法政大はラインバッカーが機能しなくなった。

真ん中、外ともにランが止まらない。

最後は真ん中のダイブでTD!TFPキック成功。

これで38対17でオービックのリードは3TD差となる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライスボウル21

法政大 あやうくインターセプトをされそうになったが、結局FDとれずパント。

法政陣45yds付近からオービック攻撃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライスボウル20

オービック Iとショットガンを併用しじりじりと進むも、攻めきれずパント。

3Q終了し、法政大 自陣20ydsから攻撃で4Q開始。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライスボウル19

法政大 キックオフリターンでパーソナルファール。自陣10ydsからの攻撃。

しかし、ハンドオフミスなどでほとんどゲインできずパント。

パント時にオービックのフェイスマスクの反則があったがリクラインで、オービック陣47ydsでオービック攻撃開始。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライスボウル18

オービックがじりじりとゲインする。

NHK解説者は「ブリッツをかけるな」と主張するが、オレはブリッツをかけてゆくべきだと思う。

短いパスは通されてもしょうがない。前にプレッシャーをかけなければ、ランもパスも止まらない。

オービック、このシリーズ、FGを決めて31対17となる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライスボウル17

再びTFPで法政大はプレイを選択。

難しいパスが通るも、無資格レシーバーのダウンフィールド侵入の反則で、再プレイ。

結局 キックして17対28。

その後のキックオフはオンサイドキックで法政大が押さえる!!!!

再び法政大の攻撃開始!

ショットガンからの崩れバスが成功し、残り8yds!

その直後のプレー。後ろからのタックルを受けたへなちょこパスがインターセプトされてターンオーバー!

オービックの自陣20ydsあたりからの攻撃開始!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライスボウル16

後半開始。

法政リターン 自陣23ydsから攻撃開始。

QBは菅原。

パス中心の攻撃でFDを奪うも、4thダウン3yds。

パント体型からパスで再びFD!

その直後のプレー。深いパスプロからのパスで、ディフェンスがカットにゆくも、結果すれ違いでTDパス!!

TFPはロンリーセンターからのプレイ選択(?)だが、オービックにアジャストされてしまってタイムアウトを取る法政大。

焦る必要なし。ここは素直にキックすべき。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライスボウル15

前半終了。

28対10でオービックがリード。

1Qは後ろを中心に守る法政大のディフェンスが完全にコントロールされていたが、2Qからは積極的にブリッツをかけ始めて、だんだんプレイを止めることができはじめた。が、ミスからの失点が痛い。

オービックはスピードで法政大を上回ってゲインを重ねてリードするが、2Qに入ってからはプレイを止められ始める。しかし、相手のミスを確実に得点につなげて、リードを守る。

前半スタッツを大急ぎでメモした結果は以下の通り。

1stダウン 法政 6、オービック 8
ラン獲得ヤード 法政 8回 15yds、オービック 26回 120yds
パス獲得ヤード 法政 15/9-1 85yds、オービック 14/7-0 56yds
総獲得ヤード 法政 100yds、オービック 176yds
攻撃総時間  法政 9:58、オービック 20:02

攻撃時間は圧倒的にオービック。法政大はランをいかに出すかがポイントか?それともパス重視か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライスボウル14

キックオフ後の法政大 相手のラフィング・ザ・パサーの反則もあり、着実に前進。最後は丸田への約30ydsパスでTD!

TFPキック成功で10対28となる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライスボウル13

ロングゲインの後のオービック。2プレイ目、シングルバックから左オープンランでTD!この時点で26対3。

TFP前にオービック タイムアウト。

再びプレイを選択し、SGからパス成功で2点追加。

28対3となる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライスボウル12

法政大、42ydsのFG成功で、20対3。2Q残り3:39

直後のキックオフで、オービック 95ydsのリーターン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライスボウル11

オービック攻撃に対して法政大はブリッツで対抗。

NHKの解説者は否定しているが、このブリッツ作戦は現時点では成功していると思う。

法政大、左右にプレイを散らして徐々にゲインし始めるものの、FDには至らず、パント。

オービック、パンターがファンブルし、法政大 敵陣23ydsからの攻撃開始。

QBは17番が登場。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライスボウル10

オービック、ランプレイを続けて、残り2ydsから中央ランでTD!TFPはプレイで結果失敗。

ファンブルからのターンオーバーからの得点で20対0となる。

ショートヤーデージでのランプレイは中も外も止められない法政大。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライスボウル9

オービックのパント。

法政大 リターナーがタックルを受けてファンブル。オービックが押さえてターンオーバー。

オービック敵陣20ydsから1stダウン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライスボウル8

法政大 LBのブリッツがききはじめてプレイが止まりあじめて、オービックは4thダウンからフィールドゴールトライ。

しかし、失敗し、法政大 自陣27ydsから攻撃。QBは菅原に戻る。

ラインを広げたり、ロングパスを試みたりしたが、FD奪えず。パント

オービック自陣35ydsから攻撃開始。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライスボウル7

オービック、パス失敗で初めてのパント。

法政大 自陣9ydsで攻撃開始。このシリーズからQB交代するも、FD奪えず、パント。

パントリターンで1Q終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライスボウル6

法政大、いいパスが通り敵陣に入るも、インターセプトで攻守交代。

ブリッツが止められず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライスボウル5

オービック ゴール前2ydsからの左ランプレイで TB! TFP成功で14対0。

法政大はDLはコントロールされLBは機能せず。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライスボウル4

オービックのディフェンス、ブリッツかけまくりで、法政大の攻撃を止める。

法政大はパントするもDE33にブロックされて自陣からのオービックの攻撃になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライスボウル3

1Q 6:21 中央のダイブでオービック TD! TFP成功で7対0。

ランが止まらない。

法政大 キッキオフのオービック反則で再キック。

自陣27ヤードからショットガン体型で攻撃開始。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライスボウル2

オービックのファーストシリーズ。

SG体型からのオフェンスではライン戦でオービックの勝ち。

法政LBがコントロールされていて、ランが止まらない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけまして日本一(ライスボウル1)

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

さて、今年一番は、ライスボウルです。

現在 1月3日午後2時15分。

NHKの中継を見ながらコメントしたりしようかなー。

法政大のキックオフで試合開始。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月25日 - 2005年12月31日 | トップページ | 2006年1月8日 - 2006年1月14日 »