« 2006年6月25日 - 2006年7月1日 | トップページ | 2006年7月9日 - 2006年7月15日 »

2006年7月2日 - 2006年7月8日

出張用カバンを買う

Sumsonite
今年2月にオフィスデポでキャリーバックを買った。PC用カバンは便利だと思うけど、本体がイマイチ。やっぱり、サムソナイトだ、と急に思いつきヤフオクをアサリ始める。

で、結局 ビッターズの一発落札(固定価格)で前から買おうと思ってたサムソナイトのPCキャリーバックを買う。12、900円也。

買う前から知ってたことだけど、「今のカバンより幅が広い(17センチ→25センチ)」、「ショルダーストラップが付いてない」など多少気になることがあるけど、まーいいか。

で、先日の出張先で、同じ(と思われる)カバンを持ってるヒトを見た。「デカイ」というのがその印象。が、オレの目分量では明らかにカタログスペックよりでかく見えた。んで、不安的中 ってかんじもあったけど、しゃーねーか。

出張には必ずPCを持ち歩かざるを得ないオレだけど、出来るだけカバンは一個にまとめたいので、あまり小さなカバンはNGだし、カバンがかなりの重さになるので(宿泊用具などなんやかんやで合計4~5キロくらい?)、キャリーは必須(昔はショルダーバックを担いでたんだけどね)。

代金は振り込んだし、後は寝て待つだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログ だめだ

最近、夜にブログを更新しようとすると、画面が帰ってこない。

で、めんどくさくなってしまってやめる。で、翌日それを書こうと思うけど、すでに情熱が冷めてたり、書こうとしたことがぼんやりしてしまってて、またまたやめる。

ココログはよくこんな状況になる。金払ってるのに。もうすぐ怒り始めるかもしれない。

いじょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近のスニーカー事情

「めざましテレビ」で今年夏のスポーツ各社スニーカー新作を紹介してた。

まあ、営業努力として様々なデザインのものを出すのは当たり前だし良いんだけど、かつてのスニーカーファンであったオレとして許せない事がある。

オレはアディダスファンで、スーパー・スターやスタン・スミスといった名作スニーカーには今だに憧れ的な気もちを持っている。

今年の新作モデルをみてみるとそんな名作をいじくり回して”ヘン”な靴を作り出してしまってい、それに名作の名前をつけていた。

情けない。親の七光り作戦か?!(ちょっと意味が違う?)

オレの時代のアディダスはプロスポーツ選手の意見を取り入れた優れた機能とデザインのシューズをそのプロスポーツ選手名前を冠したシューズを作り(テニスシューズが多かったね。S・スミスもそう。古いポパイを引っ張り出せばたくさん見つかるでしょう)、プロ用のシューズはほとんどがドイツ製かフランス製で価格が高く、そういった意味でも憧れであった。

それがどうです?製造地がアジアに移って安くなって、デザインは(ほぼ)同じだけど、あのかつてのシューズが持ってた雰囲気はなくなってしまった。

で、とどめに名前だけ利用してデザインを大幅に変更する。

新しい製品を作って消費者にアピールするのはいい。でも、いいものはいいものとしてキチンと作り続けて欲しい。

かつてのスニーカーファンだったオレはそう思うぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジェフ千葉 オシム監督の日本語通訳のヒト

中田ヒデ引退についてインタビューを受けるジェフ千葉 オシム監督の通訳をやってるヒトですが、日本語に翻訳するのに言葉の合間合間に「あん」とも「うん」とも言えない合いの手みたいな声をいれるのはヤメテ欲しい。非常に聞きづらい。

ニュースステーションの映像を見ててそう思った。

それだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中田英寿 引退

サッカー日本代表の中田英寿選手が現役を引退するということで大騒ぎになっている。

本人にとっては色々と思うところがあったんだろうけど、まだまだ早すぎると思うぜ、シロートながら。

それを考えると、キングカズのあれだけ長くプレーを続ける努力と根性は改めてスゴイと思うね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<プロレス技>通行人にけが…タクシー運転手逮捕 神奈川

しばらくのブランク後、一発目がこれってのもナンですが、Yahoo!ニュースから

初め、この記事のタイトルだけ見たときには「路上ですれ違いざまにいきなり四字固めやコブラツイストかけたのかぁ?!」と少し驚いたが、そうではないらしい。

被害者の方には誠に申し訳ないけど、ラリアット攻撃ならば納得できる。

酔っぱらってたとはいえ、ひどいタクシー運転手である。

ここんところいろいろな場所で言われているとおり、物騒な世の中になったもんだから、これからは道を歩くときも常に左右に気を配り、仮にプロレス技をかけられそうになったとしても「風車の理論」をもって立ち向かえるよう、常に準備を怠らない事が大切である。(これも意味のとりちがい?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月25日 - 2006年7月1日 | トップページ | 2006年7月9日 - 2006年7月15日 »