« 2006年7月2日 - 2006年7月8日 | トップページ | 2006年7月16日 - 2006年7月22日 »

2006年7月9日 - 2006年7月15日

博多祇園山笠 追い山

今朝はやく、博多祇園山笠の追い山が行われたとのニュース。

毎年この時期 出張などで博多へ行くと駅前を始め市内のあちこちにでかく豪華な飾り山がおいてあるのが見られる。

新幹線から降りてむっとする空気の中を博多駅前に出ると飾り山がそびえ立ってて、それを見るたびに「夏が来たなぁ」と思う。

で、その祭のクライマックスである追い山を一度見てみたいと昔から思ってるけど、なかなか見る機会がない。

いつかは見てみたい。

博多イイね。食い物は旨くて安いし、何より女性が綺麗だから。ははははは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スケジュール管理するには

これまでずっとスケジュール管理にはPalmOSのPDAを使ってきた。(現在はCLIE。手帳も持っているが、こっちは記録用で日記帳的な使い方をしている。)

が、Googleカレンダーが登場してから試しにこいつを使ってみると思いの外使いやすい。で、スケジュール管理はこちらが主体となってきた。

そこで問題になるのが、外出先や出張先でネットワーク環境がない場所でのスケジュール確認。そのために、Googleに登録した後でCLIEにも再度登録している状況だったが、だんだん面倒くさくなってきた。

ので、Googleカレンダーに登録したあと、そいつを他のスケジューラーにエクスポートし、Google側のデータをうまく利用してやろうと考えたが、Googleカレンダーにエクスポートという概念はない。(外部への公開のみか?iCal形式ならばOKみたいだったけどやってない)逆にOutlook形式かCSV形式データからインポートも試みたが、正式に日本語対応されていないGoogleカレンダーではインポート後にきっちり文字化けしてしまうので、CLIEとGoogleカレンダーの連携はオレには不可能であると判断。(Webで調べるといろいろと手順を踏めば可能だとは書いてあったけどね)

なので、「CLIEを使うんじゃなくて、Webで登録した内容が携帯電話で確認できればなー」などと考えたところ、Yahoo!のスケジュールサービスならばそれができることを知ったもんだから、思い切ってそっちへ移行することにした。(Googleではアメリカの携帯電話会社向けにSMSでのスケジュール通知サービスはやってるらしいが、ドモコやボーダフォンへのサービスはなし)

AjaxなGoogleのサービスに比べてYahoo!は今ひとつ使い勝手や(予定を開始時刻、終了時刻で入力するのではなく、開始時刻と経過時間で入力する。暗算が不得意なオレは入力が一瞬止まる)デザインが洗練されていない(という印象)と思われるが、悪くない。なににせよ、携帯電話から確認できるのが良い。

つーことで、今後はYahoo!のスケジュールサービスを利用します。が、今後Googleのほうが日本語化されたり携帯電話からも確認できたりするようになれば、またそっちに戻るのでありましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「99%の誘拐」 読了

岡嶋二人の作品、「99%の誘拐」読了。

文庫の帯に「この文庫がすごい! 2005年版 第一位 ミステリー&エンターテイメント部門」とあるのを見て購入して読んでみた。

岡嶋二人作品はいくつか読んでて、なかなか面白いという感想を持ったし。中でも岡嶋二人のうちの一人、井上夢人の「ダレカガナカニイル・・・」には衝撃を受けたクチ。なので、少し期待しつつ読み進む。

物語自体は少し前の時代設定で、メイントリックに使われるパソコンその他はいかにも古くさいんだけど、アイディアは秀逸。

「そんなこと出来るわけないじゃぁないか」という感想もあるが、アイディアで勝負。それからラストの身代金強奪のトリックもなかなか良い。登場人物が犯人を指摘する推理過程も納得出来るしね。

多少古くさくはあるものの、面白くて最近のオレには珍しく一気に読み終えてしまいました。

で、70点。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

W杯が終わりました

オレは決勝戦を控えて絶好調のジダンを擁するフランスが優勝すると勝手に予想したけれど、結果はイタリア優勝で幕。

そのジダンだが、試合中 相手に頭突きをカマして一発退場となり、これが現役最後の勇姿(?)となった。

今朝のニュースなどでその行為に対して色々と報道されていると報道していたが、ジダンに対する批判は称がないにしても、頭突きをクラったイタリア選手側への批判はどれくらいあるんだろう?

一説によると差別的な発言をされたジダンが怒っての行為であるとのことだが、真相はいかに?

それから、イタリア人とフランス人は何語で話をしたんだろう?フランス語?イタリア語?英語?そっちも気になる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年7月2日 - 2006年7月8日 | トップページ | 2006年7月16日 - 2006年7月22日 »