« 2006年4月30日 - 2006年5月6日 | トップページ | 2006年5月14日 - 2006年5月20日 »

2006年5月7日 - 2006年5月13日

小梅太夫は面白くない

CDを出したみたいでWEBでもニュースになってた小梅太夫ですが、オレは全く面白いとは思えない。小学校レベルの面白さ、っていうか ちっとも面白くない。

先ほどの「エンタの神様」にも出てたけど、全然面白くない。ただ単に奇をてらってるだけ。その後に出てきた「いつもここから」のネタのほうが100万倍面白いぜ。

面白くないものは、きちんと面白くないと言ってやらねばダメだ。金儲けだけでは全然ダメだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Apple製携帯電話なんですが

今朝、Appleとソフトバンクが共同でiPod携帯を開発中というニュースをみて考えたことなんですが、やっぱAppleとしてはデジタルガジェットにうるさい日本市場でまず試してみたいという気持ちがあったんでしょう。で、その後に世界市場を視野においた場合、提携相手はVodafoneを買収してグローバルな展開も比較的簡単に可能であると思われるソフトバンクしかなかったんでしょうね。

まず日本で小手試し。で、うまくゆけばVodefoneラインで世界展開して、ウマー ですな。

一方ソフトバンクは、せっかく高い買い物して起死回生をねらってるんだから相手としたは申し分ないでしょうね。パナソニックもVodafone携帯リリースするみたいだし、着々と準備は進んでおります。

今年の秋ころから電話番号を引き続き利用可能な制度が実施される。この制度、Vodafoneにとって一気にユーザ流出で致命的では?とも思われてたけど、Appleとの連携により、逆現象が発生するかもね。

AppleブランドのiPod携帯が発売されたら買ってしまうかも。iPod nanoを開発したんだから、携帯も開発できるでしょうなぁ。スティーブが舞台上で"One more thing..."といいながらiPod携帯をポケットから取り出すのは何時の日か?

楽しみであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウルトラマンセブン?

今日、TSUTAYAでウルトラセブンのDVDを借りた。噂に名高い「ノンマルトの使者」を観ようと思ったわけです。

で、それを持ってカウンターへいったところ、アルバイトらしき若いおねーちゃんが「はいっ、ウルトラマン・セブン、当日ご返却ですね。」とウルトラセブンの名前を間違えやがんの。

通常のオレならば、「ウルトラマン・セブンぢぁあなくて、ウルトラセブンだよ、おねーさん」といってしまいがちなのだが、若者相手に大人げないなとも思って、黙ってた。

まあ、しょうがないね。今のウルトラシリーズって、だいたいが「ウルトラマン○○」ってカンジの名前だし。

これからもっと勉強するように、と ひとこと(心の中で)忠告するにとどめておいてやるぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VodafoneからiPod携帯?

ソフトバンクとAppleが共同でiPod携帯というべき携帯電話を開発中とのニュース

コレが本当ならば、Vodafone(っていうか、ソフトバンク買収後の携帯キャリア)の一気の巻き返しも可能かもね。

Vodafone(&YBB)ユーザのオレとしては、多少の不満を我慢してもずぅっと使い続けてきた事にやっと報われるのかな?

どうでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松井秀喜 手首骨折

ヤンキースの松井秀喜選手が守備のプレーで左手首を骨折し、連続出場記録が途絶えた。今後 長期離脱と言うことになりそうである。

で、そのときの映像がYouTubeにアップロードされてたので観た。(YESの映像)

手首が着地したとき、変な方向に曲がってるんが映ってた。ありゃ、完全にポッキリいってるかもしれないな。後ろにそらしたボールを追いかけようとしたとき、グラブがぶらぶらしている感じもあったし。

選手生命に響かなきゃいいけれど。

何はともあれ、いち早い回復を心から望みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

欽ちゃん海外逃亡?

村上ファンドの欽ちゃんが、日本でいぢめられるもんだから、シンガポールへ逃げ出すってニュース。

かわいそうに。

この村上ファンドに関するニュースの趣旨ってのがなんだかよくわからない。欽ちゃんの仕事はヒトサマからお金を預かってそれを増やすことでしょう。その手段として株買ったり売ったりしてる。で、その対象が阪神電鉄だったって事。欽ちゃんは本気で自分が鉄道会社を経営しようなんて事考えてはないでしょう。そんな苦労するよりも、高く株を売り抜けたいに違いない。それを、「阪神がなくなるかも!?」っていうような話にすり替えて(?)欽ちゃんバッシングをやってる。

先に「阪神、阪急に買収される?で、タイガースは?!」ってニュースが流れたときオレが書いた内容(”そんなに騒ぐ意味がわからんぞ”という内容)に対するこのブログへの反響は様々な人が書いてる内容を見る限り「阪神タイガースがなくなるのはイヤだ」「阪神タイガースでなくなるのはイヤだ」という論点から書かれてて、それはかつて阪急がブレーブスを売却したことに起因した「阪急は球団を勝手に売りに出すから嫌い。阪神がそんな会社配下になるのは許さん!」という気持ちがその根っこにあるのかな と勝手に理解してた。

で、そのうち欽ちゃんが阪神に取締役を送り込みたいと要求してきたことから、今度は阪急が阪神の救世主的な扱いになって、一気に欽ちゃんが悪役になっちゃった。

ここいらヘンの流れがよく見えないなぁ。欽ちゃんグループが経営し始めると阪神はなくなるの?阪急なら売りに出さないの?今のままのタイガースな訳?名前が変わらなきゃそれでイイの?その場その場で悪役を仕立てて、右往左往しているだけのような気もする。まあ、阪神ファンの皆さんにとっては、単純に「タイガースは今のまま、ずぅっと阪神タイガースでいて欲しい。うふっ!」っていう気持ちだけなんだろうな、と思ってるんだけど。

さて、その少し話は変わって、その村上ファンド。今は天下一品の悪役だけど(報道ステーションのゲスト解説の人が、”あんな事世界中のどこでも受け入れられませんよ!”と力説してた)、果たして彼だけが悪役なのか?

ホリエモンショック以降、”株で大もうけするやつは悪いヤツ”的な感情が心の中に芽生えてきた気がします。ただうらやましいだけかもしれないけれど。

で、その株なんですが、欽ちゃん一派は株を転売して儲けるのを生業にしてて、その行為を非難されている。ならば、証券会社はどうよ。それ以上に、企業の価値や将来性なんかほとんど考えていない自宅のPCの前で株のやりとりしている”デイ・トレーダー”と呼ばれている人たちはどうよ。彼らが株で儲けたりするのはよくて、欽ちゃんはダメなのか?金額がデカいとうらやましすぎてダメなのか?

確かに株を多く持ってる人は企業に対する影響力は大きいから、その行動を非難されがちのような気もするし、それはある面しょうがないかもしれない。

でも、なんだか感情と思いつきだけで相手をたたいてる気がしてならない。欽ちゃんをバッシングしてその横で株購入指南をやったりしてる雑誌やマスコミは、その思考回路がオレにはよく理解できない。

どーですかー、ミナサン。(猪木風に)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

児玉清 本物?偽物?

出張の新幹線で、iPodのPodcastingを楽しむ。

で、ちょうど文化放送の「大竹まことの少年ラジオ」で今回のゲストが児玉清氏だったが、その声を聞いてまるっきり博多華丸の物まねそっくりなので笑ってしまった。

まあ、華丸氏が児玉氏のマネをしてるので似てるのは当たり前なんだけど(似てるから面白いんだけど)、声だけ聞いていると、まるっきり区別が付かない。とんねるずの番組で映像付きのTVを観てる分にはそれほど似てるとは思わなかったけど(ニュアンスが似ててTV前で大笑いはしたけど)、改めてラジオで音声のみで聞くとまた印象がチガウ。似すぎ。

児玉清氏にしろ博多華丸大吉コンビにしろ、最近TV露出が多くなってきている。

どちらもがんばって欲しい。いじょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋駅前(トトとジーダス決戦場)

出張で名古屋へ。今日は暑かった。湿気もあったし気温も高い。暖かくなったのはいいけど、一気に梅雨か?

閑話休題。名古屋駅を降りて訪問先へ向かう途中の名古屋駅前方面。この間、トト・ガメラとジーダスが戦って破壊されたと思ってら、今日すでに完全に復旧されてた。

素早いね。戦いの後は全くみられない。さすがにニッポンの工業力(?)と感心。

なんてことを思ったりして。

その他、東京タワーやヤフードーム(当時、福岡ドーム)、渋谷駅周辺と京都駅を観るたびに同じ事を考えているオレでした。いじょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亀田批判

最近、このブログを訪れる人は「亀田」「批判」「ヤオ」などというキーワード検索からというパターンが多いようだ。

確かに5月5日の試合はダメダメだったが、あれって決してヤオではないと思うぞ。

あれは相手が弱すぎたって事だけだ。(弱すぎる相手と試合を組んだって事だけだ)

オレ自身、亀田長男はそれなりに強いと思うし、他のブログを参考に5日の試合を見直してみると、コレまで指摘されてきた欠点(ジャブが打てない。横の動きがない・・・)といった部分を修正してきているようだ。

なので、アノ試合はヤオという観点で語られるよりも、「マッチメイクが作為的すぎ」という点で批判されるべきだろう。コレまでも何度も書いているように(そして他のブログでも多く書かれているように)、キチンと育てて世界チャンピオンを狙って欲しいと思う。悪いのはジムと親父とTBS。

で、次男ですが、これは甘やかされすぎの小僧という感じで、強いのか弱いのかよく分からない。コレまで3戦戦ってきたが、すべて相手が弱すぎ。あまりいい気になってると(ならされていると)しっぺ返しが怖い。2試合目は判定になったりしてるし、あまり「連続KO!」と威張りすぎない方がよいと思う。(パフォーマンスとしては面白いが)

次男については、長男も6日のインタビューで「あの試合はあれでよかったんちゃう?」という微妙なニュアンスの発言をしてた。つーことは、長男も「次男はもう少し修行すべき・・・」と心の中で考えているのかもね。

いずれにしても、ジムと親父とTBSは兄弟の事(三男もいるし)を本気で考えるならば、もう少しじっくり育てるべきだと素人のオレとしても重ねて思うぞ。 いじょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤と黒

昨年11月(?)の檸檬に続いて、今回は赤と黒が付録に付きましたよ、Lapita。

で、その事をブログを読んで知ったからには買わねばと、今日会社帰りに本屋によって、最後の一冊をゲット。

まあ、そういうことです。いじょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月30日 - 2006年5月6日 | トップページ | 2006年5月14日 - 2006年5月20日 »